Halo: Combat Evolved

May 24 [Fri], 2013, 9:07
Halo: Combat Evolved Anniversary 』開発スタッフインタビュー 本作のエグゼクティブプロデューサーを務めるダン氏(左側)と、『Halo 3』のプロデューサーを務めたデニス氏(右側). 専用のインタビュールームにて、実際のプレイを交えながらお話を伺えた. 2011年6月7日~9日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスにて開催中の世界最大のゲーム見本市E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2011. その開幕に先駆けて行われたマイクロソフトによるカンファレンスにて、『 Halo: Combat Evolved Anniversary 』(初代『 Halo 』のHDリマスター版)が発表された. E3会場にて、本作の開発スタッフにお話を伺うことができたので、その様子をお届けしよう. 実機でのプレイを交えながらのインタビュー ダン氏&デニス氏 もっとも多く受ける質問は、「なぜ初代『 Halo 』をリメイクしたのか? 」ということです. その最たる理由は、『 Halo 』が10周年であること、そしてファンから長期にわたって初代『 Halo 』をリメイクしてほしいというリクエストがあったことです. 言うなれば、本作は私たちから『 Halo 』ファンへのギフトなのです. 初代『 Halo 』の感動を、皆さんにもう一度体験していただきたいのです. では、いまから実際に遊んでみますね. (ここでデニス氏が『 Halo: Combat Evolved Anniversary 』をプレイし始める. 以降は、デニス氏がプレイ担当、ダン氏が解説担当となっている) ダン氏 初代『 Halo 』を初めて遊んだとき、操作感覚がとてもよかったことを皆さんは記憶していると思います. 今回、10年前に初めてお客様が体験された感覚をキープする、というのが私たちの目的だと言えます. ですから、本作は初代『 Halo 』のオリジナルコードを使って作成し、そのうえに新しいグラフィックレイヤーを載せているのです. また、思い出を壊さないために、難度の調整などは一切行っていません. しかしグラフィックやサウンドのレベルを上げるために、かなりの時間を費やしています. そのおかげで、10年前のゲームなのですが、プレイ感覚、そしてサウンド面は現代的な感じに仕上がっています. クラシックモードで新旧の差が歴然 ダン氏 本作には、"クラシックモード"という要素が入っています. このモードを使用すると、10年前の『 Halo 』がどのようなものだったかを、実際に見ることができます. (デニス氏がコントローラのボタンを押すと、プレイ画面が初代『 Halo 』のものに切り換わる) ダン氏 これが10年前の『 Halo 』の画面です. (その後、デニス氏がもう一度ボタンを押すと、最新のグラフィックに一瞬で戻る) ダン氏 キャンペーン中でしたら、リアルタイムに、いつでも新旧のグラフィックを切り換えることができます. 「現在のグラフィックはきれいだけれども、10年前はどうだっんだろう? 」という疑問をすぐに比較できますし、実際に見ていただくことで、かなりの差があることもおわかりになるでしょう. zuefinriorib ナイキの靴 水面、水しぶき、ビーチの砂など、本作ではすばらしいグラフィックになっています. マジックのような、そして歴史を感じてもらえるような体験ができるのではないでしょうか. 物語をより深く楽しめる"ターミナル" ダン氏 つぎに、ターミナルについてお話しします. ターミナルは、『 Halo 3 』から追加された隠し要素です. イースターエッグのように隠されたターミナルを探して、ストーリーを見付けるという仕組みになっています. 今回は、ターミナルがそこらじゅうに散らばっていて、それを見付けるたびに新たなストーリーが展開されていくわけですが、全部見付けると『 Halo 4 』にもつながっていきます. では、実際にターミナルをお見せしますね. (ここでデニス氏がターミナルのムービーを再生) ダン氏 いまご覧いただいたように、以前はテキストのみだったターミナルですが、ムービーが入るようになっています. ムービーにすることによって、プレイヤーの皆さんには、もっとストーリーをわかりやすく伝えるとができると考えています. マルチプレイはどうなる? ダン氏 キャンペーンはふたり協力プレイができます. マルチ対戦は、『 Halo: Reach 』のエンジンで作っており、クラシックマップを使いつつも、新たなプレイが体験可能です. 初代『 Halo 』~『3』までの中から、人気が高かった7つのマップを収録していて、そのうちのひとつが"ファイアファイト"マップです. また、初代『 Halo 』でとても人気があった武器、マグナムも帰ってきました. (デニス氏がキャンペーンでマグナムを使ってみせる. ファイアファイトはスクリーンショットのみ) ダン氏 それ以外のルールや武器については、まだ秘密ですが、2011年8月26日から28日にかけて"Halo Fest"というイベントを開催する予定です. そこに近付けば、もっと新たな情報を発表できると思います. 『 Halo: Combat Evolved Anniversary 』は2011年11月15日発売です(※日本での発売は2011年予定). 初代『 Halo 』も11月15日発売でしたから、ちょうど10回目の誕生日ということになります. ルブタン セール 最初にもお伝えしましたが、本作は『 Halo 』ファンに向けたギフトです. ぜひ楽しみにしていてください.
  • URL:http://yaplog.jp/meophetangcor/archive/34
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。