目の落ちくぼみを改善したい人必見!ふっくら対策は?

June 09 [Thu], 2016, 23:08



目が落ちくぼんで上まぶたにくっきり影ができる!
それはもう、老化顔のサインです。

まぶたを鍛えるストレッチアイクリームのケアで、
ふっくらハリのある目元を作りましょう。




眉下のあたりの上まぶたが落ち込んでしまうと、
まぶたに影ができたり、はっきりとしたラインが生まれます。

こうなると、どんなに若々しいメイクをしても、
実年齢より老けて見えてしまうのが残念なところ。


目の落ちくぼみが目立つと老け顔を強調してしまうのです。


芸能人で言えば、
神田うのさん、米倉涼子さん、杉本彩さんなどに
目のくぼみが見られるかと思います。


20代後半〜30代にかけて、
上まぶたのくぼみが気になり出す方が多いようですが
、この時にしっかりケアしてあげないと、
40代になればもっとげっそりくぼんでくる可能性があります。

今ある、そのくぼみを改善するだけで、
5歳から10歳若返って見えるのですから、
できるだけふっくらさせてあげたいですよね。


上まぶたがくぼむ原因は、
皮下脂肪の減少、そしてまぶたの筋力の衰え。

また、コラーゲンの減少も影響していると考えられています。

美容整形などでコラーゲンやヒアルロン酸を
まぶたに注入する処置も行われます。

即効性があるので、すぐにもくぼみを消したい方には
打って付けの手法かもしれません。

ですが、目の周りの薄い皮膚に
美容成分を注入するのは大きなリスクもあります。

施術を受けた方の中には
「片目だけ二重まぶたが一重になってしまい、
不自然に膨らんだまま1年以上戻らない」

というトラブルを抱えてしまう方もいました。

できるだけ整形ではない方法で、
上まぶたのハリを取り戻す対策を行って欲しいと思います。



衰えたまぶたの筋力を取り戻そう!


では、自分でできる目の落ちくぼみ対策をご紹介します。



衰えた上まぶたや目の周りの筋肉を鍛えることは、
くぼみを解消するだけではなく、
頬のたるみなども一緒に解消してくれる
Wの嬉しい効果が期待できます。



目の周りの筋肉は眼輪筋といいます。
この部分が衰えることで、くぼみやたるみ、
くまなどの老け顔になってしまいます。

意外と普段は意識しない部分なので、
ぜひトレーニングで鍛えてみましょう!



★やり方


※コンタクトは外した状態で

【トレーニング1】
頭は天井を見るように上に向け、
目だけ真下を見て、ゆっくり10回まばたき。
次に、あごを引いて目だけ真上を見て、
ゆっくり10回まばたき。

【トレーニング2】
目尻を人差し指で押さえます。
押さえた人差し指を外上方に引っ張りながら(きつね目にする感じで)、
目をギュッと閉じるのを5秒間3回繰り返す。


【トレーニング3】
上まぶたを上に引き上げるように人差し指で眉毛を押さえる。
5秒間目をギュッと閉じるのを3回繰り返す。

人差し指が引っ張られるのを感じたら、
しっかりまぶたの筋肉に力が入っているます。


どうですか?
目の全体が疲れて筋肉使ってると感じたと思います。



目の周り全般に働きかける!アイクリームで40代になってもふっくら目元


このまぶたの筋力トレーニングに加えて、
失われたコラーゲンを補ってくれる
アイクリームも併用して使ってみてください。


目の周りはデリケートな顔の中でも
さらに薄い皮膚で刺激に弱い部分になります。


そんな場所をケアするためには、
やはり目元専用美容液を使うべきです。

特におすすめなのは殆ど広告宣伝など行われていないのに、
口コミだけで大変人気となった
ビーグレンの目元用美容液「トータルリペア アイセラム」

上まぶたのくぼみはもちろん、
目の周りの小じわやたるみ、
くまなど総合的に働きかけ、
すっきりハリのある目元を実感できると思います。

アイクリームはどうしても値段が高めになってしまい
使い始めに躊躇することが多いですよね。

その点、ビーグレンはお手頃価格でお試しできる
トライアルセット
がありますので、
まずはそちらを使ってみてください。

購入者特典でお得に製品を手に入れられる
クーポンも頻繁に配布されているようです。

お試しでその使用感を気に入ったなら、
本格ケアをスタートさせたいですね!

↓ ↓ ↓