合格圏外にいる浪人生が、私立医学部に合格する方法とは?

August 16 [Sun], 2015, 0:18




今年こそは・・・って思って頑張った医学部入試!
現役で医学部に合格する人もいますが
やはり難関であることはまちがいありません。


ところで、現役生はどれくらい勉強しているのでしょうか?

一日の自主学習時間は、生活時間を除くと
せいぜい4〜5時間が限界です。

毎日4〜5時間勉強することを3年間続ければ、
概ね4〜5000時間になります。

土日や夏休みには、
一日10時間以上勉強したとしても、
1年間の勉強時間の合計は6000時間程度が限界になります。

そうです。与えられた時間は
皆平等なのです。

その時間の中でライバルたちと
戦っていかなくてはならないのです。


そこでライバルと差をつけるには
効率を上げていくしかありません。

限られた時間をいかに効率よく使うかが
合否の分かれ目になってきます。


更に医学部は大学によって
出題傾向にばらつきがあるので
志望校の過去問に詳しい先生に教えてもらう必要があります。


とにかく現役であろうと浪人であとうと
医者になるためには医学部に合格して
医師の国家試験合格にしなければいけません。

時間は待っていてくれません。


決断とそれを達成する強い意志、
そしてそれを支えてくれる頼れる先生・・・

その先生の集まりが
この「医学部受験のクレスト」です。


合格圏外にいる浪人生が、
医学部に合格する方法を
もっと詳しく知りたい方はこちらから↓
(準備中です)


「医学部受験のクレスト」で合格を勝ち取った方の体験談とは?

August 16 [Sun], 2015, 0:17

誰しも家庭教師をつける前は不安がありますよね。

そこで実際「医学部受験のクレスト」で学び
合格を勝ち取った方の体験談を紹介します。



@家庭教師をつける前の状況・悩んでいたこと

予備校に通っていましたが、
私大をメインに受験するにも関わらず、
東大や京大対策の難問ばかり解く授業ばかりで
ついていけませんでした。

大事な事項とそうでない事項の区別がつかず、
今から思うととても効率の悪い勉強をしていたと思います。

大手予備校に通っていましたが、
成績が思うように伸びず悩んでいました。


A家庭教師をつけて成績・学習状況はどう変わりましたか?

精神的な面でも先生が励ましてくれたため、
辛い時期も乗り越えることができました。

数学では、過去問を中心にやることで、
受験に本当に必要な勉強ができ、
基礎も固めることができました。

受験問題というゴール地点を見せ、
今の勉強がどのように受験とつながっているか、
ということを明確に示して下さいました。


受験までの限られた時間の中で、
私には何が足りないのか、そしてそのためには何をすればいいのか
ということを教えて下さいました。



B講師の指導への感想

講師の先生と良い人間関係を築けたことで、
受験期のモチベーションの維持などの
勉強以外の面でも支えて下さったのが
本当にありがたかったです。

細かい目で化学の全範囲をさらうことができ、
もう受験まで時間がなかったので、
本当に助かりました。

医学部の対策に特化した
効率のよい指導だったと思います。



Cこれから医学部を受験されるご家庭へのメッセージ

自分が行きたい大学のレベルはきちんと決めて、
それに合ったレベルの問題を演習するのが1番だと、
私は自分の受験で実感しました。



さあ、あなたもこの中の一人になりませんか?

医学部受験のクレストに向いている受験生とは?

August 16 [Sun], 2015, 0:14

医学部に進学したい人には
予備校に行く人と家庭教師を頼む人がいます。


●予備校の特徴とは・・・

・基本は集団指導
・周りの生徒と競争できる
・決まったカリキュラム通りに授業が進む
・基礎的なことができている前提でハイレベルな演習を行う
・生徒が多く、質問しにくい場合もある
・家庭学習は、基本的に生徒に任される



●家庭教師の特徴とは・・・

・1対1のマンツーマン指導
・自分のペースでできる
・一人ひとりに合わせてオーダーメイドカリキュラムを作成
・苦手分野を集中的に対策できる
・質問はその場でできる
・家庭学習の管理を家庭教師が行う



また「予備校」に向いている受験生と
「家庭教師」に向いている受験生 がいます。


●「予備校」に向いている受験生とは・・・

・勉強のやり方が分かっている
・基礎的なことはある程度できている
・自分で計画的に勉強できる
・志望校(医学部)に偏差値がおおよそ届いている


●「家庭教師」に向いている受験生とは・・・

・勉強のやり方が分からない
・基礎から抜けが多い
・苦手分野がある
・志望校(医学部)に偏差値が届いていない
・志望校(医学部)が決まっており、
それに絞った対策をして欲しい



この2つの点から自分に向いているのはどちらか
正しい選択をする必要があります。


おのずと「医学部受験のクレスト」に
向いているか受験生かどうかは分かるはずです。