最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
aaaaaaa / 2007年08月17日(金)
 株取引きで儲けている乙女たちを、最近では「かぶや姫」なんて呼んだりしますよね。では、「カジテツ姫」と呼ばれている乙女たちが存在するのはご存じでしょうか?

 「カジテツ」と聞くと、「鉄を打つことを生業としている、女鍛冶屋か?」と思わされるような、ちょっとゴツい感じがするけど、ぜんぜん違います・・・。カジテツとは、「家事手伝い」のこと。よくテレビや雑誌などで、「職業=家事手伝い」と紹介されている女性がいますよね? 彼女たちのことなんです。

 「家事手伝い」がどんな職業なのかというと文字通り「炊事、洗濯などの家事全般や家業をお手伝いする仕事」のことで、一般的には独身の女性を指す場合が多いのだとか。さらに「家事手伝い」の女性は数タイプ存在し、大きく分けると「裕福な家庭で育ち、働く必要がないから花嫁修業をしている」タイプと、「母親がいない、または病におかされていて、代わりに家事全般を取り仕切っている」タイプ。「カジテツ姫」はとくに前者のほうを指しています。

 ほほう〜、つまり花嫁修業にかこつけて、趣味の習い事やら、エステやら、リラクゼーションやら“気ままな道楽生活”を職業としているわけですね。なんとも羨ましい限りです。でも待てよ? 「家事手伝い」って職業なのか? 「自分で金を稼ぐ必要がないから働かない」→「親の金をあてにして生活している」って、れっきとした「パラサイトシングル」じゃないですか! それに働く気もないとなると、むしろニートなんじゃないの!?

 ということで、早速ニート問題に関する統計資料を調べてみたところ、面白い発見がありました。ニート問題の調査は厚生労働省と内閣府で行われているのですが、なんと「家事手伝い」の見解がこの二つの官庁では異なるのです。一般的なニートの統計資料として使われる厚生労働省の「労働経済白書」では「家事手伝い」をニートに含まないのに対し、、内閣府の「青少年の就労に関する研究会」の発表では、「家事手伝い」をニートに含んでいるんです。

 厚生労働省では、ニートの定義に「家事の手伝いさえもしない」ということを加えているから、「家事手伝い」をニートと見なさないのだそう。一方内閣府では、「家事手伝いは、求職活動をしていない・する気もない」ということから、ニートの分類のひとつとしているんだって。ちなみに厚生労働省の統計では、ニートの数が約64万人(平成16年度)、内閣府の統計では84.7万人(平成13年度)だそうな。調査した年は異なるとはいえ、その差20万人って・・・。優雅な暮らしをしている「カジテツ姫」って、そんなにたくさんいるの!? (遠藤麻衣/verb)

 
   
Posted at 21:50/ この記事のURL
コメント(0)
aa / 2007年03月30日(金)

 
   
Posted at 15:44/ この記事のURL
コメント(0)
aa / 2007年03月27日(火)
 
   
Posted at 13:29/ この記事のURL
コメント(0)
aa / 2007年03月26日(月)
 
   
Posted at 20:34/ この記事のURL
コメント(0)
ああ / 2007年03月26日(月)
 
   
Posted at 14:07/ この記事のURL
コメント(0)
デザイン。 / 2007年03月22日(木)
変更するまで。

















頑張ってくれ。
 
   
Posted at 16:56/ この記事のURL
コメント(0)
ムカつくな、国会 / 2006年03月31日(金)

今、国会の様子を聞いてるんですが…腹が立ちますね。

『NHKは今後一切絶対に不祥事を起こさない、絶対に起こさないということが前提なんですね?』

って(苦笑)NHKが大好きだから庇う訳ではありませんが、最近の政治家の不祥事もよっぽど質(たち)が悪いよ(苦笑)
それは不祥事を起こさないということを前提に政治をして無かったと言うことですか?
自分らで前提としても必ずしも守れる訳では無い。万が一だってあるのだ。

そういった点も考慮して頂きたい。
 
   
Posted at 00:07/ この記事のURL
コメント(0)
… / 2006年02月22日(水)
淋しかった。一人で。
貴方が目の前に現れるまで。
淋しかった、一人で。
ひたすらに孤独だった。
 
   
Posted at 23:31/ この記事のURL
コメント(0)
ねぇ、君。 / 2006年02月20日(月)

僕には対岸に立つ君の姿がはっきり見えます。それなのに河を渡ることはできない。

1番大切にしなければならないものは何か、1番かけがえのなにものは何か、どんなことを犠牲にしても守らなければならなかったものは何かを、僕は何故もう少しだけ早く気付くことができなかったのでしょうか。
 
   
Posted at 23:42/ この記事のURL
コメント(0)
気持が離れてしまう。 / 2006年01月30日(月)
すきだ

って正直ウザイ。信用できない。

でも毎回失ってから気付くの。あの人は、私を幸せにしてくれたかもしれない。私はあの人を支えてあげられたかもしれない。

過ぎ行く月日しか私を癒してくれない。

人間が恋をしない人間だったら良いのに。そうすればこんなに悩まないのに。

寂しいの。
 
   
Posted at 23:24/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!