お洒落は体づくりからもお忘れなく。 ,"> 中高年男性のためのファッション入門

【 更新情報 】

スポンサード リンク

ファッション男性誌を見てみる

 日本の男性用ファッション雑誌に限らず欧米発行のファッション誌(原語版、日本語訳版)も紹介しておきます。日本ではファッション専門誌は少なく、ライフスタイル全般を扱った総合誌が主流です。本屋さんで恥をかかないように、老婆心ながら雑誌名の読み方をカタカナで補足しておきました。チョッと大きなお世話だったかも・・・。

1.MEN's CLUB(メンズクラブ):月刊誌¥680
  ファッションを中心に、車・時計・インテリア・旅・食など、こだわりのライフスタ
  イルを扱っている正統派男性総合誌。1954年創刊の老舗。

2.Men's JOKER(メンズジョーカー):
  モード+ビジネス系。

3.Men's Nonno(メンズノンノ):モード+ストリート系だから若年向き。
  良く売れているので、若作りに興味ある御仁は覗いてみる価値あり。

4.LEON(レオン):2001年9月創刊。
  いわずと知れたチョイ悪オヤジ(ただし、年収1000万円以上をターゲット)向け。
  内容はファッション、車、時計の三本柱。

5.Men's Ex(メンズイーエックス):¥780月刊、毎月6日発売。
  知性派男性のライフスタイル誌 

6.BRIO(ブリオ):
  ファッション、シューズ、食事など高級路線のファッション誌。写真も綺麗です。

7.GQ:
  欧米で最も格調の高い男性ファッション誌。質の高い一流ブランド品の広告も見る価  値あり。

8.ARENA HOMME PLUS:
  英国発男性ファッション誌。

9.Esquire(エスクァイア):
  米国発洗練されたライフスタイル誌。日本語版もある。

10.L'UOMO VOGOE:
  イタリア発男性ファッション誌。その他、文化、旅行、芸術、スポーツ、ビジネスな
  ど、なんでもあり。

11.UOMO(ウオモ):
  30代後半から40代男性向けライフスタイル誌。

12.COVER:
  不良オヤジためのファッショントレンドリード誌

13. ライトニング:
  コテコテのアメカジ雑誌。所ジョージをイメージするとピッタリ。

14. Gentry:¥780
  ミドルエイジの紳士用雑誌。

15. Z(ジー):
  55歳以上の粋な親爺(ジイ=Z)向けファッション、ライフスタイル誌。

男性ファッションサイト

 今やネット時代。最新のファッション情報はネットから手に入れましょう。よく纏まっているサイトを少しご紹介します。

1.Houyhnhum(フイナム):
  メンズファッション&ライフスタイルを毎週発信するWEB雑誌。

2.AllAbout 50life:
  50代以上の夫婦のための厳選生活情報。

この辺のサイトを突破口に、ご自身に合ったサイトを探してみてください。

窮余のファッション解決策

 お金と時間がたっぷりある方は、その道のプロから素直に学んでください。
卑屈にならずに、歴史家を雇って、その解説を聞きながら、疑問をぶつけながら世界旅行をしている気分でどうぞ。

・ファッションレスキュウー:
  スタイリストが買い物に同行してアドバイスしてくれる。

お金はあるが、時間がない方は、

・ZEEL:
  スタイリストによる買い物代行業務あり。男性ファッションのネット販売店。

などが、お勧めです。

グッズ男性誌を見てみる

 グッズといえばキーホルダー、財布、手帳、手袋などを連想しますが、ここでは時計、靴、鞄に重点をおきました。

1.Begin(ビギン):
  国内最強のグッズ情報誌。時計、ファッションに詳しい。

2.Men's Brand:
  大人のための総合モノ情報誌。靴、鞄、時計、アクセサリー、ファッシ  ョン、車、バイクと守備範囲が広  い。

3.時計Begin:
  本格機械式時計中心の時計情報誌。買って損なし。

4.世界の腕時計:
  新作から人気モデルまで、話題豊富。

5.LAST(ラスト):
  靴にこだわった男の靴雑誌。

6.Pen Ates(ペン・アテス):
  「食」と「生活」にこだわった新雑誌。

7.男の隠れ家:
  男の居場所発見誌。

本格派紳士のたしなみ本

 英国流お洒落にこだわる本格派の紳士は、単行本でレベルアップされるのが良いでしょう。
1.紳士の服装(ワードロープ):林勝太郎著、¥1575
  ブリティッシュトラッドアイテムを30項目取り上げ、それらに関する歴史や
  エピソードを写真付きで解説しています。

2.英国流おしゃれ作法:林勝太郎著、¥651
  お洒落を通して生き方、考え方を綴った本。暇なときにリラックスして読む
  と良い。

3.服部晋の「洋服の話」:服部晋著、¥1890
  業界の生き字引による「洋服大全」。著者は皇室の仕立て屋として有名。

4.男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで:落合正勝著、¥1785
  男性ファッションの基本とお洒落についての知識とノウハウの総合解説本。

5.英国の流儀−ブリティッシュスタイル−:林勝太郎著



グッズの基礎知識はこの本をご一読ください。。

1.紳士の小道具:板坂 元、小学館、¥1500
  1993年12月初版ですので内容は古いですが、逆に小物お洒落の歴史的背景が良く分かります。隠れた薀蓄用に、または、ご自身のお洒落のバックグラウンドに自信をつけるために一読をお勧めします。

2.男の小道具:板坂 元、PHP研究所、¥1200
  2001年9月初版発行。万年筆、文庫本、一泊旅行、靴、ネクタイ、腕時計、手帳、かばん、はさみ、便箋・封筒、鉛筆、傘、ハンカチなどなどに関するエッセィ。コンパクトに纏まっているので、出張のお供にどうぞ。
P R
カテゴリアーカイブ
SEO対策:ファッション