【 更新情報 】

目の充血の症状について

朝起きた時や夕方に目が赤くなるという人は結構多いと思います。が、目が赤いのはあまりかっこのいいものではありません。
目の充血は、白目の血管が拡張して赤く見える状態ですが、症状としては大きく分けて3つあります。
まずは、疲れ目が原因によることが多い「強膜充血(毛様充血)」。強膜とは眼球の外側を作る白目のことです。強膜充血の場合は、まぶたの裏までは充血しないのが特徴です。また涙は出ても目やには出ず、白目がピンク色を帯びたように充血します。強膜充血になってしまった場合は、目薬などで無理に充血をとろうとはせず、目を休めることが有効です。
細菌やウイルス、ごみ、花粉などが目の表面について結膜炎を起こしている状態の「結膜充血」。「あかんべ〜」をして、まぶたの裏まで赤くなっているのが特徴です。目やにや涙を伴うことが多く、白目の周辺部が特に赤くなります。結膜充血には、アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎などがあります。最近は花粉によるアレルギー性の充血が多くなっているようです。
「結膜下出血」は、血液の成分が無色透明の結膜の下に出血するので、白目がべったりと赤くなります。だいたいは2週間くらいで自然に治ります。最近はあまり見られないのですが、出血性結膜炎(アポロ熱)という、潜伏期間が短いけれど伝染性の強い病気の可能性もあるので、ご注意ください。

目の充血の原因について

目の充血とは、何かの影響によって白目の表面の血管が拡張してしまい、浮き上がることで赤く充血して見える現象です。
白目が充血する原因としては、細菌やウイルスの感染によって目の表面が結膜炎を起こして白目の毛細血管が拡張してしまった場合や、単純に眼を強くこするというような物理的な刺激を原因として充血する場合もあります。
また、読書やテレビゲーム・パソコンのやり過ぎなど、眼を酷使してしまった時や、コンタクトレンズの影響、目が十分に休養できてない場合に、目に酸素や栄養分を補填しようと血液が多く流れ血管が拡張するといったことが充血の原因となる場合もあります。
目の充血の原因として一般的に多いのが、目を長時間酷使したことによる眼精疲労です。目は毎日の日常生活で酷使されてしまうことが多いのに、それに見合った休息やケアをされないケースがほとんどです。
眼精疲労による目の充血は病気そのものではなく、一つの症状です。自己防御反応の一つなのです。
充血の症状がそれほどひどくなければ、まずは目薬を点眼したり、ゆっくり十分に睡眠をとるなどして、目を休めてあげることが一番です。

目の充血の治療法について

目の充血の治療法として、目薬をさすことも効果はあります。ただし、過度の使用は控えたほうがいいです。一日の間に何回も、そして一回当たりに何滴も、市販の目薬をさしていると、場合によっては目薬の差し過ぎで、涙の重要な成分までを流してしまって、逆効果になるケースもあるからです。また、目薬で充血が取れたからといって、目を酷使する場合もありますね。結果的に、目に高い負担をかけることになります。
できれば、目薬で目の充血を治療するのではなく、栄養や睡眠などで改善する努力をした方が健康のためにいいと思います。
目の充血の改善にいい栄養素は、ビタミンA、アントシアニン(アントシアン)、ルテインなどと言われてます。
ビタミンAは、にんじんなどの野菜の他、マンゴー、グレープフルーツなどのくだものにも含まれており、視力の低下や夜盲症(鳥目)の予防に効果があります。
アントシアニン(アントシアン)はブルーベリーに代表される栄養素です。ブルーベリーが目にいいというのは有名な話ですが、それはこのアントシアニンという成分が目に良いとされているからなのです。アントシアニンは眼精疲労やドライアイ、視力回復などの効果が期待できます。
ルテインはケール、キャベツ、ほうれん草などに含まれ、アントシアニンと並んで目の充血に良いとされています。
これらの栄養を普段から極力とるようにして、目の充血を治しましょう。
P R
カテゴリアーカイブ