プロセラピスト向け講座『ボディワークのエッセンスと、ダイナミックタイマッサージ in 名古屋』 (9/3-4)

2015年08月12日(水) 14時31分
いやいやーあまりに盛りだくさんの日本ツアーだったので、詳細を全然あげられてなかったのですが、5月に富士山の麓で開催された、タイマッサージセラピストの合宿で、講師を勤めさせていただきました。

なんと、こんな景色の中で、



腰痛へのクリニカルなアプローチ(マティ)の講座と、ダイナミックタイマッサージを紹介する講座(私)

日本のタイマッサージ業界にあまり馴染みがなかったのでドキドキでしたが、なんと満員御礼

短い時間の中で、私がダイナミックタイマッサージにどう感動していて、ボディーワークをどう捉えているかというのを、手技も交えながらお伝えしました。

とってもありがたいことに、本当に沢山の方に共鳴していただくことができたのでした




そして、7月に企画していた講座 『ボディワークのエッセンスとダイナミックタイマッサージ in 愛知』も、その場で満員御礼

この講座は、春に来日した大先生のDavid Luttのアシスタントをしている時に私が感じた、「こういうエッセンスを皆さんにお伝えできれば、いつかDavid本人が再来日した時にもっと高い質を受け取ってもらえるはず」という感覚を形にしたもの。

ただ手技を見せるのではなく、触れ方一つで相手へ伝わるものがどれぐらい変わるのか、力の圧と重力の圧はどう違うのか、「感じる」ことなくできない手技の、その『感じる」とはどういうポイントか・・・などなど、精神性から解剖学まで、ちょっとずつ色々紹介する感じ。

その上で初めて、3月にDAVIDを呼んだことでやっと日本に上陸した『ダイナミックタイマッサージ』を体験していただくというものでした



ここでもまた沢山の方に共感していただくことができ、そのまま神戸、名古屋講座へとつながっていきました。

さらに!
参加してくださった方達からのリクエストにより、11月4-6日は、その続編も開催します。
いやホントありがたいです




さて、今回は9月の名古屋講座のご紹介です

しばらく宮古島に帰ってのんびり暮らすぞーと思ってた私たちですが、とてもありがたーいラブコールをいただきまして、またまた名古屋に飛ぶことにしました

お声をかけてくださったのは、名古屋の老舗タイマッサージ店、『沙羅』のオーナー谷口篤子さん。

私のダイナミックタイマッサージのビデオを見て、これだ!と思ってくださったらしいのですが、前回の愛知も神戸もキャンセル待ちだったということで・・・なんとお店をクローズして会場にに使わせて下さると

すごい熱意で、やりたいと思ったら実現!という彼女のスタイル、たましい喜んでますねー
大好きです。
こういう方。

みんなのお母さん(お姉さん)みたいな感じに、スタッフやお客様や、色んな方を気遣いながら大きな包容力で包み込むような、愛のある方
若僧の私(笑)にも、とても敬意を払ってくださって、なんとも頭が下がります。

こういうご縁に恵まれて、講座ができることを、とても嬉しく思っています。

その画像はコチラです。
(自分では動きが固くてヤダナーって思ってたから、今まで必要最小限しか露出してなかったんですが。ついにブログに載せてみます)


『ボディワークのエッセンスと、ダイナミックタイマッサージ in 名古屋』

タイマッサージセラピストとしての質を上げたい方、押すだけじゃない、のばすだけじゃない、タイマッサージのさらなる可能性に触れたい方、私たちに会いたい方も!
是非是非ご参加下さい



詳細は、コチラです。


ヒプノセラピスト養成講座 in 宮古島 (11月14-16日)

2015年08月10日(月) 18時12分
先日訪れた北海道で、宮古島の古い友人、三浦美穂さんのヒーリングルームPANARINAを訪れました。

久しぶりに出会った美穂さんは、なんだか今まで以上に自信に満ちて、キラキラ
今はアロマヒーリングや、ヒプノセラピーなどのワークやスクールをしながら活き活きと活躍されている様子でした。
なんだかーすごく素敵なの

胎児の記憶の話から、生まれる前の私たちがどういう意思を持っているか・・・そういうことを忘れて生まれてきている私たちに、今どんな気づきが助けになっているのか・・・などなど、興味の沸く話題満載

美穂さんはそもそも、精神医学のソーシャルワーカーをしていましたが、ご自身が自律神経失調症から難治性うつ病と診断されるにいたり、長く入院されていたこともあったそうです。
12年前、その療養でやってきた宮古島で海に出会い、色んなことに癒されながら、精神医学とヒーリングの勉強を地道に続けて、今はヒーラーとしてそして講師としてご自身の経験を生かされています。

いやホント美穂さんのストーリーは聞いてて面白い(本人は相当大変だったと思いますが・・・)。
ご本人が色んなことを受け止めて、消化しているからこそ語れるストーリーだと思います。

そんな美穂さんだからこそ、久しぶりに出会った私が感じたキラキラは、本物だなーって思った!



なんやかんやと積もるお話を色々して、温泉行って、一晩泊まって目が覚めた翌朝・・・
ヒラメキがキラーンと下りてきた

私もヒプノセラピーを習ってみよう
なんだかスイッチが入ったように強くそう思ったのでした。

部分だけじゃない私たちの身体の神秘、身体だけじゃない私たちの存在の神秘に魅せられている私。
ヒプノは今まで受けたことはあっても、学んでみたいと思ったことはなかったのに・・・
今だ!って気がしたので、こーゆーときはそっちへ行くのが喜び

美穂さんがちょうど秋に宮古に来るというので、タイミングもばっちり!!!
あーうまくできてるなー


ということで、宮古島・海の見える古民家サロンアジアンヒーリングShantiに、美穂さんをお招きして定員4名の講座を開催することにしました

宮古にお住まいの方は、超ラッキー
島外から来られる方は、こんなにまったりした空間でヒプノワールドを体感できるまたとないチャンスです


では、情報です



<PANARINAヒプノセラピスト養成講座>




ヒプノセラピーは古代エジプトやギリシャ時代にその起源を持つ、変わることなく受け継がれている、歴史深いセラピー(催眠療法)です。

1959年にミルトン・エリクソンの功績により、アメリカ医学会で催眠療法が認められ、その後も有効な治療とされています。

ヒプノセラピーでは潜在意識に焦点を当てて自らの心を深く解放していきます。

自分の中の本当の自分(内なる自分)の思いに触れ、自分自身の生まれてきた意味や使命を思い出し・・・深い癒しと愛を感じ、本来の自分自身の人生の目的を思い出すプロセスです。

PANARINAの養成講座では

まず自分自身がヒプノセラピーを体験しながら 歴史や基本を学び、ヒプノセラピーを安全に行えるように学んでいきます。

ヒプノセラピーを更に深く学び、セラピストとして仕事や人生により生かして行くための、カウンセリングマインドの知識やヒーリングの方法を学び身に付け、チャネリングの仕組みも学びます。

ベーシックコースを終了後、アドバンスコースを受講することができます。


ヒプノセラピスト養成講座ベーシックコースの内容


<ヒプノセラピーとは>


・催眠の歴史と流れ

・意識について

 フロイト、ユング

 意識、顕在意識、潜在意識、集合意識、集合無意識

・心のしくみ(なぜ心は傷つくのか)

・癒しはどのように起きるのか

<ヒーリングの基本>

・グラウンディングとはなにか、どのようにするのか

・バウンダリーとはなにか、どのようにするのか

<ヒプノセラピーの実際>

・前世療法

  前世から繋ぐとはどういうことか?前世からの才能を引き継ぐ。

  ソウルメイトに出会う、癒す必要のある前世を癒す

  自分の魂のしくみを知る。天界の存在を感じ取る

・ハイヤーセルフ

  本当の自分との再統合、愛を感じつくす体験  

・インナーチャイルド

  自分の中の癒されてない子供の部分を癒し尽くす

・胎内期・幼児期退行

 自分自身がなぜこの人生を選んだのか思い出して行きます

 また、バーストラウマなどを癒します

・その他

 ヒーリングガイド、マスター

 *それぞれの場面での癒しや解放の方法を体験していきます!

<ヒプノセラピーに必要なカウンセリング技法>


・感覚チャネルに関して

・リラクゼーション誘導

・傾聴とは

・セラピストとしてのマインド

<その他>

・グラウンディング、バウンダリー誘導(毎回)

・アロマエッセンシャルオイルを用いたアロマヒプノセラピー

講座の中で、実際にヒプノセラピーを体験しながら(講座期間で最低4回以上のヒプノセラピーを体験します)、自分自身の深い癒しや・・意識のしくみに関しての深い理解が得られるよう、体験しながら覚えて行くスタイルです


ヒプノセラピスト養成講座ベーシック

期間 :  2015年11月14日(土)〜16日(月)

時 間  :  9:30〜16:30 全18時間

受講料 :  6万5千円(分割払い可能)

          ・再受講は1日1.000円です(2名まで参加可)

定員 : 4名

場所 : タイマッサージ&YOGA アジアンヒーリングShanti
(海の見える古民家です。遠方からお越しの方は、宿泊もOK!)


講師 : 三浦美穂 (美穂さんのストーリーとプロフィールはコチラを、是非ご覧下さい)






自分自身の深い癒しや、意識のしくみに関しての深い理解が得られるよう、講座の中で実際にヒプノセラピーを体験しながら覚えて行くスタイルです(最低4回以上のセッションが含まれます)。



お問合せ、お申し込みは、
moonyshanti@yahoo.co.jp
090-4248-4267
または
Facebook で ミワチハル まで!!!


私たちという存在への、Deep diving。
『ヒプノセラピスト養成講座 in 宮古』
お気軽にご連絡下さい。

年末年始・宮古島リトリートB

2014年02月09日(日) 22時05分
そんなこんなで日々は過ぎていきました。
同じ12日間なのに、ホント、前回とは起きる出来事も出る話題も、ぜんぜん違う。
不思議なようで、当たり前のようで・・・

だから、いつも準備はできない。
常にその場その場で、起きる出来事に任せるしかないのだ


私の方としては、普段はとあるキャラが降りてくる感じのチャネリング状態でやってることが多いのですが、今回はどういうわけか、人間らしい部分が結構表に出てやってた感じがしています。

人間の私は至らぬところだらけ。
だから時間が経って落ち着いてから振り返ってみれば、ああ、あんな風に言えば良かったのかも、なんてことが正直今回は結構ありました。

ところが、そんな時に、何人かの生徒さんから、ラブなメッセージがたまたま同時に届いたんです

だからやっぱり、OPKP(お空のプロデューサー完璧、の略)
おそらく今回はそういう感じが、メンバーにとって、私にとって、はたまた地球にとっていい流れだったんでしょう



雨の日や寒い日もあったけど、こんなきれいな夕日が見えたときは、みんなで海まで行きました。

色んな時があるけれど、明日になれば、陽はまた昇る。
それならちっぽけな自分の、ちっぽけなプライドや、恐怖心なんて、持ってるだけ損。

マインドの奴隷になって生きるのをやめれば、世界はこんなにも愛に満ち溢れている。


最終日、初めてのフルボディマッサージをするみんなは、とっても美しかった



そんなみんなを見ていたら、それぞれに伝えたいメッセージが、詩となってあふれて来ました。

それを改めて読み返してみると、全員に共通するメッセージだったりもする。
そう、私たちは、全員の一部でもあるのだ。



修了書用の封筒を買いに行ったマティがそのサイズは売ってなかったというから、じゃあ手作りして、絵でも描いて
と言ったら、最初は、絵なんか描けないよって言ってたのに、一枚書いたらノリノリで全員違うデザインをしてくれました。
(写真は翌日撮ったので全員分ないですけど)

ついでに私の分も。
日本にきて「相合傘」の話を聞いて、自分なりにイメージして描いてみたそうです。
二人とも、片側にいる(笑)

でもさ、こっちの方が断然いいよね!

固定概念から自由になって、どんどん、自分らしい絵を、自分が素敵だと思うイメージで描いて行ったら人生楽しい
自分を限定しているのは、他ならぬ、自分。
自分から自由になるのだ。



解散日にもみんなのおやつを作って駆けつけてくれた愛ちゃん、いつもそばに居てくれたにゃんこ、ありがとう


私たちは、こんなにも、愛に包まれている!

生まれたときからずっと。

辛かったときも、悲しかったときもずっと。

一人ぼっちだと思い込んでいたときも、ずっと。


だから勇気を出して。
恐怖心の奴隷にならないように。

気づくこと、気づいていることが大事。
他人や自分を責めるのをやめて、もがくのをやめて、妄想してないで、力を抜いて、今ここに在ること。

答えを今すぐ得ようとするのをやめれば、導きはいつだってどこにだってある。


そして、笑顔は沸くものなのだ



集まってくれたみんな、ありがとう!!

これからが、本番。
いってらっしゃ〜い


.

年末年始・宮古島リトリートA 

2014年02月09日(日) 19時49分
一晩寝たら、お正月

とはいえ、いつもと変わらぬサイレント、瞑想から始まりました。
天気が心配だったけど、何とか大丈夫だったので、歩いていける場所まで、朝のお散歩

その途中で、初日の出。
朝日のエネルギーを浴びながら、大きな大きなサイクルと、小さな日々のサイクルの中で生かされている私たち。
私たち自体がそのサイクルの一部であることを、みんなは感じたでしょうか?

息を吸う。
息を吐く。

すべては循環しながら形を変えている。



帰ったら、書初めYOGAをしました(笑)

自分が、その大きなサイクルの中、天と地の間で、どんな風でありたいか。
等身大の自分は、今、どんなことをすることができるか。
そんなことを各自、したためました。

恋愛関係のことを書きたい人は、まず上記のことを書いて、それに添う形で書くこと。
そう私が言うと、みんな、今まで色々おしゃべりしていたこととはまた一味違うことを書いていたようです

この書初めは、自分の思いをちゃんと意識化することにもつながるし、また、今の自分がどういう準備ができているかを、宇宙に宣言することにもつながったと思います


終わった人は、うちのお庭のお野菜を、各自丁寧に収穫しました。

食べるものがエネルギーを作る。
土も、素材も、収穫する人も、売る人も、料理をする人も、みんなからのエネルギーが自分を作る。

だから、丁寧に、愛を込めて、感謝してお野菜を大地からいただく。
みんなの思いが形となって、輪となって、ちゃんと循環するように



ハート型のラディッシュを発見


そして、カルマヨーガ

Shantiのお掃除を、丁寧に丁寧にやっていただきました。
それぞれ思いつくところを、自由に、心を込めて。

損得なしに、行為自体を純粋に。


ピッカピカになったShantiでは、自然にみんなの書初めシェアが始まりました。
みんなの書いた内容、それぞれ個性があって、とっても素敵でした


お昼は愛ちゃんの愛情たっぷり、お正月料理〜
たくさんの愛と命のお恵みが私たちを作っている、そして私たちは循環させます。
ありがとう、いただきます!



みんなが摘んだお野菜のラブサラダ〜



そして夕方、なんとみんなでカルタを作りました!
名づけて、気づきのカルタ

みんなで行を分担して、それぞれリトリートで学んだことなどを盛り込んで、言葉と絵を描きました。

夜、みんなにカードを配って、一人ずつ、読みました
絵のほうには文字を入れなかったので、どの絵がどの言葉に対応してるのかわからない時も(笑)!

私のお気に入りは、「もうそうは 百害あって 一利なし」!



みんなで大笑いしたお正月でした

(ちゃんとマッサージの練習も、してましたよ〜)



Bへ続く


.

年末年始・宮古島リトリート@

2014年02月02日(日) 23時28分
さてさて、だいぶタイムラグがありますが(汗)、ブログの方は屋久島を書き終えてようやく、年末年始の宮古島の話題へと移ります

気づきのリトリート、MEDITATIVE DANCE

今回は、11月の募集が定員に達したので、スケジュールの空いてる年末年始に、もう一回やってみようか?というノリで始まりました。
結果、11月とはまったく違う雰囲気のメンバーで、まったく違う雰囲気の内容に
恋バナ多かったな〜今回

生徒さんの一人は前回からのリピート参加だったのですが、雰囲気も私の話も、彼女の受け取り方も、前回とはまったく違ってた〜って。
やっぱり、参加者が違えば、出てくるものも違うんですね。


前回もお料理を担当してくれた、アイナチュレの愛ちゃんとは、最近ますます意気投合
今回もとってもキラキラなお料理をいっぱい作ってくれました〜



さて、リトリートの趣旨とか1日の流れみたいなものは、前回の報告に詳しく書きましたので、今回はそれとは違った部分だけ書きまーす



普段のレッスンと同じように、いつも、日々沸いてくるアイディアで作られていきます。
年末年始とはいえ、何も特別な準備はなし。
私も、何をするのがいいのか、直前まで分からないんですよね。
でも、出てくるものに任せると、結局うまくいくのだ


さて、最初の二日くらいは、みんななんだかちょっと緊張しているような・・・?

そんな雰囲気の中、参加前から前のりしてくれていてお先に知り合っていた、タオライアー奏者(セラピスト)の真由美さんに、夜のプログラム、シェアナイトをお願いしました。

ボンワリしちゃって写真取ってなかったんですけど、楽器自体はこういうやつ
(YOGAレッスンのコマで、私のアメイジングクリスタルボウル&シンギングボウルのコラボをやったときの写真)



真由美さんが、どんな思いを持って成長してきて、今に至るかという、プライベートなお話から始まりまったんですが、すでに自分と向き合う時間を長く持っている人の話は、誰にとっても参考になります
みんなからも質問や自分の話が出たりして、やっと空気が和んできました

そして、その後は真由美さんの演奏や、私たちも自分の音を出してみたりしました
最後に頭に載せて音を響かせてもらった後、私はその場でゴロっとなって、そのまま・・・・・



そんなこんなで2013年も終盤に近づいたリトリート期間中、30歳の受験であきらめていた医学部への合格知らせが届いた人が居たり、彼氏と別れることになった人が居たり、自分の恐怖心の裏に潜む傲慢さに気づく人が居たり・・・最後の最後まで変化を後押ししてもらっていた私たち。

毎日のシェアでは、それぞれが自然と、だんだん自分の話をするようになってきました。
自分のネガティブ話をしてたと思ったら、話のおしまいの方には、笑い話に変わっているときがあったり

ネガティブでもなんでもいい、そのまま出てくるに任せればそれでいい。
聞いているみんなも、ホント、全員の話がまるで自分の話のように聞こえて、誰もがじっと耳を澄ませていました




そんな私たちが、真の生き方を思い出していくためには、どんなものが自分を限定しているのか?
YOGAで言うと無知とか、光に対して闇とか、そういう言い方をする、いわば自分ひとりで生きているというような二元的な感覚。
初日からずっとテーマ別に観察してきたものは、それぞれどんな特徴があるか?

大晦日には、そんな部分に焦点をあててみたりするキャンドルワークをしました。

突然思いついたのでキャンドルの準備がなく、うちにいくつかあった、大きさもバラバラなストックのキャンドルを、皆さんにプレゼント。
誰がどれをもらうかクジで決めたら、なんと、それぞれぴったりな感じのキャンドルがあたったんですよ
さすが。



教えとはキャンドルの炎のように、そのままの形で受け継がれているもの・・・
初めてのインドで聞いた言葉を思い出しました。

そう、遠くあって徐々にたどり着くものではなくて、もうそこにあるものを見えなくしている、自分自身が作り出している闇に気づくこと。
それが「無知」である、ということに気づくこと。

二元から一元へ。
そんな話をしたんじゃないかと思います。

自分が自分を自由にすれば、私たちは無限の可能性を秘めている


チャンティングの一番始めに浮かんできた歌は、障害を取り除く神様、ガネーシャの歌でした。
ガネーシャのオラクルカードは、YES

みんなの声がだんだんひとつになっていくごとに、本当に闇なんてないんだと、確信が深まりました。


闇(無知)を照らすシンボルだったキャンドルの灯火を、心の中に写し取って、それでもついうっかり今までの癖が出てくる時には、いつでもキャンドルに灯を燈して思い出そうね、と話しつつ...2013年は過ぎていったのでした。


Aに続く

.

自然に圧倒されまくりの 屋久島講座B

2014年01月27日(月) 22時20分
屋久島と言えば、厳粛な森、美しい水

今回、突然入ったのでスケジュールギリギリだったけど、それでも車を貸していただいたり、ネイチャーツアーガイドをされている方が案内してくださったりして、雨、雹の降る中、屋久島の自然に少し、触れることができました。

それにしても、すごい。



美しいコケの森。



緑。



しかも、私たちの入れたエリアは、世界遺産の区域ですらないほんの入り口だということです。

屋久島・・・また行きたい。



それから、こんなステキな日も。
日中オフだったある日、生徒さんの家に遊びに向かうと、虹、虹、虹

走っている間に3回も虹を見たんです〜

それで喜んでいるうちに、あるメールに返信をしている最中に、
「それで、今日は3回も虹を見たんだよ
と打っている自分に気づきました。

ん?ちょっと待てよ。
今日はまだ終わってないのに、3回見たって過去形じゃない。
言葉で限定しちゃってる!

って気づいて、その部分を削除。
そしてふと顔をあげると・・・



本日4回目の虹〜

しかも最大級。
写真には撮りきれなかったんだけど、右手の方は崖から海に至るまでずーっと続いてる大きな大きな二重の虹でした

自分の限定を解除したとたん、これだ(笑)。
お空の方から、「これで良いよ、今いい感じだよ〜!」ってサインを出してもらった気がした

(ちなみにこの日は、屋久島の方のアメイジングクリスタルボウルのご縁組が確定して、私が替わりにお金を振り込みに行った日でもありました。)

そういえばこの年の誕生日って、人生最大級の虹に祝福されたんですよね。

お空のプロデューサーは、色んな形で色んなサインを送ってきそうだからな

ちなみにこの後さらにもう一回、山から海を見下ろした谷にかかる虹も見たんですよ〜
屋久島在住の人でも、ここまで沢山は見たことないって言ってました!


空にまで祝福されちゃったら、屋久島にはまた来るしかないよね〜
と、自分に都合の良い解釈をし、気分を良くしたのでした(笑)

本当に来て良かった。

今回案内してくださったのが、森のようなだんな様と虹のような奥さまのカップル
そして屋久島の水のような、主催者の方
また、本当にステキなみなさまの助けがあっての滞在でした。

屋久島のみなさま、屋久島の神様、お空のプロデューサーに感謝。

ありがとうございました



.

麻炭・アメイジングクリスタルボウルに導かれた 屋久島講座A

2014年01月22日(水) 20時42分
そして今回の大分・屋久島講座には、すごいサイドストーリ(ある意味メインストーリー)があったんです


まず、以前書いた経緯で、何でか分からないけど私(かマティ)がこのタイミングでこの場所に位置することが必要なんだな、と思い、
「参加者があなた一人でも、多少の赤字でも、とにかく行きます」と返事。

屋久島に呼んでく下さった方も、「何かに突き動かされたように電話したんです。」と。
ふーむ。


これが11月23日。



それとは別で・・・
11月30日、私が以前からFBの方ではだいぶ紹介している「麻炭」のお話体感会を手伝いに行きました。

※cosmic hemp(麻炭)は、簡単に言うと、古来から日本で伝統的な神事に使われて来た麻の原種の炭に、宮古島の太陽エネルギーとEM(有用微生物)を合わせたもので、その浄化・調和・喜びのエネルギーとして他に類を見ない波動が今、最も注目されているスーパーアイテム。友人が作っており、私も暮らしに取り入れています。※

そこで、最近生まれたという話題の、麻炭を溶かし込んだクリスタルボウルなるものを拝見。

経緯は、クリスタルボウルサウンドヒーラーのニコニコけいこさんが麻炭と出会い、ひらめきをもとに、アメリカのクリスタルトーン社の製作者に麻炭を送ったところ、袋を開けた瞬間「これはすごいバイブレーションだ。これは地球にとって必要な周波数だから、ぜひ奉仕で作らせて欲しい」と、おっしゃったそうです(すごい)
そして、チャネリングにより、33個作ると。


そしてそのうちの最初の作品、世界に3つしかない10インチが、作者と、けいこさん、麻炭の作者・宮古島の伊香賀さんのもとに届いたということ。

で・・・・・・初めて体感しました。



な・ん・だ・こ・りゃ・・・・

動けない。
気持ちが良すぎて動きたくない。。。
もう片づけが始まってみんなが椅子とか動かしてるけど、気持ち良いからこのままここで・・・。

そんな体験をしました。
私が何年もかけてつかんできた瞑想感覚を・・・1分で!?みたいな


そのあとで、値段も聞かずに言いました。

「これ、買います。」




と言ったものの、これから届くと言う7・8・9インチは、一体いつ来るのかも分からない。
私は1月頭からまたしばらく旅、いつ帰るかわからない。
でも、お金は払っておいて伊香賀さんちで使っててもらうことにしました。

自分が持てないのに買うの?って感じなんですけど(笑)、とにかく買う気がした、そしてそこに置いとけば必ずいい感じにみんなが共鳴して、それが未来に繋がる感じがしたのです

早速次の日、持ち運びに便利かな、と、一番小さな7インチを注文しました。


そして数日後、大分行き直前の12月4日。
超忙しいのに、なぜか、滅多に見ないFBを開いてしまった(笑)ら。。。
真っ先に飛び込んできたのがニコニコけいこさんの記事。

「8インチが日本に届きましたー
「そしてこの子達を、アメイジング クリスタルボウルと名付けましたー。」

なぬ?
8インチならもう受け取れるっってこと
しかもちょうど前日に、8インチもいいなあ、どうしよっかって話してた矢先。

もちろん即決
これだったら、大分で受け取れたら、最終日の瞑想WSでも使えるし、屋久島にも持っていける
まさにアメイジング



そして、早速問い合わせると、私が受けとる子がなんと世に出るボウルちゃんの第一号になるそうで、その一号は屋久島に届けたいという気がしている、とのお返事。

なんと。
これだったのか、屋久島。
運び屋だ


色んな音階があるなかで、よくわかんないけどFがいいような気がします。
と言ったら、
「Fはハートに関わる音、その癒しを屋久島に届けてくださいね
なるほどー、もしかして今、屋久島に必用な音階なのかな?とか思ったり。


そんなこんなで。
不思議な流れで決まった九州ツアー、ますます楽しみな気持ちが高まりました

そしてボウルちゃんは、スムーズどころか、とても親切にしていただいた形で、無事大分にて受け取ることができました(ありがとうございます)
ちなみに、受けとる二日前から受け取った二日目まで、軽い頭痛があって。。。気のせいかもしれないけど、新しい周波数を受け入れる調整が行われていたのかも。。。

また面白いことに、大分で唯一フル参加で毎日一緒にいた生徒さんが、たまたまクリスタルボウル奏者。
素人の私に色んな事を教えてくれました。

初めは不思議な感じで同じ部屋に存在しているような感じだったボウルちゃんとも、日がたつごとにだんだん打ち解けて、大分最終日の瞑想ワークショップでは相棒として活躍してくれました




そして、いよいよ屋久島上陸。
ついてすぐに向かったのが屋久神社。
屋久島の神様にご挨拶をして、そこで音も響かせていただいてみました
ボウルちゃん、連れてきたよ、これでいいのかなー?

そんな初日はなんやかんや時間押しぎみで始まって、ボウルちゃんのことは何の紹介もなしに、初めのチャンティングの後、静寂のなかで少し響かせただけでした。

でもなんと、初日終了後、麻炭の話をしていると、あのクリスタルボウルは麻炭なの?と声をかけて下さった方たちが居ました。
「今まで聞いたクリスタルボウルとは、脳に感じる波動が違った」など、チラッと響かせただけなのにビックリな感想が返ってきました

そしてなんとなんと、そのうちのお一人は、その場で購入決定
私の時と全く同じ、迷いなき決断でした。



その後、毎日の講座で、輪になるときはボウルちゃんも輪の一部。
初めのチャンティングの後の静寂の時間に、響いていました。

屋久島で出会った、ローズクオーターのボウルちゃん(ハワイのシャーマンから受け継いだという)との出会いがまた最高で、一緒に響いた瞬間笑いが込み上げる程のバイブレーション。
これまたとっても素敵な持ち主さんのご厚意により、後半はいつもこの子と一緒でした。

またまた面白いことに、一緒に音を出していると、最初は新人風だったアメイジングボウルちゃんが、なんとなくだんだん経験を積んでいる感じがしました。
いい先輩との出会いだったのかな

麻炭の体感会では、最後にみんなが作った麻炭サークルの中で演奏

私も即興で声のインプロビゼーション。



完全にスペースアウト


そして、最終日。
屋久島の方が注文したボウルちゃんが到着しました。

わーーーーーー。

この事を、麻炭の伊香賀さんに連絡したら、
「お役目ご苦労さま」って。

そっか。
麻、クリスタル、菌、と喜びのバイブレーションが融合しちゃった、いわば地球上の新しい生命体なこの子が、屋久島に一つ配属になったんだ。
しかも屋久島の里親となったその方は、なんでもみんなとシェアするような、とてもニュートラルで素敵な方

そういうことか

と、なんだか屋久島に来たことがやけに納得行く感じがして、とてもいい気分。


この日の講座は、最初のチャンティングからボウル演奏会になりました。
とくにこの日は、授業のはじめに繊細な感覚をシェアした日だったので、雰囲気もバッチリ。

またまたまた面白いことに、こうして新人ちゃんが入ってきたら、なんと今度は私のボウルちゃんが先輩のような音を出してるんですよ
やっぱりこの子達は生きてるんだ。
植物と、鉱物と、微生物の融合した生命体。。。楽しい

そして最後はクリスタルボウルでライブマッサージ
しかもこの日のテーマはフェイスマッサージとエナジーワーク。
ゴクラク〜



こうして初めての屋久島講座は、とっても素敵に幕を下ろしたのでした。
次の章への可能性をいっぱい秘めて


今、こんな風に各地にこの不思議なボウルちゃんたちが少しずつ配属されているんだろうな。
ていうか、ニコニコけいこさんによると、自分の行き先を自分で決めているようなところがあるらしいんです。

不思議だなー。

なんとボウルちゃんの代金も、屋久島講座からぴったり出たんですよ。
これはホント、みんなのためのボウルちゃんなんだろうな、と思いました。

多くの人々が、ひとつであるという、忘れがちなことを思い出してきている今、私のような存在があちこちにいて、ボウルちゃんのような存在も必要なところに配属されて、チームワークをしているんだなーと思っています。
宇宙の仕事をみんなで分業

そんな風に改めて再確認した、屋久島講座でした



で、そのボウルちゃんですが、日本を出るときに、宮古島の伊香賀夫妻に預けてきました。
10インチのお兄ちゃん(性別は越えていそうですが)と一緒に育ちながら、たくさんの人へ響くことだろうと思います。

そして、私は私で、今はタイで、そしてその後もどこかで、宇宙の楽器として響いていたいと思います



.

とにかく良かった!屋久島講座@

2014年01月14日(火) 16時33分
先日書いたいきさつで、屋久島に行ってきましたー

てゆーか、すごかった。
何がすごいんだか分からないけど、すごい日々だった。

ほとんど寝てない日々

今までやったどこの講座よりも、響きが高かった気がする屋久島でした


その感じはなかなか言葉にしきれないので、とりあえず、講座のレポート。

古代ヒーリングマッサージ・ミニ講座in屋久島
今回、主催者の人が一番来やすい時間帯にしましょう、ということで、夜の時間帯に3時間で6日間の講座でした。

といっても、回を重ねるごとに皆さんの心が響いて、シェアが長引き、夜中の1時に解散なんて日も・・・。
ホント、これはマッサージの講座のようであって、マッサージの講座ではないんです。



会場の天然村さんは、村長(?)の山縣さんが30年ほど前から、心と体、農業やスピリチュアルな生き方をシェアしようと建てたという、とってもステキな空間。

寒さの中薪ストーブと石油ストーブに囲まれて、床には畳と布団を敷き詰めて、広ーいお部屋に、みんなでギュッと寄り添う感じで練習しました



たくさんの気づき、涙、笑顔にあふれた、すばらしい講座となりました。

モデルで参加してくださった山縣さんが、最初遠くで話を聞いていたのが最後の方ではシェアの輪に加わってくださったのが、特にうれしかったです。

参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました


そして今回は、「一般の人が来やすい昼の単発の講座を」というリクエストにお応えして、午前中の「らくらく簡単マッサージ教室」を開催しました



カップル、ファミリー、妊婦大歓迎のWSです
「ミカンちぎりで忙しい時期だけど、雨が降ってくれたおかげで来られましたー」という方数名
ありがとう、お空のプロデューサー!



内容は、出来るだけみんなが応用して生かせるテクニックの中に、体験から通じるスピリチュアルなお話を交えての三時間。
とっても楽しんでもらえて、盛り上がりました。


その流れで、翌日の「わになる瞑想」にも、たくさんの方が参加してくれました



普段から屋久島で、調和を意識して暮らしている人たちが多い中、みなさんのさらなるヒントになれば、といったお話。
そして意識を拡大するワークを通しての瞑想(状態)体験

今回は麻炭とローズクウォーツのクリスタルボウルちゃんのコラボもあって、これまたなんともステキな空間でした。

とにかく、屋久島の皆さんの、反響がすごい。
感想が深い。

こんなに響いてもらえるのも、やっぱり日ごろからの意識の高さなんだな〜と、改めて、屋久島という土地柄とそこで暮らす人々心のあり方、それを日常取り組んでいる姿を感じました

ぜひ、今後ともお付き合いをさせていただきたい場所が、また増えました

ありがとうございます!



.

大分講座、無事終了しました。

2013年12月17日(火) 8時37分
古代ヒーリングマッサージミニ講座 in 大分、無事終了しましたー


今回は夜だけの6日間講座という、初めてのミニ講座でどこまでお伝えできるかなー?という感じだったんですが、

通しで参加された方たちは、色々な話を通してそれぞれの時期に必要なメッセージを受け取られたみたい&期間中に面白い変化・体験をされたようで、

また単発で参加された方たちも、日々、「楽しかったー!」と言って帰って行かれて、

「あーやっぱりやって良かったな」と思いました!



毎回事後のシェアでは、家族に関する関係の変化が報告されます。

ちょっと関係の不自然だった親に、優しい気持ちが出てきた。
素直な気持ちで接することができた。
冷めてしまっていた夫に対して愛情が沸いたなど。

講座で家族のあり方を話すわけじゃないのに、そういうところに形として生きてくる
本当にうれしいことです

今回は、講座の翌朝目覚めたときに瞑想体験をして、自分の抱えてた問題がスーッとなくなったという方も居ました

古代ヒーリングマッサージ講座の趣旨は、そういうところにあるので、皆さんがそれぞれの環境で受け取ってくれていることがうれしい。





最終日に開催した瞑想ワークショップも、とても気持ちよかったです。



午前中は、なぜ瞑想を練習するのか?ということをお話しするために、まず、私たちは一体なんなんだ?という宇宙観のお話。

そして、呼吸や音のバイブレーションも取り入れながら、焦点の向け方を誘導される中での、瞑想体験をしました


その後のシェアでも、みなさんそれぞれの個性による、色んな感想や質問ををお話しくださって、とても良かったです


午後は、じゃあ、その気持ちよさを、どうやって今後も持ち続けられるようになるのか?という具体的な練習方法のお話。

私たちの粗雑になりがちな人間らしさを導くのがとても上手なお釈迦様のお話をもとに、感情に気づきながら心を穏やかにしていく(なっていく)方法を紹介しました。



今回のこのワークショップを私と一緒に作り上げてくれたのが、最近相棒になったこの、麻炭クリスタルボウルa.k.a.アメイジングクリスタルボウルちゃん

大分出発前に第一号が日本に届いたということを知って、即連絡、大分で受けとりました


私がお伝えしたい空間のお話を、バイブレーションでダイレクトに皆さんに触れてくれました。

今回は円座の回りに麻炭サークルも作ったので、皆さんの調和感を一層際立たせてくれたんじゃないかと思います



別府の皆さん、またいつかお会いできるのを楽しみにしていまーす
ありがとうございました!

.

YOGAとマッサージ 宮古島の市民講座

2013年12月06日(金) 0時12分
年に1度、10週間でさせていただいている、宮古島市の市民講座が終了しました

参加者は地元の婦人会といった感じの、普段の教室とはちょっと違う雰囲気のこの講座。
今までは、健康やリラックスをテーマにYOGA講座という形でやらせていただいていたのですが、今年はちょっぴり趣向を変えて、YOGAマッサージという形でやってみました。

自分の心や身体が楽になったら、それを周りの人にも伝えていく。
いいものは、自分の中に留めない

そうやって循環していくことが、結局自分の深い健康にもつながるのだから。

内容は2時間で、全身の準備を整えてから、毎回1〜2個ほどのテクニックをお伝えしました
それをしながら、自分のバランスや呼吸をみつめて、力を抜いていく。

いつもはそこに精神の話が入ったりして、結構まじめな雰囲気なんですが、こちらはみんなで和気藹々

そして最後はまた身体と呼吸をゆったり整えて・・・
リラ〜〜〜クス



無料の講座で、みなさん特にYOGAの深い世界に興味があるわけじゃないんですが、最後終わった後は、何人かの方が、わざわざお礼を言いに来て下さったり、障害者の施設で役立てたいです、また来てください、いい世界を見させてもらいました、など、それぞれの感想を言いに来てくださったりして、嬉しかったです

軽めの次元でお伝えするときもあり、そうでないときもあり、私は受け取る方の雰囲気に合わせた内容で、出来ることをすれば、それぞれが自分に必要な風に受け取ってくれるんだなあ、とそこを信頼しています。

毎回の市民講座で、いつもの自分の普通のレッスンとは違う感じのヒントをもらいます。
素敵な機会を下さった、上野公民館にも感謝。


ありがとうございます。


.
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:moonyshanti
読者になる
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by
月別アーカイブ