夏季休暇中

August 04 [Thu], 2016, 13:52
休んでます。
今回も昨年同様8月に取れ、夏らしい時期に休めたからまぁその意味ではよかったが。


久しぶりの日本版ゴジラ、シン・ゴジラを観て、江戸東京博物館での大妖怪展を見て、の9日間の初期はそんな感じで折り返しの今日は地下のお馴染み店(一方的な
でランチを食べ中。


明日は毎夏訪れていた新潟を未だ行くかどうか悩んでるという。


秋にSLが現地を走るからそちらにシフトしようかと思うし。
毎度計画性の無さはここまで来るとなぁ、と。



石は蒟蒻にはならない

August 04 [Thu], 2016, 13:31
カフェ。

それぞれメニュウやら内装とかサービスとかはどれも推して知るべし、
なのでこんなもんだろうと思っているから期待は半分くらいで入店することにしている。


しかしながら、特に店主の開業以前の職種がIT系で『以前からやってみたかった』みたいな感じで始めた類いはハズレ、な気がする。


総じて高慢であろうか。


先日近所に出来た今流行りの民家をリノベーションした店は入店の際の注意点が箇条書きで書いてあり、こちらとて初めての店故にそんな全部把握してある訳もなく、その中の一つを聞き返したら、
『全部お読みいただいたんですよね?』
ときた。
此方はあぁそうだったね、って思うしかないのだが、何かPCのヘルプデスクに電話してる感じで、それは客を歓待する、などほど遠くあしらってやっている風情だった。


得てしてこういった体は一度説明したことに同じ事を訊かれることに非情に嫌悪感を抱くらしく、ほんと二度手間と捉えるしかなくなっている。
メニュウを見れば例えばコーヒー豆の産地とか挽いた状況などのうんちくが小さい文字でびっしり書いてあり、確かにこだわり抜いて頑張っていて提供しているんだな、ということはまぁ伝わってきてはいるのだが出鼻を挫かれた身としてはハイハイ、としか感じえなかった。


無難な線の飲料を頼んだつもりだったが、美味しく頂く飲み方≠ェあるらしかったのだがそれを飛ばしたら、どうですお試し頂けましたか?と。
最初の、この店をチョイスした高揚とした気分など蝋燭を吹き消すように萎み、早々に出たくなった。
会計に立ち、出口に向かえばリノベーションとはいえ、要は居抜きだから大胆に変えることなくそのまま利用したため本来店舗では無いからしょうがないのかもしれないがレジが客を見下ろす高い位置に有るのは如何なものかと思った。
多分その辺りの気遣いの無さがここに表れてる気がした。

店のブログには開店準備まで『頑張った』感満載を綴った一連の文にどうです、ここまでやったんですょ、認めて下さい?
がこれでもかと滲み出ていて、
はー、そりゃどうも凄かった、んですね。
としか無い。


なんか、不粋だと。


職場にも同じ感じの人間がいるのでどこもかしこもこんな連中が経済廻してると思うとショウモナイと思いますな。






ご無沙汰なりの今年初めてかたり、など。

January 31 [Sun], 2016, 5:43
またまた大分時間が空いたけれど。
今年初、なので。
(って、もう一ヶ月過ぎようとしてる。


先月、ホント楽しみしていたSW-EPZが公開されて、もう何度かは観に行った。
洋画を映画館で複数回観るのもブレードランナー以来久しぶりだった。


5月の六本木、直前のスカイツリー展望台でのイベントにも赴き、EP-T 公開時以来感じた徐々に高まる期待を膨らませていた。
そしてそれは、会社で仕事中でも異様に興奮していた。
ほんとお仕着せじゃなく、自ら進んで乗った『祭り』だった。

もっとさかのぼればEP-Wの頃には完全に刷り込まれていたアノ感覚が呼び起こされたのだ。
それこそ、コーラやファンタの王冠を集めた頃を。
まぁ、それ以上に今はグッズの多さには目を見張るものがあったけどね。
私も今回は散財寸前まではいかなかったけれど琴線に触れた物はチョイスはした次第。
しかしながら、EP-T〜V公開時みたくフィギュア系には走らず主にアパレル、生活雑貨だけど。

さて、では肝心のZの感想など。

公開初日は仕事を早めに切り上げ、初上映時から30分遅れの回になんとか滑り込めた。周りをみれば、明らかにシリーズを『劇場』で観たのがEPT以降、っていう御仁ばかり。
世代的にどうこう以前にソフトや情報等の後付けのファンなんだろうな、と。
これは何もこの映画だけじゃなく、アイドルやアニメ等のファンにも云えるからその辺はとやかく言うつもりはないけれど。


で、実しやかに謂れた、今回から20世紀フォックスからディズニーに配給が変わり本質部分がすっぽ抜け、いい意味での毒気が消えてしまうのではないか?といった疑心は杞憂に終わった。


お馴染みのスカイブルーのキャプションからのイエローのタイトルが画面奥へと吸い込まれ行くOPで既に鳥肌と涙がほぼ同じに出て、一瞬でアノ当時の自分、少年時代に戻って行った。


これも今回からの三部作からルーカスが外れ、若手監督JJエイブラムスになっても不変の部分、敬意を払う処なのだろう。

SWは『お約束』が満載の映画だ。
決してお高くとまった作品では無いが、それなりの様式美を纏い、上手い具合に要所要所に散りばめられていて、作品が作られる度にそれらが一つ一つスタンダードの上塗りを重ねいった。


同じシチュエーションがその時その時の映像技術で更新されていき、それが全体の作品構成となってシリーズが連綿と続いていった。
カメラが移動して舞台となる惑星に焦点が移る時、我々は其処で始まる事象の目撃者となるのも変わらない。
新たなキャラクターのポー・ダメロン、BB-8、フィン、毎度更新されるアイテムの一つであるトルーパー、キャプテン・ファズマ、そしてカイロ・レン。
と、既に始まりから事前情報としてインプットされたこれらが登場して、さながらフルコース前菜からしてもうメインなのか!って様相だった。


そして何と言っても主人公が女性にシフトし、それが魅力あるキャラクターをつくった。
レイ…
かつてEP-Wにてルークが物語の牽引役となり、成長譚として作品が回を重ねる度に味を増し、物語の華も同時に兼ね備えるという、これも時代感を織り込み、観る側の共感を得やすい故のアイデアなのだろう。


EP-Yから30年後の設定として、尚且つ全うな続編としての位置付けに未知の様相満載の中、安心要素が旧来のキャラクターの登場だろう。
つまり、これら新しい連中にどう絡んでゆくか。


既シリーズではルークを軸に彼にまつわる世代の因果が語られていったが、EP-Zではまだその辺はぼやけている。
かろうじてカイロ・レンがまずはそれに相当していたが、ダースヴェイダー程強くは感じなかった。


その、旧来のキャラクターも実質的に円熟味を増し、時間の経過を物語るにこれほど理にかなったポジションはないだろう。
ハン・ソロの飄々さ、レイアの滋味ぶかさ、最後の最後に登場し、待ってました!と合いの手がかかったルーク、と。


“ご存知”がSWをこれまで続けられたことの一つでさもすればマンネリで一蹴されるところを小道具から端役の隅々まで商標化したおかげだろう。
メカにおいてもは最大はデススターならぬキラースター、次いではスターデストロイヤー、ミレニアムファルコン、シャトル、TIEファイター、Xウィング、スピーダーなどアップデート版ばかりでEP-Zならでは、という新作はついぞ見受けられなかったのは残念なところではあった。
それでも画面を蹂躙した最新のドッグファイトが観れたことに賛辞は惜しまないが。

SWは堅苦しいガチなSFでは無い。だから考証なんぞははなから当てはめるのは野暮以外何物でもないのだが、公開後の不評の声になんだかなぁ、と。
それは何も今に始まった事ではない。そんな部分もまた、“らしさ”なのだから。

CGはその有りそうもない、出来そうもない、見た事がないことを可能にさせた技術としてSF映画のみならず、あらゆる映画に多様されいったが、逆にそれは諦めに近い“CGだから”という慣用句になってしまい、いつしかそれは作品自体の評価にも転嫁されてEPTからVはWへと繋ぐ様で繋がらなかった感が強く残った。
(や、似た感じはEP-Yでもあったのだけれども。

そんな鞘からか、エイブラムス版SWでは実写にこだわって制作されている。
だからか今となっては熟されてしまった眼には新鮮に、私的には懐かしさと『本来の』あるべき姿に映った。

次作、EP-8は来年末、その前にスピンオフである、『ローグ・1』が今年公開と、これからほぼ毎年SWが観れるのは嬉しいところ。


伝わらないもどかしさ

February 23 [Mon], 2015, 5:27
最近、人に何かを伝えるのが非常に下手になった。
結果、
思った半分以下の返信しか却ってこない。


相手の感情を逆撫でしたらしく、まともな対応をしてくれない。


昔よりホント文章力が落ちたな、と。
(や、昔も酷かったけれど。


一番わかって欲しい人に伝わらないことがもどかしい、そしてなにより辛い。

伝えたつもり、じゃ駄目なんだよな。
仕事しかり、プラべしかり、
色々と同じ状況に。
皆自分を正当化するから、
自分が反論しても相手は見てる様で見ていない。


なんか一文挙げただけでこちらの意に反することが却って来ると肝がヒヤってなる。

過去に何度も味わったこの感覚。
またかょ、って感じだ。

お互い勝手なんだろうが、結局のところ。
なんなんだろうか。
呼び寄せる?
引くところは引くがなって無い。


しかし、それを求めるのは土台無理なんだろうけどね。

生きてるんで書きますよ。

February 09 [Mon], 2015, 4:53
なんか暫くぶりの更新。


前回から三年?
果てし無くの放置ぶり、だ。


まぁ、なんか色々あったからねぇ。
(無いかもだけど。


Twitterに拠り所求めて
(それほどでも無いか…
そっちばかりでブログに逐一現状を吐露しなくなった、から。


スマートフォンにしてからPCも開かなくなったし。
極たまに報告書作成で使う位?


で、今日は如何せん、そろそろ此処も書かにゃならんだろうって次第で。


さて、
現状だが…




仕事は相変わらず、で、
二ヶ月に一度の夜勤にヘトっている日常(今ココ

なんか最近は秋にもヨドバシ位にしか行かなくなった。


コミケはまぁ、昨夏はパスして冬も並ばずに11時インの二三冊のみ。


落ち着いてきた?


や、自転車駆って行く位だからまだその辺は大丈夫なんだろうけど、さく時間と実質が伴わなくなってきたのかもしれない。


LIVEもほんと行かなくなった。
昨今のチケット販売規約とか、仮に行ったとして入場エントリーも面倒に感じられて。
なんか普通じゃだめなんすかねぇ。


って、“乗れない”に人間になりつつある昨今である。


駄目ですか、そうですか。



P R
プロフィール
  • ニックネーム:ハナヤマ
  • 性別:男性
  • 誕生日:8月17日
読者になる
眼鏡女子をこよなく愛し
某観光地ソバ在住で、 泣ける日々。
シュミはもろもろモロ師岡
なんでもエニスィングOK
絵だとか、
釣りだとか、
模型だとか、
さまざまなコレクチョンだとか・・・
そうぢゃないとか。
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/merba69/index1_0.rdf