劇団ひとり 

November 04 [Fri], 2005, 11:18
ひとりは寂しいよ。
寂しい。
寂しい。
寂しい。
ドロドロ
溢れても溢れても

あの人のことは・・・

深い深い海にあたしも沈めて
支配されたいあなたに
縛られたいあなたのルールに
あたしを否定して
へんに肯定しないで

あなたのドロドロな世界にあたしを巻き込んで
俺は正しいと言って
あたしは間違っていると言って叱って
傷付いてもいいのあなたのせいなら

幻想を見てもいい?
本当はつまらない男だと認めたくない自分がいるの
はじめて本気になったひとだから
すべてはひとりよりもましだから
ひとりよりもずっと

時間 

November 03 [Thu], 2005, 20:33
時間がない

この時間が無限ならいいのに

終わりが見えているというのは、想像以上に辛い

なのに実感が湧かないのはなんでかな

忘れる日が来る?

君もあたしもこの世界が存在したことすら

悩んだことも楽しかったことも全て忘れてしまう日が来る

君との終わりも全ての終わりもカウントダウンは始まっていて

それはあたしが存在したときから始まっていて

君と出会うことは全てのカリキュラムのネジのひとつでしかなくて

今までの出会いは彼らにとってなんてことないことで

こんなことで悩んでいるあたしを誰かが笑ってみているのだろう

いっそこのまま

このままでいい、と思うあたしもまた誰かの世界に飲み込まれた愚鈍な人間の一人で

君だけは、忘れたくない

そう思うことが彼らが言う人間のエゴならばそう認めざるを得ない

彼らのことも誰かのこともこの世界で苦しむ人々のことも

今は何も考えられない

そんなこと考えられない

あたしは君が好きだ

このムカツキッ! 

November 02 [Wed], 2005, 16:33
どうしたらいいのかなー。
てゆうか考え方あわないし。
むかつくわ。謝れや!
なんで上から目線やねん。
こっちが我慢したってるから成り立ってるんじゃ。
それが分からんのか。

そう思う反面、そんなこと言ったら嫌われると思うから、何もいえない自分がいる。どうしたらええんじゃボケッ!

相変わらず突っ走ってまーす笑 

October 30 [Sun], 2005, 9:56
先のことなんてわからない。
何も分からない。
将来のことも。
やりたいことも、やるべきことも。
ただ今分かるのは、今が一番楽しくて、彼が好きでしゃーないっていうこと。
彼はしょーもない男やけど、どうしようもないくらい惹かれる。
いつか彼のことを忘れる日が来るのが怖い。
どうか。どうか彼のことだけを想って生きてはいけないだろうか。
別に彼女になれんでもいいから、彼のことだけを好きでいて死ねますように。
どうか不慮の事故なんかで彼があたしより先に死にませんように。
バンドが成功しますように。
心が安らず相手に出会えますように。
幸せになれますように。

好きで好きでどーしたらいいでしょう。マジで。
あぁ〜ほんまにずっと彼のこと好きでいたい。
この気持ちが冷めないで欲しい。
まじで成功してもらいたい。
ほんだら、力の限り応援する。
テレビとかで彼の姿を見れたら、遠い存在になったって寂しいけどずっと好きでいられる。
学校卒業したらどうしよう。何も想像出来ない。
彼がもしバンドでダメだったらきっともう会えない。そんなん嫌や。
せやから、彼には絶対成功してもらいたい。
彼なら出来ると思う。
今更とか30超えたオッサンがとか関係ない。
彼は絶対出来る。
あたしは応援することしか出来ないけど、影で応援しようと思う。
もう、彼氏とかいいわ。決めた。
もう死ぬまで彼ひとすじでいきます!
彼以外の人とか好きになっても仕方がない。
今日から彼ひとすじで生きます。16歳の決断!まじでがんばるわ!

身近な幸せ 

October 27 [Thu], 2005, 19:16
好きなのに、いつかは忘れてしまうんかな。
いつかはこの気持ちも冷めるんでしょうか。
いつかは何とも思わなくなるんかな。
ずっと好きでおれたらいいのに。
別に付き合うとかそんなんなくてもええから、死ぬまで誰かのこと引きずれたらええのに。
この気持ちが永遠に続けばええのに。イタイなぁあたし笑

でもほんまに今はそう思う。彼のことだけは覚えておきたい。なんやろ。
最初はめっちゃ好きでもいつかは嫌いになったりするなんてなぁ。世知辛い。
ずっと一人の人を好きでおれたらいいのに。
忘れたくないなぁー。
誰かのことだけはほんまに忘れたくない。好きなんかなー。
ただ気に入ってるだけとゆう気もするんだよなー。
好きやーって思い込んでるだけなんかな。
たしかにときめきメモリアルな時期も極端に短かったけど・・・なんやろ、彼の場合は、嫌なとこもめっちゃ見えるけど、それも含めて彼とゆう人間やから嫌なとこも認められるってかんじ
なんですわ。嫌なとこ見ても逆に好きになるってかんじ。んー今までにこういう経験がないから分からん。
まぁ、恋ならばよいな。とゆうかんじかのぅ。ハッハー

てゆうかなんだかんだ言って最近2日に1回はメールしてるってゆう♪送って迷惑ちゃうかなーとか思うけど、返事くれるとゆうことは迷惑ちゃうよね(*´∀`*)幸せだわ〜☆

でもこの幸せは、平和やから成り立っているんですよ。
昨日地元で工場爆発があって、ほんまに思った。
平和こそ幸せだよなー。
身近すぎて気付かないけど。
たまに、もし彼が死んだらどうしようとか思って浜ショー聴きながら泣くことがある恥
友人に「あんたはショパンか!」と言われたけど、ほんまに不安なんですよ・・・。
普通に信号無視するし。常ボーッとしてはるし。
彼がもし死んだら・・・そやなー。どうしましょ?

我儘 

October 23 [Sun], 2005, 11:02
あたしって我儘だ。


えーと、彼は来年1月10日に韓国に行くそうです。
結局、コリアタウンには誘えませんでした。あーあ。
ほんまに、物分りのいい分別のある話の聞ける人になりたい。
気付いたことなんだけど、彼とは話が合わない。
って、かなり重要なことやんけ!!!
なんか、皆で話してても、全くあたしが関心の無いことで盛り上がったりして、ついていけない。そこんとこをあたしも上手いこと笑顔で聞けたら良いんだけど、本っっっ当に関心がない話題だから、しけてしまうわけよ。最低・・・
あぁ〜この前までは都合のいい女にはなりたくない!とか言ってたけど、今は都合のいい女でもいいからなりたい。もっと話を聞けるようになりたい。

ほんまに最近色んな人の話を聞きすぎてて、体が拒否反応を起こしてる気がする。
とにかく、自分に関心のない話を聞くことがほんまに辛い。
前までは全然苦じゃなかったのに。
なんか、新しい分岐点に差し掛かってるのかな。

せめて、彼の話だけはちゃんと聞きたい。
彼の夢を応援したい。

これもいい子でありたい、好かれていたいというショボイ自分の我儘でしかないんかな。

昨夜の葛藤 

October 19 [Wed], 2005, 13:29
所詮、あたしは娘でしかないのか。

かなり散文。 

October 18 [Tue], 2005, 21:05
風の強い部屋で、天井を見つめている。
だんだん、部屋の中が薄暗くなってゆく。
隣で誰かは知らんふりをして、たまに他愛もない言葉をあたしに投げかける。
あたしは黙って頷き、ただ暗くなってゆく天井を見つめていた。

冷たい風が肩に当たる。
いくらその温かい手を求めても、寒さに邪魔されて届かない。
どんなに名前を呼んでも、擦れた声は届かない。
暗くなってゆく天井を見つめ、また誰かの問い掛けにまた黙って頷くしかない。
ふいに乾いた肌が触れ、強く引き寄せ、あたしを離なさない。

手を伸ばしても決して届かないのに、誰かは容易にあたしに触れる。
その寂しさを埋めることは、あたしにはできませんか?
その虚ろな瞳に、一瞬でもあたしの姿を映してはくれませんか?

暗闇の天井を見つめている。
(あたしはいつまでも隣にいるよ。)
その寂しさが消えるまで。
その虚しさが無くなるまで。
誰かを本当に愛せる日まで。

もう漏れは開き直った。 

October 14 [Fri], 2005, 8:46
胸を刺す痛みも、誰かが望むことなら耐えられる。
あなたのその乾いた肌の感触が好き。
少し見上げるくらいの目線も。
大きくてごつい手も。
電話のときの低い声も。
皆でいるときと二人でいるときのギャップも。
繊細で愛情深いところも。
アホなところも。

さっさと一人で歩いていくとこ以外は全部スキw

早くみんなと仲直りしてね。



応援 

October 13 [Thu], 2005, 18:36
誰かの寂しさを消化させることは、あたしには出来ないのかな。

なんでそんなに寂しいの?
なにが彼を独りにさせているの?

皆の前ではアホな奴を演じているけど、
ほんまはいつも孤独で寂しくて辛いんやね。
愛することは出来るのに。

本当の意味で彼が満たされることを祈っている。
本当の意味で彼が幸せになれる日が来ることを、あたしは願っている。

あんなこと言ってごめんね。
これからは彼を真っ正面から見つめて、邪魔しないよう応援します。

それが今のあたしの幸せ・・・なんつってw

2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mekasawa2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる