視力のいい人は老眼になりやすく回復しにくい

July 02 [Tue], 2013, 10:19
老眼になりやすい人は、一概には言えないのかもしれないが、私の周りでは少なくとも元々視力のいい人の方が老眼になっている傾向がある。

職場の上司はまだ若い50代前半だ。

若い頃から視力は良くて、職場でも裸眼で視力がいいことを自負していた。

そんな人が早々老眼になった。

まさかだった。更に、仕事を続けているせいもあるのだろうが、進行がとても早く、回復なんてとんでもないという感じだった。

調べてみると、やはり一般的に視力が良かった人の方が老眼になりやすいと言われているみたいだ。

反対に、ずっとコンタクトで生活している別の上司は、同じぐらいの年齢だが、まだ全然老眼の傾向はなさそうだ。

やはり、何かしら視力が老眼に関係しているのだろうと思う。

回復するものなのかどうかもよくわからない、老化と言われる老眼だが、歳を重ねればいつかは誰もが経験することだし、目の体操などもあるようなので、早めに対策しておくのが良いのかもしれない。

目の酷使が老眼の回復を妨げる

July 02 [Tue], 2013, 10:18
私の母が老眼になったとわかった時は、少なからずショックを受けたものだ。

そして、どんどん見えなくなっていき、ついに老眼鏡を買った母を見て、年をとったなと思ったものだ。

老眼というのは、回復するのかどうかよくわからないが、ひとつ言えることが、目を酷使することはその少しの可能性がある回復の兆しについて妨げてしまうということだ。

つまり、老眼になったら、できるだけ目を使うことを避けるのが懸命なようだ。

母は、見えなくなってきてから逆にどうにか見ようとして、目を細めたまま新聞や雑誌を読み、どうにか見ようとして、そのものを離してまで見ようとしていた。

更に、母はパソコンでライター業務を若干していたため、近距離のものに限らず、常に目を酷使していた。

このことは、少なからず老眼に影響を与えていたに違いない。

老眼になった途端にやめてしまうなんてことは難しいのだろうが、せめて目を労るということをしないと、老眼は驚くべき早さで進行していくのだ。

筋肉トレーニングで老眼が回復する

July 02 [Tue], 2013, 10:17
そもそも、老眼というのは老化、つまり体の機能の衰えである。

足が遅くなったり、反射神経が鈍ってきたりという老化としてよく見られる現象を始め、シワなどといった組織の老化と同じである。

ということは、その衰えてしまった部分を強化して元に戻せば回復するのではないかという動きが最近見られるのだ。

シワが顔のマッサージやトレーニングで消えるように、老眼も目の周りの筋肉トレーニングをすることで回復するのではないかと考えられているみたいだ。

私も、早速その筋肉トレーニングを学び、父に実践するよう試してみた。

というより、現在進行形なのである。

この筋肉トレーニング療法は最近言われだしたことで、まだ正直なところ結果がきちんと出ていない。

つまり、本当に回復するのかどうかというところまではわかっていない。

しかし、毎朝筋肉トレーニングに励み、なんとなく見えるようになった気がすると感じている父を見ていると、何もせず老化の一歩をどんどん進んでいくよりは、こういったことを習慣付けるほうが体にも精神的にもいいのではないかと思う。



老眼の回復にいいとされるブルーベリー

July 02 [Tue], 2013, 10:17
私の母が突然老眼になった。

毎日決まって新聞を読む母が急に見えないと言い出したのだ。

私も少なからず動揺した。

まだまだ若いと思っていた母だったので、老眼となると一気に老けた気がしたのだ。

そして、私は母の老眼が少しでも回復するならと色々調べた。

すると、ブルーベリーが老眼にいいとされていることを知った。

そこで、毎日母に色んな方法でブルーベリーを摂らせることにした。

ジャムを作ってやったり、サプリメントになっているタイプのものを買ったり、目に貼るパックなんてのもあった。

老眼にブルーベリーが効果的だという事実はわりと一般的らしく、色んな商品があった。

そして、母の老眼はなんとなく進行が遅くなったような気がした。

目を細めればなんとか見える程度、少し離せばなんとか見える程度で収まり、老眼鏡を買うというほどにまで今のところ至っていない。

しかし、改善するというわけにはいかないようで、どうも回復の見込みがあるわけではなさそうである。

老眼は老化なので、回復は難しい

July 02 [Tue], 2013, 10:16
老眼は治る、○○がよく効く、そんな話を最近よく耳にするのだが、あくまでそれは民間療法で、気持ちの問題とでも言うだろうか、とにかく老眼とは老化なのだ。

人の老化が遅らせることができても回復することがないように、老眼も老化の一種のため、回復するということは難しいと言える。


実際、私の父は、ずっとビジネスマンでバリバリに働いてきた人間だったので、老眼が来た時にはショックが大きかった。

そして、あらゆる良いとされる方法を試していた。

自分で色々調べたり、私も協力を仰がれてかなり真剣に調べたものだ。

しかし、父はそれをすべて試した後に悟った。老眼は回復しないと。

年齢と共にどんどん症状は悪化していき、新聞を読むのにもメガネを必要とするようになった。

老眼鏡の不便なところは、普通のメガネと違って、ずっと着けているわけではないので、物を見たい時だけかけなくてへならない煩わしさだろう。

しかし、私は父に、老化の一種である老眼とうまく付き合って、もうゆっくりしなさいということだと説得した。

忙しく動かない生活を送れば、老眼鏡をかけることぐらい煩わしさを感じなくなるのではないかと。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:megapachipachi
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/megapachipachi/index1_0.rdf