オリエンタル系の人気メンズ香水の特徴

December 16 [Mon], 2013, 15:52
オリエンタルスパイシーやオリエンタルアンバー等の種類があり
様々な香料などによって作られるオリエンタル系のメンズ香水は
特有のエキゾチックな妖艶さを持っている香りが特徴的で
エロティックな甘さや重厚感を醸し出している香水です。
イブサンローランやゲランといったブランドが代表格であり
バニラなどの香りに、樹脂から取れる香りを基調につくられ
どこかねっとりとした香りを持っている特徴的なメンズ香水です。
東南アジアやインドをイメージして作られている香水で
香料もそれらの地域から取られることも多くあります。

オリエンタル系のメンズ香水の中でもスパイシーな香りのものは
シナモンやペッパー、クローブなどの刺激的な香料を利用し
イランイランなどの甘めな花の香り、なかでも特徴的なものと合わさり
非常にエキゾチックな香りを見に纏う事が可能となります。

オリエンタルアンバリーと呼ばれるメンズ香水は
アンバーなどの動物性香料を使用して作られる香りなため
ねっとりとした甘さで、幻想的な香りが出せるのが特徴です。

オリエンタル系のメンズ香水は一般的に濃厚な香りの為
カジュアルに使ってしまうと、すこし威圧感が出てしまいます
ですから、自分が思っているよりも少なくつける事で
オリエンタル系のメンズ香水が持つ魅力を発揮できます。

シプレ系の人気メンズ香水の特徴

December 16 [Mon], 2013, 15:36
男性から非常に注目されている人気のメンズ香水と言えば
シプレ系と呼ばれるフォーマルな印象をまとった香水です。
このメンズ香水に使われている香料はベルガモットやオークモスなど
上品かつ開放的な雰囲気で自然味ある香りが特徴の香水です。

シプレー系という名前の由来は
香水の老舗ともいえるコティがだした「シープル」という香水が
世界中でヒットした事により、シプレーという名前で呼ばれています。

メンズ香水のなかでも多くの人に愛されているシプレー系は
バラやジャスミンといった花の香りに、柑橘類を含ませてあり
さらに西洋杉といったウッディな香りを感じさせる香料に加えて
シプレー系特有の、オークモスと呼ばれる苔を使用している所で
華やかで清々しい花の香りを楽しめるだけでなく
オークモスの醸し出すどこか懐かしい香りが魅力的で
簡単に言ってしまえば「心地よい香り」のおすすめメンズ香水です。

そんな人気のメンズ香水であるシプレの中にも
フルーティな香りをもち気品のある香りに仕上げられた香水や
アニマリックと呼ばれる、ムスクやアンバーといった
動物性の香料を合わせたシプレ系のメンズ香水もあります。
他にも、レザリーというレザーつまり革の香料を利用した物もあり
ドライで曇った落ち着いたミステリアスな香りを持つものもあり
大人のメンズ香水として多くの人が愛用している香りです。

フローラル系の人気メンズ香水の特徴

December 16 [Mon], 2013, 15:22
メンズ香水の中でも多くの人気を獲得している香りと言えば
サッパリとした香りを持っているフローラル系の香水です。
定番としてありながらも落ち着いた雰囲気を持ちながらも
爽やかさを持っているためスポーツからビジネスまで
シーンを選ぶ事無く多くの男性からの支持を獲得している

特にフローラルな香りで人気のたかい香水といえば
カルバンクラインやエルメスといったブランドから登場している
メンズ向けの香水が、現在では定番として支持されていますが
そんなフローラルな香りの人気ブランドの中でもブルガリは逸品です。

フローラル系のメンズ香水の中にも様々な種類があります。
シングルフローラルと呼ばれる香調でつくられた香水は
ローズやジャスミンといった香りをベーズに清潔感のある香りで
花の香りが特徴的なメンズ香水ですが、ちょっと女性的なイメージも。

男性向けのメンズ香水の中でもさらに上品な香りが良い場合は
フローラル系のなかでも、フローラルブーケと呼ばれる香りで
その名の通り、様々な花の香料を使用した官能的な香水です。
メンズ香水の中でも、かなり女性的なイメージがあるのですが
華やかで色気のある男性にはピッタリの香水といえるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:メンズ香水マン
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/menper/index1_0.rdf