お子様から黒板が見えづらいと相談されたら・・・こんな方法も試してみては? 

September 23 [Tue], 2014, 6:19
ある日突然お子さんから「黒板が見えづらい」と告白されたとき、親としては焦ります。
視力が低下してしまったのではないか、眼鏡をかけなければいけないのではないかと急いで眼科を受診する人も少なくないのではないでしょうか。

ですが、眼鏡を購入する前に少し考えていただきた視力回復方法があります。
眼育総研の近視予防トレーニングキットをご存知でしょうか?

独自の「眼育」を実践するトレーニングキットは、自宅にいながら視力回復トレーニングができる内容となっています。
自宅で視力回復なんてできるはずないと考える人もいるかもしれませんが、この眼育によって多くのお子さんの視力が回復しているんです。

眼育が提供する「眼育ingBOX」には、子供が楽しんでトレーニングできる教材が詰められています。
黒板が見えにくくなってしまったお子さんが、視力回復のためトレーニングすることになったとき、やはり楽しめると言うのはとても大切なことになってきます。

できるだけ苦痛や不満を感じずにトレーニングすることで、更に効果アップも期待できるのではないでしょうか。
ただ毎日毎日トレーニングとなれば、大人でも疲れてしまいますよね。

子供でもやはり同じで、嫌だと感じてしまったらそのあとは集中することもできなくなりますし、トレーニング自体を避けるようになってしまうと思うんです。
眼育ingBOXの教材は、2日に1回だけ、しかも1回のトレーニングはたったの20分となっています。

このサイクルでトレーニングすることで大きな効果を発揮できるというのは嬉しいですよね。
近視になってしまう原因をとことん追求し、その原因にしっかりアプローチしたトレーニングを行うことで、必ずお子さんの視力は回復してくれます。

黒板が見えにくいとなれば、学校で授業の内容を身につけることが難しくなってきます。
眼鏡がいやで、見えにくいまま授業を受けているお子さんも増えてきているようです。
我が子の視力が低下しているとわかったら、出来るだけ早いうちに対処してあげたいと思うのが親の気持ちではないでしょうか。

きっと予想以上の結果を得ることができると思います。
ぜひ一度「眼育近視予防トレーニングキット」をお試しください。



P R
カテゴリアーカイブ