目のくまの対策と治療法

December 10 [Wed], 2008, 9:23
目のくまって、一度できてしまうとなかなか取れませんね。目のくまをとる対策や治療方法にはどんなものがあるでしょうか。睡眠を十分にとれていたり、そんなに疲れてもいない。タオルで目の周りを温めたり、自分でできることはいろいろやっているけど目のくまがなかなかなくなってくれない。そんなときは、皮膚科や美容形成外科で見てもらってはどうでしょうか。医療機関での目のくまの治療は主に、レーザーを使った治療や皮膚下注入による治療、外用剤での治療などがあります。
茶色の目のクマの治療には、美白成分のビタミンCやハイドロキノン、トレチノインなどが使われます。それに加えて、古くなった角質をはがしてくれるケミカルビーリングなどの方法も効果があるようです。一回の治療でくまが消えるのは難しく、何回か通院して治療を受けることになります。
黒いくまを治療するのに有効なのは、コラーゲン皮下注射での治療ですが、コラーゲンは時間とともに体に吸収されてしまうので数ヶ月に一回皮下注射をする必要があります。黒い目の下のくまの治療には、血行を促進したりメラニンを抑制してくれるブラセンタエキスを皮下注射する方法もあります。ブラセンタエキスはミネラルやビタミンなどが豊富なので肌の新陳代謝をよくしてくれます。他にも、美容形成外科での目の下のクマの治療には、レーザー照射や、レーザーよりもやさしい光を使うIPL治療などの方法があります。

目のくまの種類と解消法

December 10 [Wed], 2008, 8:44
目のクマには大きく分けて3つの種類があります。
ひとつめは「青いくま」です。
血行不良が原因になることが多い青いくまを解消するためには、目の回り全体を暖めるのがいいようです。それには、温湿布を使ったり、温めたタオルを目にのせたりして、目の回り全体を温めるのが効果的なようです。血行不良というと、すぐにマッサージと考えてしまいまいがちです。しかし、目の周りの皮膚は薄いので、マッサージのやり方によっては毛細血管が傷ついてしまうことがあります。マッサージをするときは、力を入れてこすったりしないように、気をつけてやる必要があります。

ふたつめは「茶色のくま」です。
茶色のくまは紫外線によってメラニン色素が増加するためにできてしまうので、日ごろの紫外線対策が大切になります。紫外線は、目のくまだけではなく顔や腕など皮膚の老化に大きな影響があるので、外出のときなどはUVクリームや帽子などの予防対策を欠かさないようにしましょう。曇っていても紫外線は届いているので、油断大敵ですよ。

3つめが「黒いくま」です。
黒いくまは皮膚がたるんでしまって、その影が原因でできるものなので、日ごろの肌のお手入れでコンディションを保っておくことが大事になってきます。アンチエイジング化粧品を使ったり、食事のバランスに気を配ることも黒いくまを予防するのには必要なことです。

すべてのくまの予防で共通するのは、ストレスをあまりためこまないこと、規則正しく生活することですね。くまには、やっぱり睡眠不足が一番よくないですね。独身の人などで、忙しかったりして食事でミネラルやビタミンを十分にとれないときは、サプリメントを使っていくことも必要ですね。

目のクマのできる原因は

December 09 [Tue], 2008, 21:48
目の「くま」は、目の下にできた黒っぽい影のようなもので、肌のくすみの一種です。
「くま」は、顔の中でも目の下の皮膚が特に薄いので、皮膚のすぐ下の血管や、血液の中のヘモグラビンとかの色素が透けて見えてしまっている状態です。目にくまがある人を頭の中で考えてみると、「くすみのある感じの肌だなあ」「疲れてるのかなあ」「血色が悪そうで、どこか具合が悪いのかなあ」なんて感じてしまいがちです。
目の下のくまがあるだけで、年より老けて見られがちだったり、暗い雰囲気が出てしまったり、見た目でマイナスのイメージになってしまうことがよくあります。目のくまは、20歳代の半ばを過ぎた女性の多くの悩みだといわれます。

目にくまができてしまうのにはいくつかの原因があるようです。
一番に考えられる原因が血行不良です。ここで知っておきたいのが、目のくまは、血行不良を解消すればすぐに消すことができるわけではないということです。ひとつの原因だけで目のくまができてしまっていることもあるし、いくつかの原因が複合していることもあるからです。できる原因によって、いくつかの種類のくまがあって、色もさまざまなようです。
おおざっぱなわけ方ですが、血行不良が原因でできるくまは青いくま、メラニン色素が増えたことが原因でできるくまは茶色のくま、顔のたるみの影などでできるくまが黒いくまです。
目のくまを解消したり改善するためには、自分の目のくまはどの原因によるものなのかをよく知って対策することが大切なんですね。

目のくまの取り方と化粧品

December 08 [Mon], 2008, 21:29
目のくまのうちで茶色のものは、紫外線によるメラニン色素の沈着が原因のことが多いですが、もうひとつ、茶色のくまやくすみができてしまう原因があります。それは、目の下の肌を摩擦してしまうことです。女性の場合だと、メイクを落とす時にこすってしまうことが多い人は要注意です。目の下は皮膚が薄くてデリケートな部分なので、やわらかく触るようにしたほうがいいようです。メイク落としのやり方は、メイク落とし用のクレンジング液がよくなじんでからコットンで押さえるようにし手拭き取ります。疲れていたり遅く帰ってきたりして、早くメイクを落とそうと力を入れてこすって取ることはしないようにしましょう。
茶色の目のくまができてしまう原因には、化粧品の質も関係があります。メイクやスキンケアの化粧品で成分に油分が多いものは、長い間使っていたり、紫外線を浴びることが多かったりすると過酸化資質になってしまいます。これが茶色の目のくまや目のしたのくすみの原因になりやすいといわれています。目のくまの解消のためには、油分が少なく、保湿効果のある製品がいいですね。

目のくまと病気

December 07 [Sun], 2008, 20:02
目のくまは疲れや睡眠不足などが原因で起こる場合が多いですが、まれには他の病気が関係していることもあるようです。目のくまと毎日の生活との関連では、目の下の皮膚は0.6ミリととても薄いので、食事のバランスが偏りがちだったり夜更かしが多くて生活のパターンが乱れていたりすると、血液の流れが悪くなって目の下のくまができやすいようです。
食べ物の好き嫌いが多かったり、外食が多かったりと、食事が偏りがちでビタミンや鉄分が不足してしまっている場合は、貧血が目のくまの原因になっていることもあります。貧血気味だったのが内科で貧血の検査や治療を受けて貧血がよくなったら目の下のくまも改善されたという人の例もあります。
目の下にできているくまが、内臓の病気のシグナルになっていることもあります。睡眠時間はちゃんと確保しているのに疲労がなかなか抜けなくて、いつも疲れた感じがしている。目のくまもなかなか解消しないという場合は、肝臓の働きが悪くなっていることもあるようです。心臓の病気で目のくまが取れないということもまれにあるようです。治療を受けても目のくまがなかなか消えなかったり、顔色全体が悪かったり、痩せてきたりといったことがあれば、病院で見てもらうことも考えましょう。
赤ちゃんや子供も目のクマができることがありますが、あまり気にすることはないようです。