目元のたるみの原因1

目元のたるみ、気になりだしたら、気になりますよね。

特に、お肌の曲がり角に当たる微妙な年齢では、

自分で鏡を見て気づいてはいるのだけれど、

目の下のたるみを、他人から指摘されると、ちょっとショックが大きいですよね。

目元のたるみは、それでは、どのような原因でできるのでしょうか?

もちろん、体の変化の結果でしょうが、原因がわかっていれば、

なにかと対処の仕方や対策が考えられますよね。

目の下のたるみ」ができてしまう主な原因として考えられるのは、やはりというか、もちろん加齢によるものです。

当然といえば当然だ、といわれるかもしれませんが、では、どうして加齢が目の下に影響するのでしょうか?そのメカニズムを詳しく説明いたします。

年を重ねていくと、一般に血液の循環やリンパ液の循環が悪くなります。筋肉も減っていきます。血行が低下すると、皮膚への栄養や水分の分布が悪くなってしまい、

それに伴い、肌の弾力が失われてしまったり、顔にある筋肉が落ちてしまう、のです。この肌の健康度の低下に目元のたるみ原因があると考えられているようです。

つまり、肌の張りがなくなることで、今までピン、と張っていた目元の筋肉が緩んでしまうことが、目元のたるみの主要因、ということなんですね。

ということは、お肌の弾力を回復すること、さらには顔の筋肉を鍛えなおす(笑)ことが、

目元のたるみ防止のkeyになりそうです。