目の疲れでパソコンの文字が見にくい時の対処法とは?

June 27 [Mon], 2016, 22:13
デスクワークで、長時間パソコンの作業が続く方などは
目の疲れから「パソコンの文字が見にくい」
という方も多いと思います。


視力はいいはずなのに、
小さな文字を読むのが苦痛、
という方も意外に多いようです。


確かに、スマホの普及によって、
目の疲れを感じる方が増えているようです。


目の疲れの原因は、
目の回りの筋肉が固くなって、
血行が悪くなることです。


しかし、この原因は、
意外と簡単な方法で解消で解消することができます。


その方法は、

◎パソコンの明るさを下げる

 パソコンの設定によって、
 明るさを下げることができます。


 明るさを少し下げるだけでも、
 画面から受ける光を減らすことができるので、
 かなり疲れを減らすことができます。


 明るさの設定は、コントロールパネルの
 ディスプレイー明るさの調整
 という項目で調整することができます。


◎ときどき遠くを見るようにする

 特にデスクワークをしている方は、
 近くばっかり見ているため、
 筋肉が固まり、近視が進みやすくなります。


 ときどき窓の外の遠くを見ることによって
 目の周りの筋肉をほぐすことができます。


 具体的には、5分に1回くらい、
 作業を止めて5秒くらい窓の外に
 ピントを合わせるようにしましょう。


◎目元を温める

 蒸しタオルを使って目元を温めると
 血行が良くなって疲れをとることができます。


 休憩時間中や夜寝る前に
 10分くらい行うと、
 筋肉がほぐれて疲れが取れます。


さらに、目の疲れをためないために、
目の疲れに良い成分を
サプリメントで補うこともおすすめです。


そこで、目の疲れでパソコンの文字が見にくい方には、
他のブルーベリーサプリに比べて格段に効果があると
口コミで評判の「めなり」がおすすめです。


この「めなり」を飲むことによって、
太陽の光やパソコンの光から目を守る働きのある
ゼアキサンチンやルティンも補うことができるからです。


さらに、目の疲れをとるのに欠かせない
アントシアニンの配合量が、
他のサプリメントに比べてダントツに多く含まれています。


なので、いままでブルーベリーのサプリを飲んでも
あまり効果を感じないという方でも、
効果を実感できると思います。


「めなり」の口コミ情報など
さらに詳しく知りたい方は、
こちらの画像をクリックしてください。
  ↓    ↓    ↓