暗記と理解が同時にできる一石二鳥の文章暗記法Ver2 奥田俊雄とは
2009.10.29 [Thu] 22:39


暗記と理解が同時にできる一石二鳥の文章暗記法Ver2 奥田俊雄とは

国家資格を持ちたいと勉強するも、条文などの複雑な文章
が壁となり、理解、記憶が一向に進まない。


こんな経験ありませんか?


世の中には様々な暗記法、記憶法がありますが、文章記憶に
対応している暗記法、記憶法はほとんどありません。


資格試験に欠かせない文章記憶に最適な記憶法
「暗記と理解が同時にできる一石二鳥の文章暗記法Ver2 」
を知りたくありませんか?


⇒詳細はコチラ



・論証が覚えられませんでしたがこの方法を知ってびっくり。
これはスゴイ!今までなかなか明らかにされなかった文章暗記法だ!
(旧司法試験受験生)


・効果的なアウトプット法です。今まで試した勉強法の中で「文章
暗記法」に勝るものはありませんでした。
(公認会計士試験受験生)


・条文を文の頭から単純に覚えようとしていたのでうまくいきませ
でしたが、動詞を中心に頭に残す方法を教えていただきすっきりと
せいりできました。
(公認会計士試験受験生)


・「文章暗記法」の●●に注目して覚えるという発想はありません
でした。遠回りのように思える理解しながら記憶するという方法は
非常識のようで、実に合理的な記憶法です。
(新司法試験受験生)


・今までは気合いで丸暗記していましたが、理解しながら記憶する
この「文章暗記法」を知り、目からうろこが落ちました。
(公認会計士受験生)


・基準の暗記や会計学、民法の定義・論証をおぼえるのに非常に時間
がかかっていましたが、この「文章暗記法」を試してみるとスイスイ
覚えることができます。
(不動産鑑定士受験生)


・条文を覚えることは時間的にも精神的にも非常に無駄な勉強だと
思います。「文章暗記法」により、理解と暗記が両立できそうです。
(弁理士試験受験生)


・条文を2倍の早さで記憶できていることを実感しています。
(宅地建物取引主任)




「文章暗記法」の記憶法は2つのことをやるだけ。

その2つとは

記憶する文章を整理し短文化、そしてそれを記憶する。
これだけです。

文章の内容を理解していないで、頭から覚えようとするから
頭に入らないし、失敗したり途中で挫折したりするのです。


「文章暗記法」その文章の内容を記憶しやすいように整理し、
短文化する方法と、それの記憶方法について解説しています。


文章を整理する作業で、内容を理解するのです。


内容が理解できていれば、記憶することは簡単ですが、
その記憶の仕方にもスルスル覚えやすいやり方が
あるというわけです。


その方法を知りたくありませんか?


今なら全額返金保証に下記の特典付きです。

1.メールサポート3か月間回数無制限

2.実践法レポート(PDF)

3.スピーチ実践法レポート(PDF)



従ってあなたになんのリスクもありません。


資格試験にどんどん挑戦しましょう!!


⇒詳細はコチラ


このブログは奥田俊雄さんの「暗記と理解が同時にできる一石二鳥の文章暗記法Ver2」の口コミ 感想 レビューなどの情報を公開しているブログです。