【 更新情報 】

スポンサードリンク

更年期症状の治療について

更年期に起こる症状を治療する方法としてHRT(ホルモン補充療法)があります。

女性は閉経前後になると体内でエストロゲンと言うホルモン成分が不足してくるようになります。
こうなってくると自律神経のバランスを崩してしまったり、体が冷えたり、火照ったり、汗をかいたり、気分が落ち込んでしまったりとさまざまな症状がでてくるようになります。
そんな状態の時にHRT療法をしてエストロゲンを体内に補充してあげることで症状が改善してくると言うような治療です。

この治療は女性が閉経した直後に行えば効果が高く、骨粗しょう症の改善や肌の潤いを取り戻すような若返り効果が期待できるようです。

ただし、このHRTはよい事ばかりではなく副作用もあるので認識しておいた方がいいと思います。
この治療で使用しているエストロゲンという成分は生殖器周りに影響が出ることがあります。
例えば乳房が張ってしまったり、生理のように出血したりすることがあるようです。
こういった副作用が出た場合には、軽度・重度に関わらず医師に相談するようにしましょう。

ただし、この治療は万人に対して行えるものではありません。中には治療対象外として治療を受けられない方もいます。
例えば、子宮がんや乳ガンを患ったことがある人、また身内にいる人は医師に相談をした上で治療をしなければなりません。
子宮内膜と乳腺と言うのはエストロゲンに依存している組織になっていますので、エストロゲンを体内に入れることでどう影響するか分からないからです。
ですから、こういった場合には気を付けるようにしましょう。

更年期の婦人科系の症状

更年期に入ってしまうとさまざまな変化や症状が心身に出てくるようになります。

ここでは婦人科系の症状についてどんな症状があるのか説明してみたいと思います。

更年期に入ると今まで無かったような「尿漏れ」という症状が出てくる人もいます。
まずは尿漏れの原因ですが、骨盤の中には膀胱と尿道があり、骨盤の底にある筋肉と繊維組織により安定させています。
それがなんらかの原因で筋肉がゆるんできてしまい、不安定になってしまっているところに咳をしたり、くしゃみをしたりしてお腹に力が加わりつい尿を漏らしてしまうという症状が出てきます。これを腹圧性尿失禁と呼んでいます。
こういったケースが見られる人には妊娠中の人や出産を終えたばかりの人によく見られるようです。
しかし、更年期に入って尿漏れの症状が出ると言うことは出産経験がある無しに関わらず、筋肉の力が衰えてきていること、女性ホルモンの減少によって引き起こされる尿道周辺にある筋肉の変化によって起きてしまうと言うことになると思います。

では、こうなってしまった場合、どういった対策をするようにすればいいのでしょうか?

尿漏れがしているから泌尿器科や婦人科などにはちょっと恥ずかしくて行けないと思う方が多いかもしれませんが、そこは我慢して早めに治療をしてもらうようにしましょう。なぜなら治療が遅くなればなるほど治療方法が難しくなっていってしまう可能性があるからです。

先程例にあげた腹圧性尿失禁の場合、簡単な外科的治療をするだけでいいので、なるべく早めに治療に行かれることをおすすめします。

また、過活動膀胱と言う、急に尿意をもよおし、我慢が出来ずに失禁してしまうと言うような症状もありますが、外科的治療ではなく薬で治療する場合もありますので専門医に診てもらうようにしましょう。

女性特有の病気、更年期障害について

「更年期」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
更年期とはホルモンが大きく変わる時期のことをいい、このときに身体的にも精神的にも不調をきたしてしまうことを更年期障害と言うように呼んでいます。多くは女性に症状が現れるようです。

更年期になってしまったと思ってしまうと女性としての自信そのものを無くしてしまったり、そのことに対して否定的になりたくなってしまったりするために症状が辛くても一人で悩んでしまう人が多くなります。

ですから、悩む前にまず自分が更年期なのかどうかをチェックする必要があると思うのです。

下記に更年期障害の症状をいくつか挙げてみましたのでご自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

・何をしても疲れやすくなった
・吐き気や頭痛、めまいなどを頻繁に起こすようになった
・顔が火照る
・寝付きが悪い
・眠りが浅い
・何もないのに落ち込んだり滅入ったりする
・汗をかきやすくなった
・怒りやすくなった

などなど他にも症状はあります。ただし、これらの症状が出ているからと言って必ずしも更年期障害の症状であるとは限りません。自己判断をせずに必ず病院で診てもらうようにしましょう。

更年期は加齢に伴って起こりやすくなりますが、やはり不調を訴える人は大多数います。
症状は皆が同じというわけではなく個人差があり、酷い人も軽い方もいるようです。
また症状は一つだけでなく、数種類合わせて出るようなのでそうなってしまうとさらに症状は辛く感じるようです。

更年期の症状には何があるのか

更年期の症状と言うのはさまざまなものがあります。以下に、症状例を何点か挙げてみましたので参考にしてみてください。

【躁うつ病】
更年期の時期と言うのは精神的な症状も出やすいと言われています。いろんな症状がそれでもあるとは思うのですが、感情が急にハイテンションになってしまったり、そうだと思うと急に落ち込んでしまったりという気分に、大げさにムラがあるとすると躁うつ病の可能性があります。この場合、精神科や心療内科に通ってきちんとした治療をしてもらうことをおすすめします。
この治療では薬物による治療、カウンセリングによる治療などその人の状態によって違うと思いますが、早期の状態のときからきちんと治療することにより早めに治す事ができるようになります。

【心身症】
更年期になると、うつ病を患ってしまったり、神経症を患ってしまったりして精神的な疾患をわずらってしまう場合が多いようです。こういった場合は自己診断をせずに専門的な機関で治療をすることが大切となってきます。
その中でも心身症と言う病気があって、これは心理的なものが要因となって呼吸器官や消化器官など身体的な症状が現れることを指しています。
よく見られる病気としてはじんましん、喘息、胃潰瘍、円形脱毛症といった病気があるようです。

こういった症状などは更年期から来る場合もあるし、そうではない場合もあります。こういった症状が見られたら自己診断はせずにすぐ病院に行くようにしましょう。

更年期対策下着

更年期対策というのは色々あると思います。ここでは下着についてちょっとお話してみたいと思います。

更年期になってくると体の線がだんだん崩れてくるようになります。この体を補正するための道具として便利なのが補正下着です。無理をして体を締め付けるような下着は駄目なのですが、年齢相応の補正効果がある下着はとても人気があるようです。
どうしてももっとやせて見えたいからと無理をしてしまうと体に悪影響がでてしまう可能性がありますので止めるようにしましょう。

補正下着をつけることにより、何年か前の若い頃の自分に戻れるかもとか、徐々に変わってきているかもという希望も出てきますし、体にも馴染むものを使用することにより無理せずに補正できますので更年期障害の症状もきっと軽減されるのではないかと思います。
今は補正下着といっても色々な種類の物が出てきています。とりあえず、試着をして体にいいと思うものを選ぶことが大切です。このことがきっかけで健康面でもよくなることも期待できると思いますし、理想の体系にちょっとでも近づくことができるという期待も得られると思いますので楽しんで選んでみてください。

もっと効果が欲しいからと言って無理するような下着を選んでしまって体を締め付けてしまうと逆に健康に害を及ぼすことになってしまいますので止めておくようにしましょう。

このように下着ひとつでも更年期対策に役立つと思いますので是非試してみてはいかがでしょうか。

女性の更年期をうまく過ごすために生活習慣を見直そう

更年期をうまく過ごしていくために生活を少しずつ変えてみてはいかがでしょうか。

下記に更年期をうまく過ごすための方法として有効的だと思われるものをいくつかご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

まず、人付き合いをすることです。更年期世代になると新しい友達を作ったり、交流したりすることが難しくなってきますが、人と会話をしたりすることで脳が活性化され、張り合いが出てきたりします。またボケ防止にも繋がりますので人とコミュニケーションを取るような生活を送るよう心がけましょう。

次にストレスを溜めずに楽しく生活を送ることです。
愚痴ばかり言っていても何もいいことがないばかりか気持ちもすさんできてしまいます。
できるだけ気持ちを切り替えるようにして楽しみと生活のハリを見つけるようにしましょう。

次に大切なのは「睡眠」です。私たちの体が正常に機能するための根本的なことに自律神経のバランスをきちんととると言うことが挙げられると思います。
日中は交感神経が働いて体を動かし、夜は副交感神経が働いて体を休めるようにするのです。この働きを正常にするためには睡眠をきちんととることが大切となります。

バランスが崩れてしまうと寝付きが悪くなってしまったり、眠りが浅かったりして睡眠障害がでてしまう場合があります。こうならないようにリラックスしたりぬるま湯に使ったりして体の火照りを沈めて眠りに付きやすくするようにすることがとても大切になってくると思います。