〜ドイツかぶれは何奴や〜

2005年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像まさる
ハチクロ (2008年09月30日)
アイコン画像みしゃ
ハチクロ (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
ハチクロ (2008年09月24日)
アイコン画像さいとぅ
名言 (2005年02月21日)
アイコン画像まつだ
名言 (2005年02月21日)
アイコン画像加藤
名言 (2005年02月20日)
アイコン画像ゆか
そういえば (2005年02月19日)
アイコン画像尚子
そういえば (2005年02月17日)
アイコン画像ゆか
読書 (2005年02月07日)
アイコン画像ちえこ
読書 (2005年02月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:meintagebuch
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ハチクロ / 2005年03月12日(土)

かとぅにそそのかされて半強制的に買わされた ハチクロ!笑
さっそく読んでみました。あたし、花本センセが好き…笑 なんかすてきー!全体的には、笑えたり、じ〜んとしたり、うん!良い良ーい!!かとぅ、絶対真山くんだろ?あたしにはわかるぜ!(ちがっとったらさむっ)ってなわけで続きをプリーズ!!

 
   
Posted at 19:39/ この記事のURL
コメント(3)
引っ越し / 2005年02月27日(日)
完了しましたー!!さきほど徳島に到〜着 金曜日に母が、土曜日に父と妹がアパートに来て、せっせと準備…!そんな家族総出でこんでも。。みんなおヒマね。 いやいや、ほんとはまじ助かりました なんたって荷物の多いこと多いこと。。そりゃね、うすうす感づいてはいたけども、あーんなにねぇ。。てか、母親ってすごいと思った!はっきりいって、掃除から何から母がすべてやったといっても過言ではない…!自分やれよ!という感じだけど、なんてゆーか、うん、母はほんますごいとひしひしと感じました
アパートを出るときは、やっぱりちょっと名残惜しかった。。そりゃ3年間住んだ家だもんねぇ。誰かがあそこに住むのかぁ〜変な感じ。あそこのアパートでよかったことは新築だったこと!でも、駅からは遠いし、学校までも近いようで微妙な距離あるし…。そういう面で不便だったんよね。だから、来年は駅の近くに絶対住もう…!(気がはやい話だけどね〜)
 
   
Posted at 23:34/ この記事のURL
コメント(0)
DVD / 2005年02月22日(火)
           
このあいだ、ドイツ映画のDVDを4つも購入してしまいました〜
残りの2つは、コンビニに届いているのだけど、取りにいけてません*

は、『ビタースウィート』と『点子ちゃんとアントン』。
『ビター――』は、ドイツ版『17歳のカルテ』という感じかな。
『点子ちゃん――』はドイツの有名な児童文学者のエーリヒ・ケストナーの作品を映画化したもので、10歳の点子ちゃんと親友アントンの友情、そして親子の愛情をほほえましく描いた名作。あたしコレ大好きなんよなぁ〜。見終わったあと、あったかい気持ちになるんだ〜

 
   
Posted at 18:24/ この記事のURL
コメント(0)
これから / 2005年02月21日(月)
友の家で宅飲みをするべく出かけてきます!
金欠の時は宅飲みにかぎりますね!
家にて開いていないワイン2本と梅酒があるのを発見したので(いつからあるんだ…?)持って行くことにしよー
 
   
Posted at 17:21/ この記事のURL
コメント(0)
名言 / 2005年02月20日(日)
「あなたが空しく過ごした今日は  
     昨日死んでいった者が あれほど生きたいと願った明日」

これは、韓国の作家、趙昌仁さんのベストセラー小説『カシコギ』の中からの言葉です。

サークルの友達♂が、就活関係で使えるかもと(?)名言を探していたら、この言葉に出会ったのだそうです。
はじめはふーんくらいにしか思わなかったけれど、何度も反復してるうちに、じわじわと。。深い言葉だなぁ。
 
   
Posted at 18:59/ この記事のURL
コメント(3)
韓国ドラマ / 2005年02月19日(土)
実はあたしも世のブームにちょこっと乗っかっちゃってます。
「美しき日々」というドラマにはまっちゃいましてねー
話の内容がほんまヘビーなんよなぁ。。ドロドロ好きにはたまらんのです…笑。
 
   
Posted at 20:52/ この記事のURL
コメント(0)
ディズニーシー / 2005年02月17日(木)

行ってきました!!!なんと!初だったんですわたし…
こっちに3年も住んでてねぇ。
10時の開園と同時に入り、もちろん最後は「ブラヴィッシーモ!」のショーで締め!でも残念なことに、風が強かったため、15分たらずで終了
でもきれかったぁ〜
乗り物はここぞとばかりにほとんど全制覇!!
空き空きでさ〜、待っても最高15分だもんな。
センター・オブ・ジ・アースには3回、クリスタルスカルの魔球には2回、と大満足A!

最後に昼食の写メを…笑。
もっとシーっぽいとこを撮れよという感じですが。。
やっぱりあたしは色気より喰い気らしい。
お酒が飲めるのをいいことに昼からビィーール
実はここのレストランの名前、「Yucatan(ユカタン)」といいます なんとも親近感〜!
と、こんなかんじで初シーをたんまりと堪能しました!
 
   
Posted at 23:13/ この記事のURL
コメント(0)
演劇 / 2005年02月15日(火)
             
演劇観てきました!ゼミの先生に勧められて。演劇と音楽が合体したブレヒトとワイルの傑作劇です。
本格的な演劇を観たのは初めてだったんやけど、うん、よかった!!
せっかく都心近くに住んでて、こういうの観れる機会いっぱいあるのになんで今まで…と後悔ですよ。
いろんなものを感じて自分の引き出しいっぱいにしたいな
 
   
Posted at 23:43/ この記事のURL
コメント(0)
そういえば / 2005年02月05日(土)
昨日、香水買いました
エクラドゥアルページュ。                  
まったく予想外の買い物〜。ブラブラしていたら明日オープンという香水のお店が一足早くやってるじゃありませんか!!
引き寄せられるようにはいっちゃいました。

あとで気づいたことなのですが、この香水、ここのお店のちらしに載ってる女性人気ベスト3の3位だった。。
なんか流行に乗ったみたいで、ちと後悔↓
ままま、香水で気分をかえつつ、ハッピーな毎日を過ごしていこうとおもいます
 
   
Posted at 17:25/ この記事のURL
コメント(2)
Der deutsche Film / 2005年02月04日(金)
「ベルリン・フィルと子どもたち」という映画を観に行ってきました
●ストーリー
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者であるラトルは新たな活動として「教育プロジェクト」と題して、子供たちがバレエ曲を踊る「ダンスプロジェクト」を始動させる。
出身国や文化の異なる250名の子供たちが6週間に及ぶ猛練習を経て、ベルリン・アリーナの大舞台に挑む。それまでクラシックに全く縁がなく練習にも身が入らなかった子どもたちが、振付師ロイストン・マルドゥームの熱い指導のもと、20世紀を代表するバレエ音楽《春の祭典》の強烈なリズムと一体になり、舞台の上で今まで探せなかった「自分」を見つけて行く――。

というドキュメンタリー 映画!
なんかね、合唱団を思い出したよ。演奏会で歌い終わったあとの拍手喝采のなかにいるときのあのなんともいえない達成感と感動が入り混じったあのかんじ…!
子どもたちのやり遂げた最後の顔は、すべてを物語ってた!

もうすぐ公開予定の「ベルリン、僕らの革命」も絶対観に行くぞぉ!
ドイツ映画いっぱい観たい!!
あたし、ミニシアター好きだなぁ。(ドイツ映画はミニシアターでしかやってないっていうのもあるけど…)
テレビでバンバン宣伝してるのより、ひっそり系?に惹かれるといいますか。。
ま、あまのじゃくなんですたぶん。。(笑)






 
   
Posted at 22:52/ この記事のURL
コメント(1)
P R
カテゴリアーカイブ
MyblogList
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!