夜中に何度も目が覚めるならサプリで対策!

March 14 [Mon], 2016, 11:51
私も以前は夜中に何度も目が覚める睡眠障害に悩まされました。朝からいきなり疲労感を抱えた状態で一日をスタート。
頭は常にぼーっとしているから、仕事でミスを連発。お昼ご飯を食べた後は強烈な眠気に襲われ、居眠りをするのも日常茶飯事。

免疫力も下がっていたようで体調を崩しやすくなり、風邪をひいても長引くようになってしまいました。体調を改善しようと思っても食欲不振で食べるものもままならず。
次第に肌荒れがひどくなってニキビのような吹き出物ができるようになったり、性欲まで落ちてくる有様でした。

わらにもすがる思いで病院に駆け込んだところ、どうやらセロトニン不足になっていることが判明。仕事の不安によるストレスなども影響しているとのこと。
そのころは確かに仕事が多忙を極めていて、1日中何をしていても仕事のことが頭から離れませんでした。仕事のことを考えると頭がギンギンに冴えるような状態でした。

セロトニン不足を解消すべく、お医者さんに言われたことを試してみました。まずは日中に日光を浴びる時間を長くすること。ちょっとの隙間時間でも外に出るようにしました。
そしてシャワーではなくてきちんとお風呂に入ること。寝る前に入浴して体温を温めておけば、寝つきが良くなって深い睡眠が得られやすい、とのことでした。

けど結果としてはことごとく失敗。自分にできることでセロトニン不足を補うのは無理だとあきらめ、真っ暗にしてみるとかアロマを使うといったことをしてもやっぱりダメ。
あまり気が進まなかったものの、病院の睡眠薬を使うようになりとりあえず夜中に何度も目が覚めることはなくなったものの、次第に別の問題が浮上し始めました。

睡眠薬を使うと決まって、次の日の朝、強烈に頭がボーっとするんです。なんだか寝すぎたような疲労感を感じるようになったんです。
夢を見ることもなくぐっすり眠れるので睡眠の質はよくなったはずなのに、何か釈然としない症状に悩まされていました。

睡眠薬を使ってもダメ、睡眠環境を整えてみてもダメ。八方ふさがりになった気分になっていたものの、そんな私を救ってくれたのが睡眠サプリでした。
ネムリスというセロトニン不足を効率よく補ってくれるサプリメントのおかげで、私の睡眠不足は抜本的に解消することができました

ネムリスにはセロトニンを生成するために不可欠はトリプトファンが豊富に含まれています。トリプトファンは通常食べ物によって摂取する成分です。
ただトリプトファンを含む食品はチーズなど高カロリーなものばかり。食欲不振だったのでどうしても食が進まなかったのですが、ネムリスのおかげで補えるようになりました。

ネムリス以外にも睡眠サプリにはいくつか種類があるものの、研究機関で効果を実証されているのはネムリスだけです。
効果が出るまでの期間に関しては個人差があると思うので何とも言えませんが、私の様に1週間もすれば効果は表れるはずです。

セロトニンはそもそも休息をつかさどり安心感を与える重要な脳内物質です。セロトニンが増えれば不安を強く感じることもなくなります。
仕事で不安を抱えっぱなしでしたがネムリスのおかげで不安の強さも減り、以前とは比べ物にならないようなはつらつとした毎日を過ごせるようになりました。

ネムリスは今ならキャンペーン価格で効果を確かめられますよ。
↓↓↓


病院の睡眠薬ですぐ寝れるようになるのか?

March 14 [Mon], 2016, 11:51
睡眠障害で病院にかかるとしたら何科行けばよいの?というと睡眠外来を設けているところもありますが、心療内科などが該当します。
不眠症といっても寝つきが悪い場合と短時間で何度も目が覚める目が覚める、目が覚めたら何時だろうが朝まで眠れなくなる、などいろんな症状があります。

睡眠薬によって服用してからの効き目が表れる時間が変わるため、その人の症状に合わせた薬を処方してもらえます。効果は割と高いと考えてよいです。
ちなみに、寝つきをよくするのは睡眠導入薬とも呼ばれています。ただ妊娠中の妊婦さんが睡眠薬を処方するとおなかの赤ちゃんに影響を及ぼす危険があります。

睡眠薬は薬ですから副作用と隣り合わせです。お医者さんの注意を守るだけじゃなくて、使用量をできるだけ控えるような努力をするべきです。
睡眠不足に陥る主な原因はセロトニンという物質がかかわっています。セロトニン不足によって寝つきは悪くなるし睡眠を維持する力も失われて途中覚醒に悩まされることになります。

ストレスは夜中に何度も目が覚める原因の一つ

March 14 [Mon], 2016, 11:50
ストレスを強く感じたり不安に長くさらされる時間が長くなればなるほど寝つきが悪くなりがちです。自律神経の働きが乱れるからです。
交感神経と副交感神経のバランスが悪くなることで、精神状態が興奮状態のままになりどうしても眠りにくくなってしまうわけです。

もしくは寝つきはそれほど悪くなかったとしても夜中に何度も目が覚めるのも不安やストレスを感じている証拠。妊娠超初期や生理前といった条件がそろっている場合を除けば鬱の可能性も出てきます。
眠りが浅いとぐっすり眠れなくなってしまうものの、睡眠の質を上げるにはとにかくノンレム睡眠の時間を長くする必要があります。

夢ばかり見るレム睡眠だと体の疲れは取れません。漢方やサプリの力に頼るのも一つの手段となります。基礎体温が低い場合は体温を揚げるようにするのも効果が期待できます。
不眠症や睡眠障害の原因はセロトニン不足も考えられます。日に当たったり栄養バランスの良い食事を心がける必要があります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夜中に何度も目が覚める
読者になる
2016年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる