美しい素肌は良質な睡眠から

April 04 [Thu], 2013, 20:51
皮膚の表面の表皮細胞が生まれ変わることは、ターンオーバーと言います。次々と新しい細胞が生み出され、古くなった細胞を垢として捨てていくことで、私達の肌の状態は保たれています。

このターンオーバーがスムーズに行われていれば、若々しい肌を維持することができます。しかし、人は誰でも、このターンオーバーの力が年齢と共に弱まっていくものです。

私達の体の働きには自立神経をコントロールされた1日のリズムがあって、昼間は活動に適した状態を保ち、夜は体を回復させることに向けるようにできています。ターンオーバーは夜が大切な時間帯であり、このリズムを無視して、夜遅くまで飲んだり食べたりしていると、肌の生まれ変わりがうまくいかなくなるのです。

睡眠不足が肌トラブルを招くということは、多くの方が周知の事実だと思います。ただし、いくら寝ている間に肌が生まれ変わるといっても、長く寝れば良いよいうものではありません。それよりもむしろ気をつけたいのが、眠りの質、ぐっすりと安眠できているかとうい点です。敷布団がやわらかすぎたり、掛け布団が重すぎたりしても、安眠は妨げられます。

眠りの評価の目安は、時間の長さより目覚めたときの爽快感だと言われています。朝気持ちよく目覚めていない場合は、睡眠の環境に問題があるかもしれません。

肌に合わせた化粧水を使う

March 11 [Mon], 2013, 21:43
美容液はお肌の悩みに対応するものを慎重に選ぶ人が多いのに対して、化粧水はどれも同じだと考えている人が多いと言われています。

しかし、乾燥肌なのに爽やかなつけ心地が好きだからとさっぱりタイプを使っていたり、保湿効果のない毛穴引き締めローションで顔全体を潤わせようとしていたりする人もいるようです。

化粧水は、その選び方1つで、肌状態が左右されてしまいがちです。このため肌質に合った化粧水選びこそが、美肌への入口になります。1本の化粧水に絞り込んだりしないで、2〜3種類の化粧水を、その日の肌状態に合わせて選ぶようにしたいものです。

また、化粧水は洗顔後に肌表面が乾いてから付けても手遅れです。洗顔後のスキンケアは、間髪入れずに行うのが基本です。乾燥して表面がサラっとした突っ張った状態では、すっかり内側まで乾燥してしまっているので、潤いを与えてもきとんと内側まで届きません。そうなる前にしっかりとケアをすることが大切です。

アイメイクのクレンジング

March 09 [Sat], 2013, 20:20
アイメイクに使ったアイテムが、ウォータープルーフタイプではない場合。普通のクレンジング料でアイメイクまで落としてしまのは、できれば避けたいものです。

アイメイクのようなポイントメイクは、顔全体とは別にクレンジングした方が良いと言われています。頬と同じようにクレンジングしても落としきれず、アイメイクを落とすことに気を取られてしまうと、頬を擦りすぎたりして、どちらにしても肌に負担をかけてしまいます。

残ってしまった汚れは目もとにくすみやシワを引き起こし、お肌の加齢を加速させる原因にもなります。このため、慎重に丁寧にクレンジングしたいものです。

実際のお手入れとしては、まずアイメイクアップリムーバーをコットンにたっぷりと含ませたら、目をつむります。そしてまぶたの上から下にコットンを動かします。このとき、まぶた上の丸みに合わせて3回に分けて拭くことを心がけましょう。

そして今度は下から上へ、まつ毛に含ませるように根元からまつ毛に沿ってクレンジングします。アイラインは汚れたコットンの面を内側にして折り、角を使って丁寧に落としていきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:meisukin
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/meisukin/index1_0.rdf