ブランド 素材

April 05 [Sun], 2009, 14:44
ブラダブランドを創始したマリオ・プラダは、世界中から珍しい素材や質の高い革を集め、それを一つ一つ丁寧に職人達に作らせたのです。職人によって作られたトランクやバッグは上流階級の人々に評価されて広まりました。女性が持つにはちょっと地味だなあという印象があるかもしれないと思うのです。ブラダは、創始者マリオの次の代では、時代の流れについていけず、全くの無名ブランドになってしまっているようです。


ビジネスバックとしてバックを選ぶ場合、ブランドの人気やデザインよりも、大きさと機能性が重視されると思うのです。目的のものがきちんと収まるかどうか、雨に濡れてしまっても大丈夫かどうか、など表面の状態と中身の収納性が大事なのです。3代目ブラダブランドのデザイナーとなったのは、マリオの孫娘で、ポコノとよばれるナイロン生地に目をつけ、ポコノと革を張り合わせて開発したバッグが世界的にヒットしたことで、ブラダは世界に認められるブランドに再び踊り出たようです。国内のビジネスバックブランドで有名な吉田カバンはその1つとなっているのです。


ファッションバックと同様に海外ブランドのバックを選ぶ方も多いようなのですが、ビジネスバックの場合は国内ブランドも使い勝手の良いものがたくさんあるのです。


クリスチャンディオールとは、比較的最近にフランスのパリで発祥したファッションブランドなとなっているのです。本当に多くのビジネスバックがあって、たくさんありすぎて迷ってしまうほどなのです。ですのでデザインはメンズを意識した黒や、落ち着いた色のものがほとんどなのです。

ブランド 意味

February 25 [Wed], 2009, 15:23
ブランドの意味には、製品を作り出す企業があって、ブランドを購入する人間がいるという認識が隠されているのです。なぜなら、ブランドとは多くの製品を導く道しるべだからなのです。 ブランドは、マーケットの匿名性と広がりの中で指向と信頼性を与えるものなのです。ブラダブランドは革新的な素材の使い方に特徴があって、定番のナイロンから、キャンバス地などを革とバランスよく使い、さりげない日常からスポーツに至るまでさまざまなシーンを贅沢に飾る工夫がされているようです。


強烈な個性が認知されたときに、企業がブランドになるようです。 自分の強みと弱点を知り尽くすことが強烈な個性を生み出すのです。それが、未来に向けて繁栄を築く原動力となるのです。 強烈な個性には比類のない価値があるのです。自分自身の価値を信じているからなのです。 これこそが、ブランドが好感を持って受け入れられ、信頼を勝ち得る 力となるのです。 ブラダブランドで定番とされているナイロンの素材は、ブラダの3代目デザイナーが目をつけて、革と併用したバッグを開発したことによって、世界的な大ヒットを生んでいるのです。


メンズカジュアルブランドは、国内・海外を問わず多数存在するのです。誰でも知っているブランドといえばユニクロなのですが、これもカジュアルブランドのひとつになっているのです。とても身近なので、ブランドという意識は薄いかもしれないと思うのです。高級ブランドにナイロンとは、ちょっと意外な組み合わせのようなのですが、ブラダのバッグの革とナイロンの張り合わせは絶妙なのです。メンズ、レディース。それぞれ専門のカジュアルブランドも存在するのです。


特に、20代向けのカジュアルブランドが多いようです。メンズ・レディース共用のブランドよりも、専門のカジュアルブランドのほうが人気で、男女でブランドの好みも違っているのです。ブラダのバッグは、高級でありながらカジュアルと使いやすさを備えていると評価される、ブランドの中でも数少ない存在なのです。メンズカジュアルブランドは、デパートよりもマルイなどのファッションビルのほうが揃っていることが多いようです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mens_golf
読者になる
最新コメント