May 08 [Thu], 2014, 12:20
どもです。
皆さん出張ホストが出張ホストとしての自信をなくすときってどんな時だかわかりますか?
それは、お客さんが自分より上手だったときです。
まぁもちろん出張ホストの中にも、かわいい系の出張ホストなんかはわざとお客さんに甘えて、それでお客さんを満足させることもあるでしょう。でも僕はそうではなくて、頼ってもらえる大人の出張ホストをやらせてもらってるんです一応。
でもそんな出張ホストをやっている僕が、お客さんに逆に「頼ってもらっていた」ということがこの前判明して、すごい自信喪失をしました((+_+))
詳しくは言いませんが、僕はその方から悩み相談をされていたんです。でもほかの出張ホスト越しに聞いた話では、そのお客さんは悩みなんてなかったらしいんです。
だから本当はなんも悩んでないのに、僕がいつものように「なんか悩みでもあるの?」と聞いたら、それを察してくれて、「実は…」とうその悩みごとを打ち明けてくれていたのですw
そのことに気づいた僕ははずかしさやらふがいなさやら、いろんな感情がこみあげてきました。
そして同時に、こんなことで出張ホストを続けていけるのだろうかと思いました。
出張ホストのアルバイトをウォームリレーションで初めて早三年・・・。
最初はアルバイトだったけど、今は出張ホスト一本で頑張っています。
もちろんさっき言ったように、お客さんの悩みを聞くだけが出張ホストの仕事ではありません。
いろんな出張ホストがいますし、それでいいと思います。
むしろ同じような出張ホストばかりではつまらない出張ホストクラブになってしまいますし。
でもその時はほんとうに、出張ホストとして自分が積み上げてきたものが一気に崩れ去ったような気がしたんです。
今思い出してもちょっとへこみます(*_*)
これからは出張ホストとして、より一層精進していきたいと思いますので、応援よろしくおねがいします!
では。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:目木
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
アイコン画像
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mekiolahgb/index1_0.rdf