ホストデビューのお話@ 

2005年05月30日(月) 22時44分
今テレビでホストについてやってるので1年前を思い出した。

それは私のホストデビューの思い出

お客さんとして行っただけだけど。
ちなみに行ったのはあれが最初で最後。
多分もう一生行かない。

行くきっかけとなったのが、友達との普段の会話から。
一生で1回でいいからホストクラブ行ってみたいよね
「うん、どんなもんか1かいでいいから体験したいよね
「でもさー、行くなら若いうちに行きたいよね
「うん、おばさんになっても意味ないししゃれにならないよね。お金とられるだけだし。でもうちらの年ならお金なくてもいけるんじゃない?
「じゃあ行こうよ!

そんな会話から女2人でホストクラブに行くことが決まった。
(ちなみに普段そんな遊ぶたちじゃないです。クラブとか行ったことないし。でもこれも1回は行きたいと計画中)

そして友人と私は夜の新宿の街を歩くことになった。
そういう情報誌を取ってみて、安い店を探した。
そして歩き回って探した結果、初回1時間3000円の店を探し出した。
「3000円ならいいよね。1時間だし」
そうやって話してたら店の人が声をかけてきたので入ることに。

その店は地下にあって、階段を下りるときはどきどきした。

そしてついに中へ。
おぉ〜
テレビで見た、イメージどおりの映像がそこにはあった。
「きらきらしてるねー
と、友達と2人でさわぎまくった。

続く

12年後 

2005年05月30日(月) 22時16分
愛読している女性雑誌に就活特集が。
そういえばその雑誌に読者何とかで登録してるんだけど電話がきてた。
留守電に「就活についてお聞きしたい」とかあったけど忙しくて電話しなおす時間なかった。
このことだったのかな〜

働き方での差とか載ってて参考になった。
正社員・派遣社員・フリーターとか載ってたけど、今は就職するなら正社員しか考えられないな。
学校の就職課では派遣は利用されるだけだからやめとけって言ってた。
でも学校の就職課って頼りにならないんだけど。

そこで33才の就職ってのをやってたけど、33才では厳しいらしい。
でも確かにこんなにたくさんの企業に応募できるのは今だけだし。
年取るの怖いな。特に何にもしないではとりたくない
結婚が最後の砦とかだと結婚生活もうまくいかなそうな気がするし。

変わった説明会 

2005年05月30日(月) 19時24分
に行ってきた。
説明会なのかな〜

なぜか定員1人というもの。
つまり1対1.

なんかいいかな じっくり聞けそうだし
と軽い気持ちで行ってきたけど甘かった
かなりのダメージうぅ
でもなめてた自分が悪かった

最初の頃は説明会とかでもHP見たり多少研究していってたけどなれてくると「今日って何の業界だっけ?」ってことも当たり前になってた

そんな流れの中の1対1セミナー
怒られました
一応昨日HPとか見てたんだけど「自分が入りたい企業なら調べるのは当然でしょ」と。
しかも面接の雰囲気。
時間は1時間だけど始まってすぐに帰りたいと思った。
多分あっちもこいつとは話すことないとおもっただろうけど

そんなこんなで話も進まず。
会社の雰囲気はおしゃれでよかったけど入ることはないんだろうなと確信しました

そして面接官いや、社員の人(?)に「あなたがわからない」「つかめない人間だ」
といわれ・・・

自分でも自分がわかりません

とりあえず明日あさっては志望企業の最終に近い選考なので早めに寝ようっと

FOMAって・・・ 

2005年05月30日(月) 19時13分
就活終了した彼氏が携帯を買い換えた
ずるい!ていうかうらやましい

でもまああっちのは半分とれかかってたから仕方ないけど
それでFOMAにしてた
わたしもしたいよ〜
でこメールとかテレビ電話とかしたい
とりあえず就職とか決まってからだけど・・・
かっこいいデザインで、動画も長い!!

でも一つ問題点が・・・。それは、地方では電波が届かないかもしれないということ。
まだFOMAは地域が狭いらしい。
それで彼の実家は田舎で家も田舎にあるので、実家に帰ったら連絡とれなくなるかもと。
許さん

トリダヨリ出た 

2005年05月30日(月) 19時07分
リラックマの絵本第3弾
もちろんすぐ買っちゃった

かわいぃぃぃ

適職占い 

2005年05月29日(日) 17時11分
もうひとつみつけたのでやってみました
適正・適職診断http://www.haken.co.jp/haken/profiling.html
90題の質問に答えると適正や性格が表示されるというもの。なかなかおもしろかったです

あなたがご回答なさった際に強く顕れた一面は・・・
『夢見る』『平和を求める』
気質です。これはあたってるかも。ぼーっとしてるってよく言われるし空想(妄想?)大好きなので

良い精神状態の時
心温かい・思いやりがある・表現力が豊か・独創的
愛想がいい・心が広い・辛抱強い・偏見がない

悪い精神状態の時
意気消沈する・自意識過剰・片意地・気まぐれ
無頓着・片意地・無神経・攻撃的・弱気

性格
豊かな感性を持つ芸術家タイプ。音楽や芸術を愛し、エスプリに富んでいる。深い情愛で他人と接し、心温まる関係をつくることができる。
調和と平和を愛する平和主義タイプ。広く寛大な心を持ち、誰とでも親しく接することができる。他人を批判したりすることは無く、周囲に安らぎを与える。

注意
自分が周囲に理解されないと、自分を悲劇の主人公に仕立てて無気力で退廃的になり、殻に閉じこもってしまう場合もある。人からよく指摘されます
摩擦や葛藤をさけ、面倒なことからできるだけ逃げようとする傾向がある。常に受け身で、自発性や決断力に欠ける。他人の評価が気になる。

仕事
自分の独創的な探求を支えるために、芸術や言語を手段とする音楽家、小説家、ジャーナリストなどの仕事に向いています。
人の話を聞き、客観的に判断する仕事、アドバイザー、調停者、外交官、公務員などが向いています。
たしかに言葉は好き。でも音楽とかは才能ないかな〜
アドバイザーとかカウンセラーは現在興味あります。


いかがでしたか?
己を知ることが、困難に立ち向かい、道を切り開くための第一歩とも申します。
この結果は必ずしもあなたのすべてではございませんが、あなた自身がお選びになった一つの方向でもあります。
これを機に、少々違う世界を覗いてみてはいかがでしょうか・・・。


ということでした。違う世界ってなんだろう。
確かに全体的に当たってた気はしました。けどこういうのは誰にでも当てはまるのかなとも思ったり。。
でも参考にはしてみたいと思います。

占い 

2005年05月29日(日) 15時18分
遊びでちょっと占いをしてみました。
ちなみに私は基本的に占いは好きです
でもあんまり星占いは(朝の番組でやってるやつとか)は好きではないです。
しかも占いを信じてるかといったら?です。
企業のやる適性検査もあんまり信じてないほうです。

でもちょっと占いに頼りたいと思うこともあるかも。
ページ開いたら答えがあるって本はたまに参考程度に開くことはある。

この間も新宿を歩いてたら駅前に占い師さんたちがずらーっと並んでいて何人かが相談してました。中にはリクルート姿の人もいてちょっと気持ちわかるって感じだった。
でも、何を言われるかこわくて占ってもらう勇気はないけど

キャラミル研究所 http://www.charamil.com/
私の結果は・・・スロウ

主な特徴は

正直で隠し事がなく、とっつきやすい印象のヒトです。
うわべだけの会話、社交辞令がきらいで
おべんちゃらは言いません。

自分では口下手と思っているフシがあり、
パーティや大人数が集まる社交の場は
どうも居心地が悪く感じるようです。

逆に少人数でいるときは語らうことを好みます。
特に二人きりになると、普段は重い口も開き
つい「語ってしまう」クセがあるようです。
むしろ語りたい、いや語らせて。ってかんじ。

しかし、言いたいことがあればあるほど
なかなか話がまとまらなかったりして。
「うーんいいや。うまく言えない」
と諦めてしまったりします。

徐々に交流を深めて初めて理解できる
するめ系のコミュニケーションタイプです。

ということです。これはあたってるかな〜
内弁慶だとよく言われるので。
もっと社交的になりたいと思う今日この頃

大都会新宿での、ありえない話C 

2005年05月29日(日) 3時32分
そして最後に
「もういいですか?」といってきた。
私はこの警察が電話している間もずっと泣きながら待たされたのにまるで私がじゃまものみたいな言い方・・・。
男「その露出狂にあった道を通るんですか?」
とんでもないと思い首を振った
男「だよね、そんなとこ通りたくないよね」
と笑った。
そのばかにしたような笑いは忘れられない。

その後彼氏から着いたよと電話があった。
会ってから泣いてる私にちょっと驚いたみたいだったがいつも以上に優しく接してくれた。
彼がいてくれて本当に良かったと思った。
その全部について話すと
「お前は世間についてわかってないよ、警察なんてそんなもんで正義の味方なんかじゃないんだよ。」
といった。
そして「やなことあったけどこれでお前もひとつ勉強できたね〜」
といっていつものように私のあたまをなでた。
泣いてたけどいつものように笑えた。

大都会新宿での、ありえない話B 

2005年05月29日(日) 3時09分
警察署に入るのはちょっと勇気がいった。
もちろん入るのは初めて。
2階が受付のようなので勇気を出して上って行った。

これから書く警察署でのことは思い出すと悲しくなるのであんまり思い出したくない
受付には30〜40代の男の人がいた。なぜか私服だった。
あ〜思い出したくない。以下、警察官らしき人は男で

男「どうしました」
私「あの・・・さっき露出狂がいたんです」
男 しばらくだまってこっちを不思議そうに見つめる
 「・・・で?」
私「え?」
びっくりした。警察と関わったのは今回がほぼ初めて。私のイメージだと警察は市民とか国民を守る正義の味方という職業だった。

しばらく沈黙・・・
男「それで何なんですか?」
私「だから・・・その・・・」
私は露出狂にあったことより、その警察の対応がショックで泣き出してしまった。
男「それ、いつ?
私「15分か・・・20分くらい」
男「で、連絡はしたの?」
私「今・・・」
男「じゃなくて携帯とかで110番。110番すれば場を割り出していくこともできるけど、連絡もしない上にもう20分くらい前なんでしょ?犯人いないでしょ」
私「はい」(何なのこの人。ほんとに警察?それとも警察ってこういうものなの?)

そのあと、とりあえずっていう感じで場所とかその男の特徴をきいてくる。
調査してる感じだが犯人の靴下の色とかきいてきて意味がわからない。
変なもの見せ付けてきてただでさえ見ないようにするのに靴下なんてみるわけないじゃん!

話している間も私は泣き続けている。
そのうち電話がかかってくる。その場の中にたくさんの人がいるのにその警察が電話を取って話し始めた。
もう本当に帰りたかった。
電話を切って再開するもまた電話がなると取ってずっと話し続ける。
(人をなんだと思ってるの?)
ちなみにそこにはその男以外にたくさん人がいるのに気にすることもなく笑ったり話したりしている。何かおかしいと思った。「警察は信用できない!」っていう人が気持ちがわかった気がした。

つづく



大都会新宿での、ありえない話A 

2005年05月29日(日) 2時54分
とにかく、私と同じ目にあう女の子が出てほしくないと思った。
すぐ警察に行こうと思ったが近くの交番がわからない。
とりあえず、彼氏の顔が浮かんだので、電話することにした。
実は彼とは前の日電話でケンカをしていて私が一方的に電話をきってしまっていたのでちょっと迷ったがほかには考えられなくてとりあえず電話した。

どうしたの?といわれたので、新宿にある交番についてきいた。
さらにどうしたのと聞かれたので「痴漢にあった」と言ったらかなり驚いていたので、とりあえず露出狂を見ただけだといった。それですぐ新宿に行くといってくれた。交番はわからないということなので、とりあえず新宿の警察署に行くことにした。

つづく



2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■プロフィール■
チャーミー・・・現在東京の大学に通う文系の女子大生
内定1社(就活は変わらず継続)
好きなもの メロンパン、リラックマ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:melmelmel
読者になる
Yapme!一覧
読者になる