堺が大堀

April 27 [Wed], 2016, 19:48
相続で引き継いだ土地を処分する必要が出たので、当面はネットを活用して情報収集を始めることにしました。最初に知っておかなければいけないのは、自分の物件がいくらくらいで売れるか、どこの不動産屋さんにお願いすべきか、これら2つは欠かせない情報です。どのくらいの値段になるのか知らないと取引後に入る金額がつかめませんし、誠実な不動産屋さんを見つけませんと不動産を処分することができません。
不動産を売りたいと考えるなら、REINSを使って周辺の相場を知るのが常識です。REINSを利用するのにお金はかかりません。レインズは土地でもマンションでも価格を入手することができますので、売却する予定となっている土地やマンションの相場をおおよそ知ることができます。不動産屋さんに行く前におよその相場を知っているだけでも、シロウトだと思って適当にあしらわれて不当な価格で買い取られてしまう危険を減らすことができます。
不動産を売る時は、予想外の出費がかかることを覚悟しておく必要があります。費用を先に知っておくと、後からあわてることがありません。一番誰でも分かる経費は不動産屋さんに対して支払う必要のある手数になります。売れた金額の3.24%+64800円という計算式(上限)になるので、2000万円の土地だとだいたい70万円必要です。これだけでなく、譲渡所得税や印紙代などがかかりますし、マイホームを売るのであればリフォーム費用もかかることが多いです。仮に4000万円で不動産が売却できても、その金額が丸々、自分のもとに入るわけではありません。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続は単純ではなく、権利関係が複雑になることがあります。相続で遺産の分割が決まった結果、1つしかない不動産を1人だけで受け継ぐことができない場合、現金にして遺産を分け合うこともあるのです。相続税は基本、現金で納めますが、現金では納められないと遺族から申し出があれば延納することもできますので、物納はあまりおすすめできないので、現金を用意すべきです。
駐車場経営を考える土地のオーナーは多いので、典型的な土地活用の手法として認知されています。アパートやマンションを建てることに比べれば、ハードルが低く感じられるのが理由でしょう。駐車場経営をする時、月極で貸す方法もあれば収益の見込みを試算して決めれば良いと思います。所有者は一番が儲けがどのくらい出るかなのでしょうが、お客さんの立場でよく考えないと、赤字になることも珍しくありませんので注意が必要です。
住宅はそう簡単に売れませんので、焦って売却しようと思ってはいけません。半年前後の時間がかかるものと考えておくのが望ましいです。売り主が売り急いでいることが買い手に伝わってしまうと、買い叩かれてしまうおそれがあり、思うような価格で処分できないかもしれません。住宅を住み替えのために売るなら、次に住む家の購入諸経費全額を売却価格でまかなえるのが理想ですので、不動産屋さんの話を謙虚に聞いて売却しましょう。
家を売る場合は買い手が直接、自宅を見に来るわけですが、その時の注意点について解説します。なるべく高く家を売りたいのであれば、知っておくべき知識です。マイホームに限った話ではありませんが、第一印象を良くすることがとても大事です。購入希望者が最初に目にする門や玄関などの入り口をキレイにしておきましょう。あと、誰もが気付くような目立つ汚れは取っておき、外の空気を入れて室内の臭いをなくしておくと買い手の購買意欲もずいぶん改善し、積極的に購入を考えるようになる傾向があります。
不動産を売却すると税金を取られますが、とても金額が高いですよね。100万円を超える税金を払わなければいけないのも当たり前です。不動産を売却した時の利益は専門的には「譲渡所得」と言いまして、この譲渡所得に対し、国税である所得税と地方税である住民税がかかります。さらに、土地の場合は取得してかあ短期間で売却すると、本当はそうでなくても転売目的だったと判断されてしまい、税率が高くなってしまいます。5年を超えていませんと、2倍くらいの税金を払う必要があります。
「一物四価」という言い方は、土地に複数の値がつくことから言われているものです。それぞれ計算方法が違いますので、ややこしいです。ざっと分けると、納税の基礎となる金額と、取引をする上で必要なものとに分けられます。税金を計算するものは、相続税や固定資産税のためで、公示価格と比べて7,8割の水準に落ち着くのが普通です。公示価格は実際の取引の参考にするための指標ですが、現実に決まる取引価格は、それらとは違うことがほとんどです。現場の不動産屋は現実的な価格を知っていますので、お役所の数値をそのまま使うことはないのです。
マンションや一戸建ては1,000万円以上するのが普通なので、サラリーマンにとっては一生に一度の大イベントです。そのため、あわてて買いに走らず十分に知識を得ることから始める必要があります。税金の話や、不動産屋さんとやりとりをする上でのテクニックは大事ですが、実際に住む予定となる土地を、自分の足で確認することが私の経験から、それが一番大事なことではないかと思っています。有名な土地はイメージをあらかじめ持っている人が多いものです。三鷹や世田谷など、良い印象をお持ちではないでしょうか。印象がよくても、生活してみたら不便だったということはよくあります。物件に何度も足を運んで確認するくらいの慎重さが必要と言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココロ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mei4nksiooorse/index1_0.rdf