引っ越し 

2005年11月05日(土) 19時19分
ブログ引っ越しいたしましたので、お手数ですがこちらから飛んでくださいませ

アレルギー 

2005年10月01日(土) 17時31分
日付。。。10月1日

ご機嫌。。。

。。。。。。

食欲。。。。◎

症状。。。。顔、あご下のアレルギー

治療。。。。ママシャンプー

体重。。。。5.2`

検温。。。。測定なし

日誌。。。。前回のアレルギー悪化の記録日誌から1週間。本日までに2回のママシャンプーをしましたが、その間大きな変化はなし。しかし、本日のママシャンプーで少しアゴ下、顔周りの赤み、フケが良くなったように見える。前回と同じ、ドライヤーで乾かす前に写真を撮った。



1週間前からお散歩を控え、散歩をしてもプチ散歩。
食事、シャンプーもいつも道り。
まだまだハッキリとしたことは解らないが、散歩を減らして少し良くなっているのは、何か意味があるのか  しかし、夜はかなり涼しくなり寝やすいはずなのに夜中に何度もカイカイをしている。かなり痒そうだ。シャンプーをした日の夜はよく寝てくれるので、おそらく今夜は静かに寝てくれるはず。皮膚悪化と同時に左耳も赤く、アカが目立っていた。相変わらず赤く、アカが目立つ。

めぐのアレルギーについてワン友さんから、励まされたりアドバイスをいただいたりと、とてもうれしくまた心強く思います。心配性の私は一人で悩んでしまい落ち込むことがよくありますが、ワン友さんから励まされたり、アドバイスをいただきずいぶん助りました。
本当にいつもありがとうございます

アレルギー悪化 

2005年09月24日(土) 15時14分
日付。。。9月24日

ご機嫌。。。

。。。。。。

食欲。。。。◎

症状。。。。顔、あご下のアレルギー

治療。。。。ママシャンプー

体重。。。。5.15`

検温。。。。測定なし

日誌。。。。フケが気になりあご下をチェックすると真っ赤でフケがかなり目立つ。ノミ取りクシでフケを取り除き、その後シャンプー。体は薄めたいつものシャンプーで洗い、顔、あご下は薄めずにしっかりともみながら洗った。タオルドライをして乾かす前に写真を撮った。8月の旅行から帰ってきてからアレルギーが悪化し、シャンプー、食事も気をつけているがちっとも良くならない。それどころか最近はさらに悪化しているように思える。左足の関節、脇も赤くなりかゆそうだ。旅行前にフード(病院食で現在も与えているフード)を徹底してから2週間くらいで驚くほど皮膚が良くなっていた。臭い、かゆみもかなり収まり皮膚の赤みもゼロで、フケもまったくなくなり喜んでいたのに...。
現在も良くなったそのころと同じようにフードの徹底、まめなシャンプーと気をつけているが良くならない。季節のせいなのか?めぐは散歩から帰ると足の裏をとてもかゆそうに噛み噛みする。皮膚が悪化しだした8月ころから散歩を毎日できるだけ歩くようにしている。もしかして散歩のときに何か反応してアレルギーが出たのかも?今日からお散歩を控えて少し様子を見ることにした。

血液検査、フィラリア薬、アレルギー 

2005年08月27日(土) 19時20分
日付。。。8月27日

ご機嫌。。。

。。。。。。

食欲。。。。◎

症状。。。。血液検査(肝臓)、フィラリア薬、皮膚アレルギー悪化の為診察

治療。。。。血液検査、左耳の治療、

体重。。。。5.15`

検温。。。。測定なし

日誌。。。。前回血液検査をし、薬を飲ませ初めてから2ヶ月。経過をみるため再び血液検査と、残り3ヶ月分のフィラリアの薬をもらう。
血液検査の結果は薬のおかげか、少しALP(肝臓の数値)が下がりだしている。
しかし、まだまだ正常値にはほど遠く正常最高値は318だが、今回めぐは851。
再び同じ薬で経過を見ることになった。(薬50日分)
薬で数値が下がってきたので、先生から説明を受けていた”バイオプシー”の検査は保留となった。多少なりともリスクもあるので詳しい病状を得られるが、できれば避けたい。
血液検査の結果
検査項目 正常値  検査結果  考えられる病気、症状
 ↓       ↓ ↓             ↓     
PCV  35〜55  46.5%  (増加)脱水. 白血病
(赤血球)              (減少)貧血.栄養不足

WBC6000〜17000 15000  (増加)感染.白血病
(白血球)                (減少)敗血症

PLT  200〜500   478    (減少)出血傾向
(血小板)

GPT...23〜89    51     肝障害

ALP..68〜318   851    肝障害、クッシング



続き... 

2005年08月27日(土) 10時02分
皮膚の診察
病院食のフードを食べ始め、みるみるうちに皮膚の状態がよくなり、
暑い梅雨の時期も問題なく過ごしていたが、旅行から帰宅後、あっという間に
あご、顔周りが真っ赤になりフケがでてきた。体も熱をおび毛も油っぽくにおいもある。
かなり注意をしていたが、おそらく旅行中にこっそりと決められたフード以外のものを
食べたためだ。(けしてめぐが自分で食べたのではない、食べさせられたのだ親戚のおばさんがめぐにあげているのを何度か見た。始めに説明して、きつく注意をしていたのだが、呼べば来るめぐがかわいく、ついあげていたらしい
ようやく良くなってきた皮膚、数年間の苦労が水の泡である...
肝臓の薬を飲んでいるので、余計な薬はできるだけ飲ませたくない。
まめなシャンプーと病院食でしっかり管理することになった。
皮膚のアレルギーが悪化したのが原因で耳(左)もただれている。
消毒治療をしていただく。

フィラリアの薬...2100円(実費)
血液検査、診察、
治療代、50日分の薬代..2825円(アニコム保険使用)

総胆汁検査結果 

2005年07月11日(月) 21時05分
日付。。。7月11日

ご機嫌。。。

。。。。。。

食欲。。。。◎

症状。。。。総胆汁酸検査結果

治療。。。。総胆汁酸検査結果

体重。。。。

検温。。。。測定なし

日誌。。。。本日総胆汁検査の結果を聞くために行く。総胆汁検査の結果は、異常なしでした。とてもうれしい知らせだった。
しかし、ALPの数値が高いため(肝臓の異常を示す)前回と同じ、投薬で一時様子を見ることとなった。結局、どうして肝臓の数値(ALP)が高いのか、原因がわからなかった。バイオプシーという検査をすることで原因をはっきりと追求することができると言っていたが、この検査はリスクが大きいということで、今すぐの検査は見送りに。しかし投薬で結果がえられなけば、せざるを得ないと思う。
たいていは、肝臓の数値に異常があった場合併用して他の機能の数値にも異常があり、
その数カ所の数値の異常で肝臓障害の病気パターンがみつかるらしいのですが、
めぐの場合はALPの肝臓の数値以外には、まったく異常が見つからず、珍しいパターンらしい。現に今回のように4回も綿密に検査をしたのに、結局原因はわからないままです。今後、怖いのが今回の検査で見つかった、小肝症(肝臓が小さい)の進行。
進行していくと、どんどん肝臓が小さくなり、肝硬変になる。
※ALPの数値の異常と小肝症とのつながりは、はっきりしていない。
飲み薬50日分(長期で出かけるため、多めにだしていただく)
1日1回、
前回、同じ薬を2週間飲んだら、ALP数値が上がったので、心配で確認したら、
薬で数値が上がったのではないので、心配いらないとのこと。

結果説明と50日分の薬で、2500円(保険なし)

総胆汁酸検査 

2005年07月06日(水) 18時46分
日付。。。7月6日

ご機嫌。。。

。。。。。。

食欲。。。。◎(検査のため朝食ぬき)

症状。。。。総胆汁酸検査

治療。。。。総胆汁酸検査

体重。。。。5.3s

検温。。。。測定なし

日誌。。。。AM9:00に総胆汁酸検査のためへいく。4日の検査後、夕ご飯の後とその日の夜中に出たが柔らかく、全体に血が混じっていたことを先生にお話をした。(次の日と今朝病院へ連れてくるまでにはでていない)おそらく、4日の検査で、いつもと違う病院まで行き、両脇の毛を剃られたりいろいろあったので、ストレスで血便になったのではとのことでした。(血便でしたがとても元気)お腹を見ていただいたら、形になっているがあるので、次に出たときには大丈夫と。
朝9:00時にめぐを預け4:00にお迎え。めぐはとても元気。
今日の検査結果は数日かかるので会計をすませて帰宅。

会計は4.800円 保険を使ったので2.400円でした。

先生が言っていた通り、夕後に出たは、血も混じっていない合格でした

つづき... 

2005年07月04日(月) 20時51分
診断書の結果
主観的に肝臓は小さく見える。エコー原性の異常ははっきりと確認できませんが、結節などは認められません。胆のう内に微量な沈渣が認められる。脾臓は主観的にやや大きく見える。
左右の腎臓は皮質と髄質がはっきり見えません。加齢に伴う変化だろう。その他、腹部内臓器は正常。
つまり今回の結果では、胆のう内沈渣の貯留。軽度の小肝症(肝臓が小さい)の疑い、ということでした。

しかし、胆のう内沈渣も微量な為、今回の直接原因とは断定することはできませんでした。
小肝症も若干だということで、これも直接原因とは言い難いようだ。
結局、今回の検査でもグレーだったわけで、はっきりとした異常は見つかりませんでした。
良い言い方をすると、すぐに処置しなければならないほどの大変な病気はなかったようです。
しかし、異常が見つかったことは確かで万歳というわけにはいかず、、胆のうと小肝が見つかり、ALPの数値も高いので、定期的な検査をして様子を見ることになった。
めぐには体調の変化はまったくなく、異常が見つかってもピンときませんが、
めぐに異常がでてきていてからの発見となると、本人もかなり痛く、辛い思いをしていたにちがいありません。そうなる前に検査で見つかり良かったと思っています。

近々、総胆汁酸を調べることとなった。

6時過ぎに帰宅し、元気にを食べた。
我慢をしていたようで食後すぐにトイレでおしっこ
そのすぐ後に、、少量で形が崩れるほど柔らかめ、全体に血が混じっている。
食欲、元気もあり変わりなかったので一日様子を見ることに。

午後は先生が半日めぐに付き添ってくれました。こちらの先生は本当に熱心でいい先生です。
本日の治療費は18000円、保険を使って9000円。

4回目検査&結果 

2005年07月04日(月) 20時04分
日付。。。7月4日

ご機嫌。。。

。。。。。。血が混じり、柔らかい

食欲。。。。◎

症状。。。。超音波検査

治療。。。。超音波検査

体重。。。。測定なし

検温。。。。測定なし

日誌。。。。6月4日の血液検査でALPの数値が高く、異常がみつかり今回で再検査すること4回目。
今回は、今お世話になっている先生の紹介で、アメリカ獣医放射線学会認定専門医の先生に詳しく診ていただくこととなった。3時にめぐを病院へ連れて行き、先生にお願いする。
その後、検査が終わるまで自宅待機。病院へ預けてから40分後に先生から電話が入り、
検査の為、脇腹の毛を少し剃りますと、承諾を得る電話だった。
その後、待つこと2時間ちょっと、5時30分頃に検査が終わったと連絡が入る。
先生は本、図解を加え丁寧に説明してくださった。

つづく...

検査、フィラリア薬2回目、肌 

2005年06月27日(月) 20時26分
日付。。。6月27日

ご機嫌。。。

。。。。。。

食欲。。。。◎

症状。。。。検査(レントゲン、エコー検査、血液検査)

治療。。。。

体重。。。。5.2`

検温。。。。℃

日誌。。。。病院の先生から連絡があり、かかりつけの病院で本日レントゲンとエコー検査を受ける。レントゲンとエコー検査でも疑わしいところは見つからなかった。血液検査ではやはりALPの値だけが高い
近々、専門の先生に詳しく診ていただくことになった。連絡待ち。

日付。。。6月26日

ご機嫌。。。

。。。。。。

食欲。。。。◎

症状。。。。フィラリア薬2回目

治療。。。。薬

体重。。。。5.2`

検温。。。。38.3℃

日誌。。。。食欲、元気バリバリ、体重も維持できているし、熱も平熱で異常なし本日2回目のフィラリア薬を飲んだ。

病院食だけに徹底すること2週間が過ぎた。相変わらず寝起きにかゆがるが、肌の状態がいいようだ。しっぽの赤み、ガサガサもほぼなくなってきており、順調。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像フィラリア薬
» 血液検査、フィラリア薬、アレルギー (2011年02月20日)
アイコン画像めぐまま
» 検査結果 (2005年06月25日)
アイコン画像ニノにの
» 検査結果 (2005年06月25日)
アイコン画像めぐまま
» 検査 (2005年06月24日)
アイコン画像もも母
» 検査 (2005年06月23日)
アイコン画像めぐまま
» 再検査 (2005年06月19日)
アイコン画像ニノにの
» 再検査 (2005年06月18日)
アイコン画像めぐまま
» 健康診断...肝障害見つかる (2005年06月09日)
アイコン画像ぶんまま
» 健康診断...肝障害見つかる (2005年06月08日)
アイコン画像めぐまま
» 健康診断...肝障害見つかる (2005年06月06日)
http://yaplog.jp/megukomama/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:megukomama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる