先生方とかへ!!! 

2005年02月11日(金) 18時57分

あと、先生方とか・・・。
誰が見て下さってたのかとか全然分からんのですが。
心配とかして下さって、見て頂いてた方がいらっしゃるようで・・・。
ええと、なんかいっぱい有難う御座いました。



そして、ちょっと冷静になって・・・というか、今、気付いたのですが・・・・煤i滝汗)
私の前の方の日記とかは、あまり、見ないでほしい、と、か・・・・!!!!!!
もうその辺気付いてから、一人悶えてるというか、よくわからん恥ずかしさとかが、あるわけ、でし、てッ・・・・・あわわわわわわゎゎゎ─────────!!!!!!!!!!!!
もうある程度見た方もいるかも、と思うのですが・・・・・・・・・・_| ̄|........○))
もう、ぬぉあぁ───!?という奇声を発したいくらいなのです・・・・・・・!!!!!!
なので、前の方とかあまり見ないでやって下さい・・・・。
それこそ切なる願いというものでしてね!!!!!
うあぁぁぁ──────!!!!
だんだん恥ずかしさとかがキタ──────!!!!((゜□゜;)))





こんなヤツですがこれからも宜しくしてやって下さい・・・・・・・・。

新しい雑記にした訳。 

2005年02月11日(金) 18時11分
最後に。を書いてから知ったりとかしたので付けたし。




思ってた以上にこの雑記を見ていて下さった方が沢山いたことを、アクセス解析や伝聞で知り、凄く驚きました。

誰かに知らせたいとか思って書いていたのではなく、自分自身にこれは事実なんだという事を刻みつけたりとか、自分の為に書いていた部分が大きかったので、露骨な表現とかあったりで、大変読みにくかったと思います。
それにも関わらず、私の事を理解しようと読んで下さった皆様、有難う御座いました。


新しい雑記に変えたのは、もうある程度私が落ち着く事が出来たから。
───それは少し強がりでもあるかもしれないけど。

前よりも私はいつも通りになってきたし、趣味の話もする。

この雑記のリンクをサイトから外したのは、これから読んで暗い気持ちになる人を少なくしたかったからでもあります。
苦しみを共有してもらう事が少なからず私の助けになったのは事実です。
でも私にとってより嬉しいのは、皆が皆らしく生きて下さる事であって、決して苦しみを広めたい訳ではないのです。
上手く言えないけど…_| ̄|○
まぁ、そんな事とか諸々の事情で、新しいものにしたのです。





と、書いとかなきゃと思ってたんですが、遅くなってしまいましたι
ちゃんと伝わるといいなぁ。


最後に。 

2005年02月10日(木) 0時06分

この雑記はこれで終わりにします。
くだらないこととか、今後は明るい話とかを書きたいし。
汚い落書きとかもUPするかもだし。
そのうち家族もこれを読むかもなので、わたわたするのも心臓にわるいので。(笑)
それと、やっぱり気分を新たにしたいと思うのです。
いつまでもうだうだしてる訳にもいかんので。
うん。


皆さん、本当に有難う御座いました。

感謝感激雨霰。 

2005年02月09日(水) 22時35分
皆様のおかげで、私は自分を見失わずに、生きています。
やっぱり兄妹だからなのか、兄と私は考える事が似てるところがあったりで、実は私も似たような事でいっぱい悩んでいました。
私の方が、ほんの少しだけ前向きだったくらいです。

私は誰かに必要とされてるのかな、とか。
私が死んだら悲しんでくれる人はいるのかな、とか。
そんなことをよく考えてた。

2年前に従姉妹が亡くなったことで、トリアエズ家族が凄く悲しむことが解かってたから、家族が悲しむのは嫌だなって思って、死なない方がいいんだって思ってた。
兄もそれはわかってると思ってたんだけど、違っていたみたい。
本当に、そのくらいしか違わなかったのかもしれない。


兄が死んでから、私は凄く辛かった。
最近、兄と一番話をしたりしていたのは私で、私が兄の話とかもっと聞いてあげれば、こんな事にならなかったかもとか、兎に角いっぱいで、頭がぐるぐるしてしょうがなかったから。
悲しいとか、寂しいとかよりも、兎に角痛くて、辛かった。


でも、友達とか先生とか、沢山の人が私を励ましてくれた。
心配してくれた。
メールをくれた。
電話してくれた。
会いにきてくれた。
お葬式に来てくれた。
話を聞いてくれた。
一緒に泣いてくれた。
抱きしめてくれた。
手を握ってくれた。
好きだって伝えてくれた。
頼っていいんだよって教えてくれた。
生きてこうねって言ってくれた。
とにかく沢山、私に伝えてくれた。
私は人見知りで、人付き合いとか上手くできなくて、色々悩みとか抱え込んだりとかしたりで、不器用だけど、自分の存在意義とか、少し解かって来た。


兄が亡くなって、沢山の人が来てくれた。
兄は友達が沢山いたし、その人たちは兄のことを好きだった。
こんなに沢山いい友達がいるのに、それに気づかなくて死んでしまった兄は本当に馬鹿だ。
だけど、皆が弔ってくれたから、兄はきっと天国にいける筈。


思い過ぎず、忘れずに。
お坊さんがそんな事を言っていたけど、本当にそうしなきゃ。
兄は優しくて、いつも私を守ってくれた。
だからもう兄に心配かけないでいいように、私も家族も、まだ少し沈んでるかもだけど、ゆっくりいつもに戻ろうと思う。
生きていれば良い事もいっぱいある筈だから、兄の分まで、生きていこうと思います。

私は 

2005年02月09日(水) 14時24分
昨日、8時間くらい寝れた。
ご飯も美味しく食べれる様になってきた。
辛いのは殆どなくなってきた。
私を励まして下さった皆様のおかげです。
本当に、ありがとう。
少しの方にしか返事とか言えてなかったりで大変申し訳ありません!!
あわわわι
とにかく沢山感謝しているのです(^^)ノシ


多分これから兄がいない事を段々実感して、悲しくなるのだと思う。
でも、頼っていいよって言ってくれる人がいるから、大丈夫。


今は割といつもみたいな感じです。
まだあまりよくわかれてない…。
まぁ、普段からぼんやりしてるしな。



昨日はラジオも聞いたのでそんな話とかしたい感じかも。
腐女子的感覚も復活してきた!
いいのか悪いのか謎ですが(爆)
それが自分的に普通なのか、も?
…………トリアエズ語っとこ!
うむ!



まぁ、忍足のバレンタインキッスのせいで、衝撃がデカかったよ。
アルバムとか、本当、いいのか?!
本当、キモいv

あとそのCMで『来年は俺が〜』っていきなり言いだしさ宍戸さんと、当然の如く話しに入ってきた長太郎のおかげで無駄にテンション上がったよ。
お前ら、またデュエットでも歌えばいいよとか思わずにいられなかった。
─────よし!(よし?)

8日の続き。 

2005年02月09日(水) 11時53分
献杯にS伯父さんが、もっと違うかたちでお酒を一緒に呑みたかったとか、いつものお餅つきの思い出とか、いっぱい話してくれた。


弁当を食べて、来てくれた方々に袋を渡して、御礼を言って、励ましてもらえたりして、あっという間だった。



皆で蜜柑を食べて、前向きに生きようって話した。

四十九日まで家に遺骨を置いて、それから家の墓に入るんだって家族で話した。
二年前亡くなった従姉妹の遺骨は、今だにその子の家に置いてある。
そういう事したら可哀相だから、ちゃんと送り出してあげようって話した。

8日のこと。 

2005年02月09日(水) 11時17分
この日は2時〜5時の間深く眠れた!
川の字でした。
何か久々に寝た気がします。



告別式。
火曜日の11時〜12時で学校とかあっただろうに、沢山の友達が来てくれた。
私の友達も来てくれた。
林野さん、梨季ちゃん、ありがとう!
愛してるv(告るな)

兄の顔を最後にみた。
花を入れて、兄が好きだった団子も沢山いれた。
棺の蓋を釘でとめて、私は写真を持って行った。
耐えるようにしてたのに、涙と鼻水でぐちゃぐちゃだったかもι


火葬場は結構混んでた様で、お焼香をしてから一時間半くらい待った気がする。
祖父と一緒に骨壺に納めた。
兄の遺骨は丈夫で、しっかりしてた。
親族の骨をひろうのは3回目だけど、1番しっかりしてた気がする。
やっぱり陸上部で鍛えてたからだなって思った。

会館に戻るとき、道を少し変えた。
家族が、そうするものなんだって言ってた。

びみょ〜に。 

2005年02月08日(火) 23時34分
泊まりがけだったから、いつも余り話さない‥というか苦手な伯父さんといっぱい話せた。
うむ。





取り敢えず長くなるかと思うので、明日書く事にします。
明日は学校は休んで、ゆっくりします。
おやすみなさい。

7日のことの続き。 

2005年02月08日(火) 6時46分
先生方が残って下さって、話を沢山しました。
いつもは敬語とかちゃんと話せるのに、タメ口になってしまったι
すみませんι
やっぱり余裕がないのかな。
でも、いっぱい聞いてもらえて、どうでもいい話もして、楽しかったし、お寿司も沢山食べれた。

有難う御座いました。

皆に感謝の気持ちでいっぱい。


私と父と伯父で今日は式場に泊まってます。
線香の火を絶やしちゃいけないんだって。

父の親友2人が暫く残ってくれた。
父も思ってることいっぱい言えたみたい。


11時くらいになって、兄の中学の部活の友達が来てくれた。
忙しくて式に来れなかったけど、わざわざ夜に来てくれた。
兄は慕われてたんだなって思った。




朝起きて携帯から確認をしたら、切れてるっぽいので、続きを送っときます。
他のも一応確認しとかなくちゃ。

7日のこと。 

2005年02月08日(火) 1時29分
朝に父と話してから、8:30に葬式屋の人が来て打ち合わせをするから、食べて片付けた。
私が一番死んだって事がよくわかってなくて、元気に振るまえるから、出来る事は私がしなくちゃと思ってそうしてる。



午後に納棺だから、それまでに出来るだけ沢山の鶴を折りたいと思った。
折ってたら大きい折り紙が無くなった。

母も黄色の小さい折り紙で2匹折った。
何か言葉を書いたみたいだった。

広げながら数えたら130匹くらいだった。
もっと、出来るだけ沢山の鶴を折りたくて、小さい折り紙で折った。
私は、兄に対して手紙なんか書いた事なくて、いつも私は言いたい事を言ってたから、今更改まって手紙なんか書けなくて、その分気持ちを込めて鶴を折るしかなかった。
150匹くらい折れた時、父に呼ばれた。
従兄弟が鶴を折ってるから一緒に折ろうって言われた。
それで、居間で皆で折った。
200匹くらいになった。


15:30近くなって、納棺の時間になったから、奥の部屋に集まった。
もう直に触ったり、見たり出来ないんだと思って、ずっと兄を見てた。
私は兄の足あたりに座ってたから、足袋を履かせてあげた。
家の蜜柑を入れてあげた。
最後に、皆で鶴を入れてあげた。
いろんな色があって、綺麗だった。

ゆっくりだけど、丁寧に出来たし、小さい頃から折り紙得意だったから、大丈夫な筈。兄は自害したけど、私が折った鶴が一緒だから、ちゃんと天国に連れて行ってくれると思うの。私はそう信じてる。


泣いたら兄に心配かけちゃうから、迷いなく逝かせてあげなくちゃって思って堪えてたんだけど、やっぱり泣いた。


通夜。
沢山の人が来てくれた。
兄の友人とか、先生とか、親戚とか、近所の人とか。
このくらいあればいいかなって用意してた物が足りなくなるくらい、来てくれた。
お坊さんが、兄の事を思ってお話をしてくれた。
19歳じゃあ貰えない筈の戒名をくれた。
祖父が無理を言って頼んでたんだけど、今日になってくれた。
檀家さんとか、納得させるの色々大変だった筈なのに。
カッコイイ名前だった。


通夜が終わって、入口に友達が見えて、近くに行った。
兄を弔うのと、私を心配して、沢山の人が来てくれてた。
泣いくれた。
話を聞いてくれた。
励ましてくれた。
会わなかったけど来てくれた人も、沢山いたみたい。
とても、嬉しかった。

先生方が残って下さって、話を沢山しました。
いつもは敬語とかちゃんと話せるのに、...
最新コメント
アイコン画像男だけど潮ぴゅっぴゅしたよwww
» 先生方とかへ!!! (2009年06月15日)
アイコン画像もう無理www
» 先生方とかへ!!! (2009年05月10日)
アイコン画像ぷるん
» 先生方とかへ!!! (2008年10月06日)
アイコン画像まさる
» 先生方とかへ!!! (2008年09月30日)
アイコン画像こけし
» 獄寺隼人…! (2005年01月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:meguoto
読者になる
Yapme!一覧
読者になる