ごぶさたしてます 

November 05 [Sun], 2006, 18:09
お久しぶりです。
別の所では日記を書いているのですが、ここはかなり放置してました。
(完全紹介制のm○○iで書いてます)

超多忙な9月をなんとか乗り切り、10月の演奏会も無事終了、気付けばもう11月です。

余命宣告から2ヶ月経ちましたが、今のところ祖父は変わりなく元気に過ごしています。

お墓参り 

September 17 [Sun], 2006, 23:15
鳥羽へお墓参りに行った。
祖父と祖母の田舎が伊勢志摩にあるので、中学に入るまでは毎年、墓参りを兼ねた旅行をしていたのが、家族揃ってここへ来るのは実に20年ぶり。
でも、当時の思い出はけっこう鮮明に覚えている。
「ここで靴を買って貰った」
「いつもここのレストランで食べた」
など。

祖父の実家はもうなくなっていたけど、祖母の実家には親戚が住んでいる。
おばさんに会うのも20年ぶり。
毎年ここに泊めてもらったなあ。
裏の山に登ったなあ。

おばさんが、元気な祖父をみて、
「手術したって聞いたけど、元気やわ。100まで生きや!」
と笑って話していた。
祖父も笑っていた。
私は顔で笑って心で泣いた。

もう、祖父と一緒にここへ来ることはないのかもしれない。
でも、お墓の前でご先祖様に「もうすこし長生きをさせてあげてください。」と頼んでおいた。

友人の死 

September 10 [Sun], 2006, 23:55
4月に亡くなった友人の実家へ行った。
お葬式に出られなかったので、いつかちゃんとお別れに行こうと思っていた。

芸能界で活躍していた彼のビデオや大学時代の写真を見たりしながら、ご家族と一緒に在りし日を偲ぶ。

突然の訃報。
登山中の事故で突然亡くなった友人。
身につけていた登山バックが大事そうに置いてあった。
「登山慣れしていたし慎重な性格だったのに、油断したのかなあ…」とお父さん。
「今でも信じられなくて、お墓にだけはいれたくないのよ。」と涙ぐむお母さん。

会いに行ったら彼の死をちゃんと受け止められるのかと思ったけど、やっぱり無理。
未だに信じられない。
メールを送ったら返事がきそうだし、今も東京で忙しく活動しているような気がする。
こういう気持ちのままではダメかなあ。

余命宣告 

September 08 [Fri], 2006, 12:13
先日、医師より祖父の余命宣告をされた。
覚悟しておくように、とのこと。
本人はそのことを知らない。

祖父は、2ヶ月前に瞼に腫瘍ができ、8月に手術を受けた。
術後は1週間で退院。
先日、摘出した腫瘍の検査結果が出て、癌が他にも転移しているので、もう一度入院して検査が必要とのことだった。
ただ、高齢であるために体への負担が大きい。
退院後、
「家はいいなあ。」
「入院は嫌や。」
と話す祖父。
検査漬けの病院生活より、余生を住み慣れた自宅で過す方が良いだろうという決断を私たち家族は下した。

今のところ、以前と変わらず元気で、まさか末期癌にかかっているようには見えない。
自分の余命を知らず、いつもどおりの生活を送っている。
私も、いつもと変わらないように振る舞っている。
でも、一人になると涙があふれてくる。

10年前、私は祖母を亡くした。
その時は突然だった。
病気で入院していたわけでもなく、通院していたわけでもなく、お風呂に入っていて死んでしまった。
実は、祖母とはけんかをしている最中で、何日か口をきいていなかった。
そんな別れはもう絶対にしたくない。

赤ん坊の頃から祖父母に育てられた私と弟。
親がいなくても、何不自由ない生活をさせてもらった。
弟が結婚したので、今は祖父と私の二人暮らし。
私は今まで自分の好きなことばかりしていたけど、祖父との残り少ない生活、悔いのないように過したい。

今日の出来事 

August 06 [Sun], 2006, 23:55
東京の友達と久しぶりに会いました。
彼女とは8年前に受講した音楽セミナーで仲良くなり、それ以来仲良し。
去年、ミュンヘンから帰国し、今は関東でフリーで頑張っているクラリネッティストです。

まずはランチ、そして即行デザート。

食べ過ぎて苦しかった…

食べたら運動、ということで、梅田でブラブラ。
楽器屋へ行ったり、色んなお店をまわったりしてたら「疲れたなあ。」とまたまたカフェへ。
年をとったら、買い物よりもお茶している時間の方が長いような…

でも、お互い欲しい物をゲット!
彼女はピアス、私は腕時計。

お茶をしながら二人して買った物をあけ、早速身につけて喜んでました。


                    時計の箱 ↓


さすがALESSI、こんなおしゃれなケースに入ってました ↓


                    かわいい腕時計↓

ヨーロッパの水 

July 31 [Mon], 2006, 0:48

最近あちこちで売られている「コントレックス」。
すっごいまずいと聞いたことがあったけど、どれくらいまずいのか試しに買ってみた。
結果は、

まずい…

濁った水を飲んでいるような感触です。
硬水なので当たり前ですが、予想以上のまずさでした。

あと、これも最近日本で売られるようになった「OXYGENO2」。

ドイツで友達にもらったのがきっかけで飲むようになったのですが、めっちゃおいしいです。
でも、日本ではまだ売られていないオレンジフレーバーがお気に入りなんだけどなあ。

お知らせ 

July 30 [Sun], 2006, 19:29
この日記、また引っ越しをするかもしれません。
私が日記を書く0時以降、重たすぎるんです、ここ…

まだ、いつ引っ越しをするか分かりませんので、このページをお気に入りに入れておられる方は、HPの方を登録して、そこの日記帳から必ず入ってください。

ドレス購入 

July 29 [Sat], 2006, 23:55

仕事を終えた後、友達との待ち合わせ場所へ向かう途中、セール中のドレス屋さんを発見!
待ち合わせまで15分しかなかったのに、ちゃっかり2着も試着!
そのうちの1着を10月の演奏会用に購入しました。
決断、早!

いつも、曲の雰囲気に合わせて衣装を選ぶんだけど、今回も私的にはイメージに近い物をゲットできたつもり。
演奏会のテーマは「夢」。
(ニーノ・ロータの「ソナタ」をメインに、「トロイメライ」、「愛の夢」、「星に願いを」などを演奏します)
衣装は、ピーターパンとティンカーベルを足して2で割った感じです(笑)


待ち合わせにはギリギリすべりこみセーフ!
今夜は、以前一緒にドイツ語を習っていたIさんとお食事会。
春に1ヶ月ほどヨーロッパ旅行をしてきたらしく、おみやげを頂きました。
いつもありがとう〜!
旅の話を聞いていると、私も今すぐにでもヨーロッパへ飛んでいきたくなりました。

今日も、またまた、ヒルトンのイタリアンへ!

再会 

July 28 [Fri], 2006, 23:55
大学時代の友人Sから携帯にメールが届いた。
「今、Tちゃんと一緒に尼崎に向かってます。」
SとTちゃんは島根在住だが、宝塚で開催される合唱コンクールに出場するためにやってきたそうだ。
「久しぶりに会いたいねえ。」
でも、私は20時まで仕事、二人は21時まで練習。
会える時間はほんの少ししかないけど、せっかくなので会うことになった。

この3人で会うのは、Sの結婚式以来5年ぶり。
「わー痩せたなあ、誰か分からんかったわー(笑)」
「あんたはぜんぜん変わってないね(笑)」
久しぶりなのに、顔を見るなり毒を吐き合う私たち。
懐かしいなあ、この掛け合い!
誰一人としてお世辞なんか言わず、ズケズケと本音を言い合う。
話題もつきることなく、笑い過ぎてお腹(と喉も)痛ーい!

あっという間の2時間、これからもっと盛り上がるってところやったのにこれでお開きなんて残念。
また二人とゆっくり(会話のテンポはめっちゃ速いけど)会って大笑いしたいなあ。

やっぱ風邪でした 

July 26 [Wed], 2006, 23:09
火曜日の朝、喉の状態は悪化。
午前半休をとって(なんか仕事休んでばっかりと思われるなあ。)、いきつけの耳鼻科へ行きました。
(先月も耳鼻科へ行ったばっかりやのに…)

「クーラーにやられたね。。ほっといたらもっとしんどなるとこやったで。」

そう言われました。

6年前、喉頭炎になって声が出なくなってしまったことがありました。
早く治すためにかなりきつい抗生物質を飲んでいたのですが、副作用で別の症状が出てしまう…というやっかいな状況になったことがあるため、それ以来、喉の調子が悪いとすぐに耳鼻科へ駆け込むようにしています。

早く治して、美声(?)を取り戻したいです。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる