メタボの判断基準

April 27 [Wed], 2011, 11:35
メタボの判断基準でさらには、中性脂肪値150mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/デシリットル未満のどちらか、または両方。血圧で収縮期血圧が130mmHg以上、拡張期血圧が85水銀柱ミリメートル以上。

そして、お腹が減っている時の血糖値が110mg/dl以上であること。これらの事が日本のメタボの基準として、メタボリックシンドローム判断基準検討委員会でさだめられているようです。

メタボリックシンドロームの基準

April 26 [Tue], 2011, 11:34
メタボリックシンドロームかそうでないかの診断基準として一番大切になってくるのは、ウェストのサイズと言われています。

男性の場合で85センチ以上、女性の場合で90センチ以上がメタボと診断されるのです。

あなたのウエストは大丈夫ですか?

もし、メタボなら予防や対策を行っていきましょう。

メタボ状態になってしまうと

April 24 [Sun], 2011, 10:55
メタボ状態であると、血圧や血糖値、血液中の脂肪が標準よりも少し高いだけで、動脈硬化が急速に進んでしまう可能性があります。

それに、内臓脂肪が蓄積されいると、心臓病や脳卒中、ガン等の病気にかかるリスクが高まってしまいます。

メタボのイメージはかわいいポッチャリお腹をイメージしがちですが、非常に危険な状態だとお分かりいただけたと思います。

メタボは危険?

April 23 [Sat], 2011, 10:31
カワイイ名前とは裏腹にメタボ体型の人は、今は健康でも将来的に何らかの病気に掛かる可能性がとても高い極めて危険な状態だと知っていますか。

メタボリックシンドロームとは、必要よりもためられた内臓脂肪による肥満が関係しています。

・高血圧
・高血糖
・高脂血症

のうち、二つ以上が当てはまる状態をいうのです。

メタボになってしまうといろいろな病気や症状が心配になってきます。

メタボリックシンドロームとは?

April 22 [Fri], 2011, 22:27
最近、よくきくことが多くなった「内臓脂肪症候群」と言う言葉ですが、どのような状態のことを指すのか知っているでしょうか?

通称「メタボ」と呼ばれ、ぽこっとしたお腹がなんとなくキュートで愛らしいイメージ。

そんなメタボは、メタボリックシンドロームとも言われています。

ただ、メタボになってしまうといろいろとやっかいな問題が浮上してきます。

その内容を次回よりお伝えします。