ッテリー発火トラブルで運航停止となっていたボーイング78

July 02 [Tue], 2013, 11:22
ッテリー発火トラブルで運航停止となっていたボーイング787について、ボーイング社は「早ければ数週間以内に運航再開できる」との見解を示した。発火の原因と想定し得る80の要素を解決し、さらに二重三重に防御策を施したとしている。メンズ サングラス

 だが、肝心の事故原因は究明されていない。米国で米連邦航空局(FAA)に勧告を行う国家運輸安全委員会(NTSB)が3月に出した中間報告では、787の認証プロセスではバッテリー発煙の確率を飛行1000万時間に1件としていたが、実際には5万2000時間未満に2件発生したことが明らかにされている。エルメス財布コピー

 全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)共にFAAと国土交通省が承認すれば、ただちに787の運航を再開させる構え。早期の運航再開で収益向上に結び付けたいという本音が見え隠れする。コールマン サングラス

 航空ジャーナリストの青木謙知氏は、「航空機のトラブルでは、原因究明されないまま包括的な処置で運航するのは通常のこと」と説明。例えば、主翼に亀裂が生じたエアバス380に対して、欧州航空安全局(EASA)は非破壊検査実施での運航を認めている。iphone 4G/4s ケースJALの植木義晴社長も、「(解決策は)プロから見ても従来通り安全な方式。わかりやすく説明することが課題」と説く。
ルイヴィトン 通販だが、利用者が戻ってくるかどうかは微妙だ。
欧州MD計画の見直し
今月15日、米国のヘーゲル国防長官は、ミサイル防衛(MD)計画の見直しを表明した。ミュウミュウ 財布
これまで米国はイランの弾道ミサイル脅威に対抗する為に欧州多段階応用アプローチ(EPAA)と呼ばれるミサイル防衛計画を進めてきた。EPAAは2011年から2022年までを4段階に分け、徐々にミサイル防衛能力を強化しようとするもので、中心となるのは、SM-3迎撃ミサイルを搭載するイージス艦と、その陸上バージョンである「イージス・アショア」システムである。ipad2 ケース
SM-3自体もバージョンが分かれており、現行のSM-3ブロックIAならば短距離・準中距離弾道ミサイルまでしか対処できない。2015年までに配備予定のブロックIBでは短距離・準中距離弾道ミサイルへの対処能力がさらに向上し、ブロックIIA(2018年配備)では中距離弾道ミサイルの迎撃が可能になる。激安サングラスそして最終段階であるブロックIIB(2022年配備)は欧州上空を飛び越えて米本土へと向かうイランのICBMさえ迎撃できるようになるはずだった。
だが、今回のヘーゲル国防長官の決定によると、EPAAの第4段階はとりやめ、代わりに米本土に配備されているGBIの数を現状の30基から44基に増加させることになった。rayban サングラス
GBI (Ground Based Interceptor)は地下のサイロから発射される大型迎撃ミサイルで、北朝鮮の弾道ミサイル攻撃に備えてアラスカとカリフォルニアに配備されている。
ヘーゲル長官のGBI増強の決定は、北朝鮮が弾道ミサイル開発を継続し、その能力を向上させ続けていることに対応したものだ。グッチ バッグ 新作
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/meinvgh25/index1_0.rdf