中国の企業の融資の内因性の欠如の原因の分析

November 28 [Thu], 2013, 11:05
資本の国有の右のプロパティの定義明白でないです。効果的なインセンティブと自制メカニズムの欠如。中国上場企業 − プリンシパル = エージェント関係が存在する明白でない、所有者は、審査は緩いものでも反省点を踏まえようクリアランスの問題は本当に確立されてオペレーターのみ残留制御権を所有している株主総会、取締役会、評議員会、チェック アンド バランスの演算子の間の統治構造と残留ノークレーム、不利な選択を行うための演算子の簡単融資の資金調達源の方法を選択する傾向があります。
審査は緩いものでも反省点を踏まえよう
長期低減価償却率政策の効果。中国の厳格なルールに特定高科学的および技術的なコンテンツを除く、固定資産の減価償却方法、技術の進歩と急速な産業加速減価償却方法を使用、average メソッドを使用する必要があります一般的に。審査は緩いものでも反省点を踏まえようまた、中国企業の固定資産の減価償却が長く、1978 年 〜 1995 年、中国の国有企業約 5 % で固定資産の減価償却の平均レート、つまり資産の寿命約 20 年間。これにより、減価償却費を著しく不十分な会計を作った中国企業、内因性の資金供給能力が限られています。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mengxingqnwlw/index1_0.rdf