放置 

2007年06月29日(金) 15時09分
してました…ごめんなさい(´・ω・`)
何をしてたかと申し上げますと、




…毎日お酒飲んでました。
昨日は親しんだ方に奢って頂きながら
ビールと焼酎とを

一昨日は友人宅で焼酎を

昨一昨日は友人と遊び、ビールと焼酎を…大量にw


肝臓が悲鳴あげそうなのですが、限界に挑戦!
今日も飲んできますw

タバコとコーヒー。 

2007年06月23日(土) 1時21分
タバコとコーヒーに合う音楽はなんでしょうか?
さっきまで Nirvana 聴いてたけど、確かに合うかもしれない。
Linkinpark の Reanimationは少し合わなかった。

そう、Linkinpark あたしの大好きなアーティストです。
彼らは最近新アルバム「Minutes to Midnight」を打ち出しましたね。
世間ではどうも「綺麗すぎる」「Linkinらしさがない」等と批判を受けてますね。
今回プロデューサーが変わったというのが大きく影響しているのでしょう。おそらく。

しかしアーティストというものは常に変化していくものなのでは?
変化は必ずしもいい方向にのみ進むものではありません。
とは言え、その「いい方向」も個人・主観的感情であって、
私はこの変化を「いい方向」と捉えています。

確かに綺麗になった。

けれど、洗練された、と捉えてはいけないのでしょうか?


以下、個別感想

「Wake」・・・Reanimationを彷彿とさせる。
        これから何かが「Wake」する。そう感じる始まり。
        ただ最後にこの音源をどうにか入れ込んでほしくも思った。
        でもそれをしてしまうとReanimationそのままだからいけないのかあ・・。

「Given up」・・・Linkinらしさ、じゃないですか?これは。
          Givenとupの声質の変化が私は好きなんですが。
          サビに移る辺りがなんとも言えず、ですね。

「Leave out all the rest」・・・Given upがLinkinらしさならこれは綺麗になった曲ですか。
                    一番初め、アルバムを手に入れてこの曲を聴いて。
                    電流というか涙が浮かんだのは私だけなのですかね。
                    朝が生まれる瞬間に一番適している曲です。

「Bleed it out」・・・始まりのRapから「I bleed it out!」のつなぎが大好きです。
            Linkinらしくもあり、しかしRap部分にもどうも綺麗さがチラチラ見える。
            「i bleed it out digging deeper just to throw it away・・・」
            延々と繰り返すこのフレーズが頭から抜けなくなって思わず口ずさんでます。

「Shadow of the day」・・・思わず息を止めてしまいたくなる。
                  それほどまでに綺麗。悪い意味ではなくて。
                  「and the sun will set for you」
                  sun setはおそらくこれほど綺麗なんだろうな。
                  これもsun setなのに朝に似合う曲なのが不思議ね。

「What i've done」・・・まぁ新曲ってわけではないのですが。
               Minutes to Midnightには欠かせない曲でしょうね。
               とにかく大好きな曲。「erasw myself」という歌詞が特に(そこかよw
               so let mercy come〜・・・♪て気付いたら歌ってるね。
               やっぱりこの曲もとても『綺麗』。

「Hands Held High」・・・これさえもどうしてこうも綺麗なの?
                この曲は確かにLinkinの変化を感じたかもしれない。
                完成度云々というよりも感性の変化。
                「with hands held high into a sky so blue
                as the ocean opend up to swallow you」
                あまりにも綺麗。

「No more sorrow」・・・この曲、聴いたら頭から離れなくなるww
               出始め・途中の「来るぞ、来るぞ」という溜める部分が何とも言えない。
               ただ、この曲も元々のLinkinらしさは覗くんだけど、
               やっぱり進化してるんだなぁ、って思わされる。
               それは「no」や「your」がとても綺麗だから

「Valentine's Day」・・・「on a valentine's day」以外を全くもって淡々と、
               そしてすごく美しく歌い上げている(もとい語り上げている)曲だと思う。
               だからこそ「on a valentine's day」がとても印象的に響いてくる。
               風をあびながら聴くとものすごく気持ちいいよ。

「In Between」・・・なんだろう。結構聴き流しちゃう曲な感じがする。
            決して駄曲ってことじゃなくて、ただ単純に美しい曲だから。
            きっとこれには昔の面影は全くないんだろうな。

「In pieces」・・・これも「In Between」と同じ雰囲気の曲。
           歌詞を読むと結構切なくなるんだけど。
           your regrets don't lieかぁ・・・。

「The Little Things Give You Away」・・・この曲も同上。すごく綺麗。
                            これも同様歌詞が好きだなあ。
                            けど歌詞自体もものすごく綺麗なの。

「Faint」・・・どうもあたしこの終わりが納得いかないのよね・・。
        いや、わかるのよ、Faintは元々大好きだし。
        けどMinutes to〜にこの最後は少しおかしくない?
        The Littele Things〜で〆るのも若干厳しかったのかもしれないけど。
        でもよっぽどFaintよりも「Minutes to〜らしさ」が出たんじゃないかな。



意外と批判的になってしまった?
けどこのアルバムは飽きるほど聴いてる(ま、まだ飽きてないけど)くらい大好きです。
批判してる人には視点を少し変えてもう一度聴いてほしいな、って思うな。

片思い。 

2007年06月23日(土) 1時18分
初めての経験です。片思い。
いや、もちろん片思いしたことなんていっぱいあるけどね?!w

というのもアタシが好きになった彼には彼女がいる。
けど彼女に対して微妙な彼。そして仲良くしてくれる彼。

今まで彼女がいる人には一切興味湧かなかったのに・・・
なんでだろう?
リャクダツアイは嫌い。
だってされて辛かったから。
きっと彼も辛かったから。

だからそんなことはしたくない。けど好きになってしまった。


でもアタシ、今の人を大切にします。

新カテゴリ☆ 

2007年06月23日(土) 1時14分
よく考えれば音楽のとこに音楽ばっかり入っているので
音楽っていうカテゴリを作ることにしました(o^∀^o)

最近リアルで忙しくなってしまって更新できてませんが
細々と書くもの書いてます(o^∀^o)

頑張るぞー♪

うんと! 

2007年06月21日(木) 11時14分
先日。友達と花火してきました、少し早めの
どんだけー
っていう盛り上がりの末。


Kサツキタ━━(゚∀゚)━━!!!

ということで注意受けて名前と住所言わされました(o^∀^o)
『きくちめいこです』って言いたかった(´・ω・`)
でも偽名ってバレたら怖いからヤメタ(o^∀^o)

皆さん花火やる時は時間と場所に気を付けてネ(´・ω・`)

Under Age's Song. 

2007年06月19日(火) 5時52分
Be stronger Fly higher Don't be afraid

Wake up and sing a song.

ただ単にWake upという単語から朝を思い描くわけではない。
決して文字によるイメージを受けているわけではない
ただ心に清く響く女性のコーラスが白んでいく空を連想させる
その歌声は澄んでいて

強くなれ 高く跳べ 怖れるな

一日一日そうなれるならどんなにいいだろう。

朝は一日の始まり
そして今までの自分との決別
新しい自分との出会い

そうして人は少しずつ成長していくのだろう。
様々な朝を迎えて起き上がるたびに
また新たな自分の成長を目指して。


わずかな勇気でも持っていれば
その人は Can Fly Higher .


今日一日が始まるこの時間に
おそらく一番聴きたい曲。


『Under Age's Song』 -by Dragon Ash-

Imagine Boys&Girls. 

2007年06月19日(火) 4時57分
元々きくちのほむぺじはそう名乗っていました。
もうそっちのほむぺじに人は来ませんが。閉鎖したので。

しかしどうもこの言葉には思い入れがあるのですね。

Imagine Boys & Girls

ネットの中で人は必ず「Imagine」であり
「Imagine」された世界に住んでいる
そんな「Boys」「Girls」が織り成す世界は
必ずしも健全とはいえないけれど
とても「Imagine」されていて魅力的

「Girl」は「Boy」に恋をした。
もちろん「Imagine」な世界での話。

方向性 

2007年06月19日(火) 3時38分
このブログの方向性が決まらなくて困ってますw
なんていうか、いい加減テンプレートのまま放置するのもなーと思えてきて。
だからタイトル画とか用意したんだけど。
黒でいいわけ?!黒で!!!
意外と今のきくちは白のイメージなんだけどっ!
ま、今までのきくちは完全なる黒のイメージしかなかったから
なんともいえないのですがwww

ま、こんなことをここに書いた上で全く皆さんには関係ありませんが。

というわけでタイトル画=イメージをどうしようか迷っています。
うーん・・・でも色鮮やかにするの苦手だからなぁ・・・。


とりあえず目標は白でいきます!!!!
今からテンプレートいじります!!!頑張ります!!!!

だって寝れないんだもん。・゚・(つд∩)・゚・。

ニンゲンカンケイ 

2007年06月17日(日) 23時24分
人間関係って難しいですね。

こっちがどう頑張っても受け入れてもらえないことなんて多々あるし。
けどそうやって頑張ることをやめてしまったらそれで終わりなんですよね。

特別誰とでも仲良くしよう という気持ちに欠けているきくちは
そうやって常に誰かと距離を置いて過ごしているようです。

でも誰とでも仲良く〜なんてただの理想論なんだろうね?

ま、実は『誰にも心のうちを話さない人』ていうのが
きくちにとっては理想像なわけなんですけども(o^∀^o)w

けど実際そういう人って出会ったことがない。
どこかしらにそのはけ口を持っていて
そのはけ口に必ず何かを出している。

だからみんな人間関係難しくても
誰かとピタッと合わさるひとがいるもんね。

そのピタッと会う人が見つからないきくちは淋しいです。
もちろんなかのいい友達はいるけども
こーピタッとくる、ていう感覚、なんか忘れています。
というかそもそも知らないのかもしれない。



なんてクライこと書いてしまってごめんなさーい(o´・ω・`)

コタエハドコニアル(仮題) 

2007年06月16日(土) 0時48分
下で書いた小説についてです。

登場人物は一人の女と一人の男。

自分が今まで思ってきた矛盾がテーマです。

矛盾を陰陽として表すなら
例えば女は陰で男は陽のようなものです。

ま、あくまでたとえですから。

たぶん・・・まだまだかかります、時間w

でも頑張って書いていきまーす(o^∀^o)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きくちめいこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・アート
    ・旅行
読者になる
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像きくちめいこ
» ニンゲンカンケイ (2007年06月19日)
アイコン画像タケ
» ニンゲンカンケイ (2007年06月18日)
Yapme!一覧
読者になる