マニパニとディレクション比較 

January 23 [Fri], 2015, 23:51
ブログがあるのに全く活用できてない。そんな現状を打破すべく。
今回はちょっぴり役に立つ?ネタで書いていきます。

私は趣味で黒髪ロングヘアの中に四本ほど赤メッシュを混入させているんですが、赤に染める際につかった

マニックパニック」と「ディレクションカラー」の紹介と比較をしていきたいと思っとります。


まずマニパニ。



凶悪な見た目(笑)

これは言わずと知れた派手髪さん御用達のカラー剤ですね。結構有名みたいで、派手髪に縁のなさそうなお友達の口からもマニパニに関しては聞いたことがあってびっくりした記憶があります。

私も写真の色味と同じ、「ヴァンパイアレッド」を購入。素敵な深い赤です。二回ほど使用しました。使用感の感想に関しましては後ほど・・・・


マニパニのカラーラインナップはこちら↓

http://www.manicpanic.jp/products.html

うーん、豊富。




続いて「ディレクションカラー」。こちらはちょっぴりマイナーかな?という感じですね・・・。




うむ。←
こちらね、瓶が小さいんです。(笑)
こちらは写真と同じカラー「ルビン」を購入。一瓶使い切りました!

メッシュ四本の私の場合、二、三週間に一回のペースで染めてだいたい半年くらい持ちました。
これが多いのか少ないのかはわかりませんが、、使っていて地味に半年も持ったので量に関しては見た目ほど気にならないです(笑)


「ルビン」に関しては・・・ダークレッドなのかなと思い購入するも、かなり深めの赤紫でした(笑)

色が抜けてくると紫っぽさが徐々にわかってきます。
これはこれで好きな色でしたが、ダークレッドと思って購入すると若干落とし穴かもしれません・・・・・

そんなディレクションカラーのカラーラインナップはこちら↓




こちらもなかなか豊富。
ただ、やっぱり赤系統の色味の差がほんとにわかりづらいので、ぜひご検討される方はサンプルの置いてあるお店で見たほうが良いです絶対に。

サンプルがあっても若干色味間違えたもん私←




で、気になる両方の使用感です。



まずマニパニ。


発色最高!!!!!!!!まさに理想の色に染まる!!!!!!



一日目はね(笑)



これ、ほんとに初日の発色最高に美しいんですが、色がおちるスピードがめちゃめちゃ速い。

で、色落ちのスピードがはやいってことは・・・・・もうわかりますよね・・・・・



お風呂場が地獄


一人暮らしの方はいいでしょう。実家暮らし、寮生活、シェアハウスの方は本当に気を付けてください・・

とにかくシャワーの際の水が鮮やか^^

とくに私はヴァンパイアレッドだったのでほんとに

誰か死んだよねここで!!!?????みたいな状態になりました。

まあ、色水が発生してなにかしらに付着してもすぐ、、ほんとにすぐササッとシャワーで流しちゃえば問題ないんですが、まあ色が色ですしね・・・心臓に悪いです。

あとバスタオルがもれなく綺麗に染まります^^
洗濯すれば改善されますが、やっぱりところどころ鮮やかなバスタオルってやっぱり心臓に悪いです←


で、お風呂場の件は置いておいて、日常生活における色持ちに関してですが、初日、二日くらいは風呂場を地獄にしながらもなっかなかに美しい発色を保ってくれたのですが、

一週間するとアレレレレ・・・・・^^  ってくらい抜けますね。


風呂場が地獄になるのと、色味の抜けが速いのでこちらは

・頻繁に染め直したくない方

・お風呂場を汚して怒られたくない方

・バスタオルを汚して怒られたくない方



にはおすすめできないかもしれません。学生さんもちょっと辛いかもしれないですね・・・。

とくにお風呂場。メッシュでもかなりの地獄絵図だったので全部髪の毛に色入れたら・・・((震え))

とまあこんな感じ。
逆に!

・とにかく発色は鮮やかなのがいい!

・色を試してみたい

・イベントや写真撮影などの直前にがっつり色を入れたい!


といった方にはいい商品です☆

テクスチャはさらさらしていて、塗りやすいです。くしで梳かして伸ばし伸ばし使ったら結構長いこと持つかもしれません。

ただ・・・

テクスチャがさらさらな分若干飛び散りやすいです。染める際には充分に気を付けてください!


マニパニに関しましてこんな感じですかね・・・。




次にディレクションカラー。


こちらは発色に関して言えば、まあまあ。
「ルビン」を使った際に私自身が感じたのは、思ったほど深みは出なかったな・・・という感じです。

もちろん、色がくすんでるとかそういう意味ではありません。微妙な色合いの染料で染められる方は、もしかしたら思うような色とは少し異なった仕上がりとなる可能性が・・という感じです。

ダークな仕上がりを期待して染めたはいいものの、予想より色がはっきり・・・
そしてダークレッドを期待するも・・・・・見事な柴漬け色に・・・・

というのが私の経験です^^

色の仕上がり、染まった状態自体はとても美しいです。

お店でよくサンプルを確認し、しっかりブリーチをしたうえで購入しましょう(反省)




こちらのいいところは「色の抜ける速度が穏やか。」



そして風呂場がそこまで地獄にならない

こちらは、染めてお湯で初めて流した際、元の染料が濃い紫だったのに対して出た水の色はピンクでした。

もちろんこのピンクの水も付着したまま放置するとピンクのシミになりますけど、赤とか紫よりはましでしょう(断言)

色水がピンクなのでバスタオルもピンクになります^^
真っ赤よりは・・・・・マシですよね。

あとこれはお洗濯でまったく気にならないレベルまで落ちます。

お風呂で出る色水は三、四日もすればまったく気にならないレベルにまで落ち着きます。

旅行なんかに行かれる際、染めなおしたいという場合は、
出発の三、四日前に染められるのが良いかもしれないです。宿泊先のお風呂を汚しません。


日常生活においての色落ちは、変化があまり気にならないような感じでゆっく〜り色が変わっていきます。

二週間ぐらい経ってふと「あ、色抜けてるわ・・・。染めなおそう・・。」という感じ。

ごっそり色落ちしてウワアアアアアアア/(^p^)\


って感じではないので、色落ちの過程が楽しめてなかなかいいです!
この穏やかな色落ちの仕方が気に入っていたのでこちらは一瓶使い切れました(笑)


こちらの商品は

・お風呂場の地獄は控えめがいい

・色落ちの過程も楽しみたい

・発色はそこそこでもまあ大丈夫

・染め直しをあまり気にしたくない

ってな方にはおすすめです。


学生さん、派手髪初心者さんなんかはこちらのほうが向いているかもしれないですね。


こちらはテクスチャがマニパニよりは固めですが、普通に綺麗に伸びますし塗りやすいです。
飛び散りもあまりしないので助かります。


ただ見ての通り瓶が小さいので頭全部染める方なんかにはちょっとコスパが悪いかもしれません。





とまあこんな感じです。私自身の写真が全くないのが申し訳ないんですが、メッシュ生活半年以上経ったのでこのようにまとめてみました。





派手な髪色に染めている方ってまだまだマイノリティーですし、たまに誤解されたりもします(笑)

でもやっぱり好きな色と常に一緒に生活するのって楽しいものです。

一度はまってしまうと、二週間に一回ペースで染め直す面倒さよりも髪色への愛着が勝ちます♡

少なくとも私は余裕でした♡←



インサイドのメッシュでしたらプリンも目立たないですし、三つ編みを頑張ればアルバイトがある方でも隠せますので、おもしろい髪色気になる・・と少しでも思われたらぜひぜひ挑戦してみてください!




この記事が自宅で派手髪染められる方の参考になりましたら幸いです。


以上、マニパニとディレクションの比較でした!


次はカラーバターを使ってみる予定なので、しばらくして具合がわかったらまた記事にするかもしれません。

ではまた(^ω^)ノ





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mayuko
読者になる
ゴシックなものとパンクなものとアングラ気味なものに興味をしめしつつ、ヴァンパイア萌えとロン毛萌え、大正浪漫に弱い生き物。

暗めの色と赤いモチーフが大好物。

趣味は歌唱とおしゃれとネットサーフィン

憧れる女性は
Dita von teese
Katie jane garside
Hayley Williams
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる