永遠の片想いのはじまり・・・ 

October 13 [Fri], 2006, 11:11
その日は 突然やってきたわ

二次元で憧れていた彼は ページを開けば「笑顔」でいつもいた
私は その二次元の笑顔で十分に満足だった・・

そう あの日に出会うまで・・

休日を利用して出かけた イベント会場

歩きつかれた 私は座れるところをさがしていた

「夕方から ライブがあります」

その声にみちびかれ・・・私はオープンステージへと向かった・・

夕焼けが まるで スポットライトのように

彼をてらした・・・

「きれい・・・・」

私は 目の前にいる 三次元の憧れが

いつも 二次元空間で見つめている「彼」ときずくのに

そう 時間はかからなかった・・・

心臓の鼓動が高鳴る・・・

今まで感じたことのない 鼓動は・・・そのライブの間 つづいていた

曲にのり ステージをみつめる 人たちの中で
ある意味 冷静に 昨日までの私なら 「ありえない」とおもっていた
光景をみつめていた・・・

これはなに・・・この感覚はなに???

歌う 彼の姿から目をそらすことができない・・

「かっこいい」

とか

「きゃあ」

とか

そういう ありきたりのきもちではなく・・・そのときの私は

無くした 大切な何かを 手にした時のように

ただ・・・・・

み・つ・け・ちゃった・・・

そんな気持ちだけだった・・・・

ライブが終わった 

心臓の鼓動はおさまらない

他の少女達は 出てくるのをまつのか

ステージが終わると 大急ぎでどこかへとはしりさっていった・・・

私は・・・・しばらく そのばで 誰もいなくなった ステージを見つめていた・・

何をするでもなく 彼のいなくなった ステージをみつめていた・・

ただ。。。夕日だけが ステージをてらしていた・・・


もう一度 彼に会いたい・・・彼に会うには・・・

どこへ行けばいいの・・・・・

そんな思いが 打ち消しても 打ち消しても 私の中に浮かんでいた・・・

P R
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:meko1998
読者になる
Yapme!一覧
読者になる