2007年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像よーすけ
初Blog (2005年04月11日)
アイコン画像ゆーや
初Blog (2005年04月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:megumi_sawai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
結婚式 / 2007年03月24日(土)
結婚式って素敵だなあと参加するたびに思ってしまう。
特に、披露宴でのFirst Biteが好き。
何か幸せが一番伝わってくるし、見ていてほほえましい。

今日は小学校の同級生の結婚式だった。

10歳のころから知っている子なだけに、ちょっと感慨深くなってしまう。
ほんとにほんとに綺麗だった☆
幸せな奥様になるんだろうなあと月並みな言葉だけれど、そう感じた。

式に来ていた、小中学校の同級生2人も、来年結婚するのだそう。

特に焦りがあるわけでもないし、焦ってもしょうがないことなんだけれど、
もう、そういう年頃になったんだなあ。。。

第一次結婚期、遂に突入したっぽい。
 
   
Posted at 00:22 / 休みの日 / この記事のURL
コメント(0)
呼子のイカを喰らう / 2007年03月21日(水)
呼子のイカを食べました。
呼子って佐賀県にあるんです。
佐藤浩市がビールのCMでやってたはずだ。

福岡⇒呼子は、時間にして1時間半くらい。
会社の人たちとレンタカーで目指した。

お昼ごはんは、玄海というお店で食べた。

なんとなんと、本日週中の休みであるため、他の会社メンバも呼子に来ていた。
みんな、一日の休みで考えることって一緒なんだ。。。
なので、お昼はお店で落ち合ってみんなで食べた。

呼子の港では、下の写真のようなイカががいっぱい回っていて、結構面白い。


コブシメというイカのお刺身を食べられたことには、ちょっと感動。
あとは、鯖の活作りやら、アジのたたきやら。。。
やっぱり海の幸を海の見える場所で食べると、美味しいものだ。

イカを食べるために、ちょっと呼子へ・・・

うーん、九州ならではの醍醐味を満喫した一日。
 
   
Posted at 00:31 /  / この記事のURL
コメント(0)
United93 / 2006年09月17日(日)
United93を見に行った。
本当に久々の映画館。
だから、何を見ても良いかなと思っていた。

実際に見たのは、United93。

テロが起こってから、はや5年。
私は直接的にあの事件にかかわりがあったわけではないが、
それでも、心が、頭が、何か重たいもので打ち付けられたようだった。

あの日、北京にいた私は、日本への帰国便が飛ばないことに苛立ちさえ覚えていた。
当然テロがあったなど知る由もなかったからだが、今思うと、本当に恐ろしい。

映画で一番リアリティがあると感じたのは、管制室内部の様子だ。
実際、飛行機がビルに衝突するだなんて、しかもそれが意図してのことだなんて、
信じがたい光景であったに違いない。

テロが起こると同時に、飛行機同士の衝突を防ぐための調整、軍部への援軍要請。
その一瞬一瞬の緊迫感が、自分もあの場にいたかのように感じられた。

そして、United93の乗客の極限状態での恐怖に勝った勇気。
自分は、映画を通してしか知ることもなかったというのが、事実ではあるが、
それでも、あの勇気には、言葉に尽くせぬものを感じた。

久しぶりに映画を見たが、久しぶりに考えた。
 
   
Posted at 15:03 / 映画 / この記事のURL
コメント(0)
念願かなって・・・ / 2006年02月24日(金)
本日、ずっといけていなかったマルディグラに行ってきた。
念願かなって・・・と言うことで、入る前からテンション高く。。。
初めに一言でこのビストロを表現するならば、「男らしさ」があふれている。
料理人の方もそうだけれど、一皿一皿出てくる料理が男らしい。

食べたものは・・・
ピンチョス 1300円
オリーブ ???円
ハム盛り合わせ 2400円
ラムスペアリブ 2300円
ビール・ワイン・・・


ピンチョスは手始めにオーダーするにはちょうど良い。
種類も豊富であるし、野菜と肉と、両方あるし。

ハムに関しても同じ。
カウンター越しに見える豚(ハム用)のかたまりをその場でスライスしてくれる。
あとは、サラミや塩漬け、豚の背油なんかもある。

ラムは、4本も盛られて、ボリュームたっぷりだ。
ナイフで丁寧に・・・と言うよりも、男らしく(オンナだけど・・・)ガッツリといきたくなる。
実際ガッツリとかぶりついたのだが、味も好みであった。

カウンター席に座ったのが非常に良かった。
料理をしている姿を対面で見られ、どのように調理しているのかがわかる。

大学時代のオンナ友達3人で、良く食べ良く飲みよく語り・・・
気の許せるヒトと豪快に食べるならば、断然マルディグラだなあ。
楽しいひと時だった。
 
   
Posted at 16:47 / 夜ご飯 / この記事のURL
コメント(0)
資生堂パーラー / 2006年02月19日(日)
会社の先輩とパフェを食べる約束をしていた。
この日を楽しみに、福岡から東京まで戻ってきたようなものだ。
甘いものは、人を幸せにしてくれる。
甘いものを買うとき、オーダーするときに、あせっている人、怒っている人っていないと思う。

これは、「甘さ」が人にもたらしてくれる「ゆとり」だろうな。

当初の予定では、ピエールマルコリーニに行くはずだった。
「去年の夏以来だったから、楽しみだね〜☆」なんて言っていたが・・・大行列。。。

と言うわけで、Plan変更。資生堂パーラーへ。
こちらは意外と空いていた。
オーダーしたのは・・・
「紅ほっぺパフェ」♪
イチゴというと、「あまおう」が一番!と思っていたが、紅ほっぺも負けずとも劣らず。
一粒が大きい。それだけで幸せだw


先輩とは、仕事のこと、恋愛のこと、例のごとく長いこと話していた。
いつもいつも、ありがとうございます☆


 
   
Posted at 16:33 / sweets / この記事のURL
コメント(0)
オイタやっちゃった。。。 / 2006年02月17日(金)
本日、前PJのミナサマが新年会をするということで、お呼ばれした。
呼ばれた飲み会を断るなんてっ・・・って言うことで参加☆

オイタが過ぎた。。。
飲みすぎた・・・
1件目ではそんなに飲んでなかったが・・・
2件目、銀座たあぶる館のYellow.Gへ。
そこで言った一言がまずかった。
久々に逢った先輩に「テキーラ飲もう」と。

記憶だけは残っているから、なおの事、たちが悪い。。。
たまにははじけることも良いか・・・
でも、呑まれないようにしなくちゃ。

そして、いつも支払ってくれてしまう上司の方には、
3/3(金)に会う機会があるので、何かお返しをしなくては。。。
 
   
Posted at 17:09 / 夜ご飯 / この記事のURL
コメント(0)
カノヴィアーノドルチェ / 2006年02月04日(土)
今日は亜希子と逢う。
久々に二人でお茶することに…
銀座コマツ2FにあるCANOVIANO DOLCEへ。
CANOVIANOのデザート専門店だ。

レストランデザートであるので、魅せる盛り付けが何とも美しい。
オーダーしたのは・・・
マスカルポーネとナッツのクリーム入りカカオクレープ 温かいベリーのソース



全体感を移せばよかったかも知れないが・・・
甘すぎないマスカルポーネのクレープが暖かいベリーソースと非常に良く合う。

亜希子とは、最近のお互いの近況だとか、今後のこと、思っていることを話すことができた。
彼女は見た目の穏やかさと反して、非常に芯の部分はしっかりとしている。
甘いもの好きという部分や、外国好きという部分も似ているなあ。

久しぶりに、大学の友達と逢う事ができたのは良かった。
 
   
Posted at 18:52 / sweets / この記事のURL
コメント(0)
うえすたん / 2006年01月29日(日)
今日は昼過ぎの便で東京⇒福岡に戻る。

なぜならば、明日はテストがあるからだ。
業務知識の理解度テスト。
さすがに変な点数は取りたくないしな・・・

とりあえずそのあと、ステーキハウスうえすたんと言うところに夜ご飯を食べに行った。
お肉はグラム数でオーダーできるが、メニューはいたってシンプルである。
店内はカウンター10席分くらいの小さなお店だが、常連さんが多そうな感じ。
調理兼オーナー(?)が一人で切り盛りしていたため、テーブルには食べ終わったお皿が残って板が、
でも、嫌味な感じは何故かしない。
手伝ってあげたくなってしまう雰囲気をかもし出しているw

フツウのステーキを頼んでみたが、お肉が柔らかくて美味しかった☆
あと、豚足も・・・
でも、今夜はお酒は飲まなかった・・・

これから九州も長くなることだし、美味しいお店を探そう・・・
 
   
Posted at 18:23 / 夜ご飯 / この記事のURL
コメント(0)
ミュンヘン / 2006年01月28日(土)
本日、スピルバーグの「ミュンヘン」の試写会に行った。
一ツ橋ホールということで、久々に母校共立女子の近くに来てしまった。

【映画の感想】
ノンフィクション映画として、事件の詳細を知りたいと言う気持ちが強かった私にとっては、
少々物足りなさを感じてしまう内容であった。
最後まで、「で、結果はどうなったの???」と思ってしまった。

監督自身は何らかの気持ちがあってなのか、ユダヤとパレスティナ勢力に中立性を持たせているが・・・
どちらに対しても、そして事件の詳細部分に関しても、中途半端であったように思う。
国家機密的な暗殺遂行であったからか、情報が未だ少ないのかもしれない。
ただ、私自身、ノンフィクションとしての事実情報が少ないのであれば、
もっと監督の想いを強く出しても良い気がしてしまう。
監督の想いが偏ったものであったとしても、それに対しての意見と言うものが生まれた方が話題性もあるのではないか。

未だに対立のある勢力なだけに、あまり問題を起こすような内容にできないのかも知れない。
でも、そうだとしたら、まだ映画にするには早かったのかなと思う。

物語としてみる分には良いのかも知れないが、史実モノとしてみるには味気なかった。。。
 
   
Posted at 17:47 / 映画 / この記事のURL
コメント(0)
九州上陸 / 2006年01月24日(火)
朝8時の便で九州に。。。
今日から九州生活が始まる。

久々の仕事場のビル。
そういえば去年の九州の南海沖地震のときに訪れて以来だ。

去年お世話になっていたベンダーの方たちもまだ健在で、
「オカエリナサイ」と言われてしまった。

夜はお客さまとの飲み会。
九州のヒトはお酒が好きなんだろうな。

激しかった。。。

その一言に尽きる。

お酒に強くなろう。
 
   
Posted at 17:25 / 仕事 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.