口コミではメルラインで妊娠中のニキビが治った人多数!

January 13 [Fri], 2017, 15:02
ピーリングのような肌に負担をかけることをしなくても、ニキビをきれいに肌から追い出してくれるのがメルラインです。

口コミでも「増える一方だったニキビがどんどん減り始めました!」「自分らしい笑顔を見せられるようになりました!」といった評価が目立ちます。



赤ニキビの原因である炎症・雑菌の繁殖を効果的に抑えてくれる成分も含まれているので、今までとは違ってニキビが腫れて痛くなることも激減します。

このブログでは、妊娠中のニキビケアのポイントや、ピーリングするよりもメルラインを使ったほうが肌にやさしい理由について詳しくまとめています。



■妊娠中ニキビについて

妊娠中にニキビが増えてしまうのはホルモンバランスの変化が影響していると考えられます。ホルモンの働きが変わると肌質まで変わってしまうんです。

特に男性ホルモンの働きが活発になるとニキビができやすくなります。男性ホルモンが肌に作用して皮脂分泌を促すようにしてしまうからです。



ちなみに、妊娠してからお腹などの体毛が濃くなる人もいるんですが、それも男性ホルモンの影響です。毛穴の働きを活発にして毛を太く長く伸ばすように作用するからです。

妊娠中のニキビを改善しようと思ったら、とにかく男性ホルモンの働きを和らげる必要がありますが、そこで効果的なのがプラセンタなんです。



プラセンタには数えきれないほどの美容効果があるんですが、その中の一つにホルモンバランスを整えてくれるという働きもあるんです。

プラセンタを肌に直接塗ることで、肌に作用するホルモンの働きを調整してくれるので、皮脂分泌を正常に戻し、ニキビをできにくくしてくれますよ。



■ピーリングはNG!

ニキビが増える別の原因としては角質が厚くなっていることも考えられます。赤ちゃんを育てるために身体の力が奪われて、肌の新陳代謝が鈍ってしまっているんです。

本来ならば肌からはがれるはずの角質がいつまでも肌に残ることによって、毛穴が開きがちになります。開いた毛穴には汚れはもちろん、雑菌もどんどん侵入し始めます。



黒いぽつぽつが目立つだけでも嫌なのに、雑菌が毛穴の中で繁殖することで、毛穴周辺の組織を圧迫するほど毛穴を押し広げていきます。

その結果、赤く腫れたニキビもできるようになってしまうわけですが、メルラインでは肌を保湿することで新陳代謝を促すことができます。



コラーゲンやヒアルロン酸など、肌が本来持っている保湿成分を肌に加えていけば、新陳代謝のリズムも整って、古くなった角質もどんどんはがれていきます。

角質が正常な薄さまで戻れば、毛穴も自然と閉じていきます。汚れも雑菌も詰まることがなくなるので、ニキビができる原因を一つ減らすことができます。



ちなみに、厚くなった角質を薄くするにはピーリングをする手もあります。てっとり早く効果を出せるものの、ピーリングによって角質を削りすぎると、やはりニキビはできやすくなります。

そもそも、薬品の力で皮膚を溶かすわけですから、肌への負担はかなり重いものがあります。妊娠中のデリケートな肌に使うのはかなり危険ですよ。


わざわざピーリングをしなくても、安全にニキビを減らしてくれるメルラインの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓











メルラインを通販する際の注意点

January 13 [Fri], 2017, 14:54
メルラインはドラッグストアなどにはおいていないので通販するしかないものの、公式サイト以外で購入するのは止めておいたほうが良いです。
まず、楽天やアマゾンの場合、返金保証がないうえに、定期購入もできないので30%引きしてもらうことができません。

怪しげな物販サイトも最近は問題になっていて、注文したけどメルラインが届かない!というトラブルが起きることがあります。
公式サイトで通販するのが結果的にもっとも安全かつリーズナブルですよ。