ツヅケテヤル!
2007.03.01 [Thu] 11:10

ケイダッシュステージの次回作、
『ヴァーサス』(4月20日〜27日 青山円形劇場)の
ブログが今日からスタートしました。

http://versusofficial.blog.shinobi.jp/

メモリーズに出演していた森新吾クン、大貫杏里チャン、
そしてACT SUPPORTで参加していただいた水谷あつしサンも出演します。
他に賀集利樹サン、斉藤慶太サン、笠原秀幸サンも出演されます。

美術もあのメモリーズのセットを創られた土岐サン、
音響もあのメモリーズサウンドの小幡サン、
音楽は、あっ、あの健介ダァー!!
照明はbambino+の倉本サン。

青山円形劇場で360度の客席で繰り広げられる6人芝居です。
Air Studioの藤森一朗サンの作・演出だし、オ・モ・シ・ロ・ソ・ー!!!


ワタシも制作を手伝うのですが
直接担当ではないので
ヴァーサスブログはタケシという若僧に任せてしまいました。
アイツダイジョウーブカヨー!!

てなことで、
ワタシャ、ほそぼそでもこのメモリーズブログを続けていくぞぉー!!

ミナサマ、
応援のほどよろしくお願いします!!!


by ゆっこ
 

フォトグラファーヒロシ。
2007.02.12 [Mon] 07:31

メモリーズの音楽のHIROSHI WATANABEさんは写真家でもあります。
稽古場や劇場に来られたときに数枚の写真を撮っておられました。
ロビーにセピアっぽい稽古中の写真が貼ってあったのを覚えてらっしゃいますでしょうか?
あれがHIROSHIサンの写真です。

今回、HIROSHIサンのお気に入りの写真をいただきました。
シアターアプルでの舞台稽古で全員が稽古着で最後の頭を下げている場面です。

ゆっこの名場面のひとつでもあります。
ステキな写真です。

HIROSHIさん、ありがとうございました!


そして、写真から聞こえてくるセリフは

「みなさま、ありがとうございました!」



by 制作ゆっこ。
 

キオクノオンガク。
2007.02.10 [Sat] 06:16

ワタシテキにメモリーズにはいくつかの名場面がありました。

ジャパン3世の場面が終わり、
そのあとのあきらサンが演じた熊谷清に元々の記憶を入れる場面、
それもワタシの名場面のひとつでした。

東山サン星野の
「さあ、今度は生きた人間の記憶になるねんで、たっぷりいこか!」
のセリフきっかけでスタートする場面。

メモリーズの全員が足でリズムを打ちながら、
ライムチームが幼い頃からの熊谷清の人生を演じ、
ダンスチームがセットのあらゆる場所で踊るあの場面。

そして、そこに流れる音楽。

ワタシは初めて稽古場で音楽が流れ、
この場面が始まったとき、
強烈なチキンスキンでした。
サムハダもんだったんです。
サブイボでした。

スゲーー!! この場面!!だったんです。

今回のオトはみんなスゴイんですが
特にこの音楽はHIROSHI WATANABEにしか描けないオトだと思いました。

昨年の『恋愛戯曲』の時もそうでしたが、
ホントにヒロシサンのオトは素晴らしいです。

さっすが世界をまたにかけてるミュージシャン!
よっ! Mr.HIROSHI!!


千穐楽以来、お会いしたヒロシサンは
相変わらずオチャメだったんでチョーうれしかったです!!!



by 制作ゆっこ。
 

オクノホソミチ。
2007.02.08 [Thu] 05:42

やまびこクンとつばさチャン。
すごいラヴシーンを見てしもうた。




二人仲良く旅立ったものの、何があったのか途中でお別れ。
トンネルを抜けないまま雪国へ。




一句 “山寺の階段くだりで膝笑う”




絵のような部屋からの景色…




アソビで来たかった…


by 制作ゆっこ。
 

サッソクアンリサンノコタエ。
2007.02.06 [Tue] 05:28

制作ゆっこです。

キャストのみなさまがた、メモリーズが終わって1週間が過ぎ、
イカスゴキゲンな熱ぅ〜い思いを持ち帰り、
そのエネルギーを早くも次のお仕事に注いでいる模様。

ゆっこも次の仕事に入り、また難波Pにしごかれておりヤス。
演目は『Versus-ヴァーサス』です。

ここからは杏里サンの答になりま〜す。


『ヴァーサス』

作・演出 藤森一朗(Air Studio)

出演
賀集利樹
斉藤慶太
森 新吾(D☆D)
笠原秀幸
大貫杏里
水谷あつし


つ・ま・り、そーゆーことなんです!

メモリーズから新吾サン、杏里サン、
そして、メモリーズact supportの水谷あつしサンも出演します。

つ・ま・り、そーゆーことなんです。

つ・ま・り、たッッのしみーーーデス!!

昨日、ポスター・チラシ用の写真撮影がありました。
みなさん個性の集まりです。
シンゴ・アンリのエキゾチックコンビは健在です!
カッコイイです!
また一緒にやれるんだ!

メモリーズばんざい!

あれ?




これは仮仮チラシです。


by 制作ゆっこ。
 

ブログゾッコー。
2007.01.31 [Wed] 05:48

千穐楽のカーテンコールを客席の入り口の階段で観ながら
わたしはとてつもない感動とともにこのカンパニーにミラクルを感じました。

思えば昨年のウメダサンのダンスと健介サンの歌のレッスン稽古から始まり、
アクトサポートの水谷サンが個人のワークショップをやってくださり、
待ちに待った妹尾サンの「おおー!」という台本が届き、
山田サンの丁寧な演出意図に則った本読みと、
『親睦会』と銘打った打ち入り飲み会があり、

そして、年明け。

1月5日から始まった正式稽古の時には
まだ得体の知れないメモリーズという作品に全体的にとまどっていた感がありました。

1月10日からスタジオが移り、美術の土岐サンや舞台監督の松嵜サン、
演出部の美樹サン、麻希さんのおかげで稽古場に本番のセットが組まれました。

HIROSHIサンの音楽が届き、すでに機材もセッティングし、毎日入ってくださっていた、
音響の寡黙な小幡サン、ヤンチャな柳浦サンが本番通りの音出しをしてくださり、
秘かに男性キャストのアイドルだった相川チャンが15本のワイヤレスをセッティングしてくれました。

照明の笑顔の阿部サンが制約の多いアプル公演なのに
二枚目伊賀サンとこんなことがやれるのかと驚くようなプランを持ってきてくださり、

早々に衣裳の貫禄の菊田サン、スリムな三浦サン、ヘアメイクの頼れるアネゴ徳田サンが
衣裳や装飾品を用意してくださいました。

ひょうひょうとしている演出助手の松森クンのおかげで稽古場が癒されたことも事実です。
ひょうひょうとしてるんです。ほんとにひょうひょうとしてるんです。

日本テレビのにこやか松村さんがカップラーメン、お米、インスタントカレー等を
大量に差し入れして下さり、人気急上昇でした。


そんな中、ラスト2週間という声がラスト1週間となり、
そこから演出家山田和也とキャストとスタッフとのものすごい勝負が繰り広げられました。
決して声を荒げることのない、キレない、山田サンのハイレベルなオーダーに応えていく
各キャストとスタッフが見事でした。

山田サンの稽古場最後のオーダーは「みなさん、楽しくやりましょう!」でした。

舞台稽古からゲネプロ、初日まではアッという間でした。
本番はもっとアッという間でした。

そして、
千穐楽のカーテンコールを客席の入り口の階段で観ながら
わたしはとてつもない感動とともにこのカンパニーにミラクルを感じました。



また、思い出話も含めいろいろと書きます。
パンフレットの暗号クイズのことも書きます。

ブログゾッコー、オタノシミニ!


写真は

千穐楽のリハーサル後。 「さぁ、ラストワン!」



打ち上げでキャスト全員からの色紙を受け取った妹尾サン。 「ワー!うれしい!」



「山田デス。ちょい疲れてますが、キモチはこの色紙の写真のようです。」



「ちくしょー! 終わったァーーーー!!!!!」


by 制作ゆっこ。
 

ディーブイディーサツエイ。
2007.01.28 [Sun] 15:25

DVDのオマケ映像の撮影風景です。
サービスカットでドーゾ。








お楽しみにーーー!!


by 制作ゆっこ。
 

ウレシイ。
2007.01.26 [Fri] 06:47

ほんとにあんマンを差入れしてくださった方があり、驚き、でもとてもうれしかったです。
同時に「あんマンがほしい」的なことを書いてしまったことに責任を感じてます。
ホントに好きなのはシュークリームなんですが、以後、気をつけます。


by 制作ゆっこ。
 

ブッパンジョーホー。
2007.01.26 [Fri] 06:38

ロビー販売しているグッズの紹介です。

@フレグランスストラップ(1,000円) 白、ピンクの2色あり。
  ロゴ入りストラップヘッドにお気に入りの香水を染み込ませることができます。

ゆっこ「わたしはどっちかっていうと可愛いタイプだからピンク。
     そして、あのひとの香りを入れてるの。いつも一緒よ、アナタ…」




Aメールブロック(800円)
  バックの色は5パターン。ロゴ入り。

ゆっこ「わたしはどっちかっていうとモテモテタイプだから
     いろんな男の方々からたくさんのメールが届くの。見せてあ・げ・な・い…」




Bトートバック(500円)
  青文字のロゴ、キャストのネーム入り。

ゆっこ「わたしはどっちかっていうとトキドキエロエロタイプだから
     いろんな男の方々からたくさんのキラキラしたプレゼントが届くの。
     それをこのバックに入れてるんだけど、もう、宝石・貴金属はい・ら・な・い…」




Cセット
  グッズ3点(フレグランスストラップ、メールブロック、トートバック)は
  全部買いで2,300円→2,000円

 ※グッズは限定各300点のみ


ゆっこ「わ〜い、300円もお得ダァーーー!!」



Dパンフレット(1,500円)
  オールカラー42ページ。

ゆっこ「わたしと同じくらい、豪華ーーー!!」




Eポスター(500円)
  限定50本

ゆっこ「枕元に貼ってるの。いつも一緒よ……時々うなされる…」



F『メモリーズ』公演DVD。(5,500円〈税・送料込み〉)
  ゴキゲンなオマケ映像あり。

ゆっこ「絶対にオマケ映像に出てやる。……水着で……ハイレグで……ウフッ…」




by 制作ゆっこ。
 

ブジショニチシューリョー。
2007.01.25 [Thu] 05:58

無事に初日が終わりました!

とってもステキな初日が終わりました!

やっぱりお客様って最高です!

シアターアプルの舞台と客席の間に感情の爆発が生まれました!

スタッフの技術力、キャストのぶっとびさ、お客様のあたたかさ。

チラシに書いてある『妹尾ォ!山田ァ!なにたくらんでやがんだ!』の答えがわかりました。

チラシに書いてある『歌とダンスのストレートプレイ』の答えがわかりました。

チラシに書いてある『メモリーズって何をするヤツらなんだ?』の答えがわかりました。

チラシに書いてある『かつてすごし日々を愛でるということ』の答えがわかりました。

チラシに書いてある『人間の根源に迫るハートウォーミング大コメディ青春群像劇』の答えがわかりました。


そして、チラシに書いてある『一人じゃねえよ!』の答えがわかりました。


カーテンコールの時、決してオセンチとかではなく、なんか泣きそうになった。

なんかワカランのですが…。


さぁ、今日は二日目。
キャストは楽屋入りと同時に山田サンの初日のダメ出しからスタートです。

昨日の終演後の楽屋ロビーでの初日缶ビール乾杯で、山田サンが
「明日のダメ出しには筆記用具とノートとを用意しておいてください。」

エッ?そんなにたくさんダメ出しがあんの?

そんな山田ジョークにキャスト一同笑顔になりながらも………ピクッ…。


本日、19時開演の1回公演です。
当日券の販売は18時から劇場入り口前のデスクです。
開演は19:00です。

新宿駅東口からゆっこと同じ道のりで
ステキな2時間弱を共有しに来ませんか?

一同、ご来場を心よりお待ちしています!


ゆっこにおいし〜い豚まんを差し入れしてくださった方、
楽屋で走り回っているのでお会いできませんでしたがありがとうございました!

今度はあんマンでも………OKデス…。


by 制作ゆっこ。