年齢を重ねるとともに、顔のたるみがでてくることは避けられません。 特に目の下のたるみは顔の印象を大きく作用します。 このサイトでは、目の下のたるみを解消するための美容液などの化粧品やマッサージなどの解消方法の研究をまとめてみました。


目元の印象は顔の印象だけでなく、その人の印象を大きく左右します。
特に目の下にたるみがあると、年齢より上に思われたり、
疲れていると思われたりしますよね。
初めて会った人に10歳以上老けて見られていたなんてショックですよね。

ところで、目の下のたるみが始まるのは何歳くらいからかご存知でしょうか?
今のところ、目の下のたるみは20代には始まるといわれています。
案外早いと思いましたか?あるいは、遅いと思いましたか?

10代や20代の時は普通のスキンケアなどを特にしなくても、
ニキビなどを除くとお肌のトラブルなどは余りなかったと思います。
とはいえ30代もこのとおり行くかといえばそうはいえません。
でもこの頃のすごし方が20代半ば〜後半のお肌の曲がり角を超えたあとに
大きな差が出てきます。

その差を生み出すものは、何なのか?
このサイトの中で考えていきたいと思います。

目の下のたるみの原因、症状 
顔の中で一番早くたるみが出てくるのが「目元」です。目の下がたるんでくると、老けて見えがちですし目に力がなくなっているような気がして覇気がない感じがしますよね。

目の下のたるみとは、医学的にいうと、
過剰な脂肪によって皮膚が余り、
目の下が腫れて見える状態のこと
をいうのだそうです。

その原因として、考えられることは何でしょうか?
そこを考えていきたいと思います。

 
 続きを読む…  
 / 目の下のたるむ原因 / この記事のURL
目の下のたるみの解消法 
目のたるみの解消法には、美容外科的なものやマッサージや目の体操により血流の回復と筋力の改善などがいくつかの方法があります。

美容外科の場合、なんといっても決して安くはない費用とうまくいかないリスクがあります。術式によってそれと効果が持続する期間が限定され、その期間がすぎると再度の施術が必要な場合がある場合があります。そのかわり、面倒くささがなく得たい効果がすぐに得られるメリットがあります。そのメリット、デメリットをよく秤にかける必要があります。

ちょっとそこまでは、という人の場合、目の下のたるみを取る方法としてはマッサージと化粧品によるケアがあります。

 
 続きを読む…  
 / 目の下のたるみの解消法 / この記事のURL
目の下のたるみを解消するリンパマッサージ 
顔のたるみ、特に目の下のたるみを解消するための方法として、もっとも手軽にできるのがマッサージです。ここでは、マッサージの中でもリンパマッサージについて、その具体的な方法をおつたえします。目の下のたるみの解消だけでなく肌の潤いにも効果が期待できますので、ぜひがんばってください。

リンパマッサージとはリンパ液の体内の老廃物を回収し、体外に排出する機能をマッサージをすることによってその流れをスムーズにしていきます。実際リンパマッサージをした箇所はむくみがとれ、すっきりした感じになります。

リンパマッサージを行うときの注意点ですが、
指は中指か薬指の腹の部分を使ってください。
マッサージは、とにかく優しく、さするような感じで行ってください。
速さは、ゆっくりすぎず、早すぎず、自然な速さで行ってください。
マッサージの前に化粧を落とし、蒸しタオルなどを使って顔を暖めておくとベストです。

 
 続きを読む…  
 / 目の下のたるみの解消法 / この記事のURL
目の下のたるみを解消するフェイススリム法 
目の下のたるみを解消する外科的な手法として切開法やレーザー法といった方法を紹介していますが、やはり手術は怖い!顔にメスやレーザーを使うというのはちょっと!と思われる方も多いと思います。他になにか速効性がある解消法がないかといえば、エステがあります。

初回から効果を実感できる!と多くのハリウッドスターに支持されている小顔のためのマッサージ法に「フェイススリム」という方法があります。日本には『エステティック ミスパリ』が顔ダイエット技術として導入し非常に有名になりました。

 
 続きを読む…  
 / 目の下のたるみの解消法 / この記事のURL
目の下のたるみを解消する手術、切開法とレーザー法 
さきほどリンパマッサージを紹介しましたが、毎日のケアでたるみを取るのは面倒だという人、今すぐたるみを取りたいという人には美容整形という手段があります。外科手術を行うことで過剰な脂肪部分を除去することでたるみを簡単に取り除こうというわけです。

美容外科の手術方法はおもに二つの方法があります。

1)切開法
切開法は、目の下のたるみをメスを使って切開し、脂肪を取る方法です。切開、脂肪除去後は余った皮膚を切り取った上で、縫合します。

切開法は、目の下のたるみの全ての場合に適用するわけではなく、たるみの進行がひどい場合におこうなことが多いようです。そうした場合には、非常に効果がある方法といわれています。

手術跡の心配をされる方がおられると思いますが、切開する場所は手術跡が目立たない場所をということで、マツゲの生え際に近いところで行われることが多いようです。詳細は治療機関の先生とよくご相談ください。
 
 続きを読む…  
 / 目の下のたるみの解消法 / この記事のURL
P R
 
 
 Powered by yaplog!