恋。 

September 08 [Tue], 2009, 21:03



---今朝、おば宅から帰ってきてから二度寝していました。

それは午前8時半〜10時半頃だったと思います。

---知らない番号からの電話で起きました。

出たら久しぶりの友人、アキでした。

しかし、今日は2時〜4時のヘルパーさんの日だったので
いったん会うのを断りました。

でも折り返し電話して、他に会える日ないの?と聞いたら
今日以外会える日が当分ないと言うので
急遽、ヘルパーさんをキャンセルして、会う事になりました。

---昼の12時半にハンズ前で待ち合わせ。

アキは原付で来ました。

本当に久しぶりの再会で、1年ぶりくらいだったと思います。

---アキは相変わらずニーハイが似合うほど足が細く
黒のピンヒールで羨ましかったです。

「元気そうや〜ん!」

と言われましたが、かなりうつ状態だったので

「んなことないよ〜」

と元々テンションの低い影尾ですが、もっと低かったです。

---カラオケフリータイムで、部屋に入ってから
とりあえず、今の恋沙汰など話してました。

アキの恋沙汰は詳しく書きませんが
自暴自棄になっているようでした。

そんなアキと自分の苦しみを重ね合わせたら
涙が溢れ、泣き出してしまった影尾。

それほど今のアキの恋の苦しみと、自分の叶わないかも知れない恋の
苦しみが合わさり、アキのつらい気持ちが痛いほど伝わってきました。

---唄ったり、話したりしてましたが
お互い恋の歌や、失恋の歌など唄っていたので
あたしは唄いながら何度も何度も涙を堪えていました。

---そして後半はずっと話していました。

相乗効果がないかも知れない友人の話など聞いてもらって
あたしは人とぶつかり合う事から逃げてるんだ、とアキが教えてくれました。

「もうこの子に何を言ってもしゃーないわ」

と思った時点で、あたしは逃げてる。

それじゃあダメなんだなって思いました。

ぶつかり合って、本音で全て言い合って
自分が納得するまで話し合って、それでも伝わらないなら
それまでの関係だったってこと、と教えてくれました。

---恋の話に戻ります。

アキの恋は今、相思相愛。

でもそれでも実らない恋らしいです。
色々と事情があって。

あたしが今恋している人には、数年付き合っている彼女がいて
その彼女と別れてまで、あたしと付き合ってくれないだろうと
相変わらず自己評価の低い影尾です。

でもアキからしてみれば

「その男性を振り向かせるチャンスがまだまだあるやん!」

と言っていましたが、自信がないです。

あたしがもっと美人だったら…

あたしがもっと痩せていたら…

そしたらあたしの事を選んでくれるの…?

なんて想いが、溢れてきます。

---お互い今、すごくツライ状態なので

「2人で死のっか」

なんて話にもなりました。

アキが死にたい気持ちもすごく分かるし
実際に自分も何度も何度も死にたいと思った。

だから

「死にたい」

と言うアキに対して、薄情と思われるかも知れませんが

「死ぬな」

とは言わなかったし、言えなかった。

自分自身も今、死ぬか生きるかの瀬戸際で
耐えられないほどの苦しみを抱いていて、死にたい気持ちがすごくあるから。

でも、やっぱり大事な大事な友達なので
失いたくないです。

だから

「明日死のう、明日死のうと思って、生きようや」

と言いました。

アキは

「もう誰か殺してくれへんかなぁ〜」

と言うので

「それはあたしも一緒や」

と、かな〜り暗く重い空気で
しかも照明をほぼ真っ暗の中で話し込んでいたので
余計に重い気持ちになって、帰って来ました。

---あたしは自分の容姿、内面もそうですが
自信がついてから、恋と言うものをしたいです。

今も叶わないかも知れない恋をしていますが
もっとゆっくり時間をかけて、もっと前向きに生きれるようになった時
この苦しみは報われるんじゃないかと思っています。

死にたいくらいの苦しみなんて、誰でも持ってる。

それが人それぞれのタイミングであって
今、アキとあたしはそういうタイミングなんだなって思います。

---今日は楽しかった!とは心底言えない状態でしたが
久しぶりにアキに会えて、話も聞いてもらって
少しだけラクになれました。

生きろよ、アキ。

あたしだって、この苦しみに耐えてるんだ。

耐えられて、乗り越えられるからこそ、こういう試練が来るんだ。

そういう風に少しでも、アキにも前向きになって欲しい。

あたしだって、そりゃ許されるもんなら死にたいさ。
でも周りはエゴで生かすんだ。

---では、今から眠剤を飲んで、今夜はひとりで寝ます。

おばに電話して

「あんまり甘えてたらアカンと思ったし、気も使わせてしまうし
 こっちも気を使うから今夜はひとりで頑張って寝てみるわ」

と言うと

「そうか、分かった。でも泊まりに来たくなったら
 また電話しておいでな」

と優しい言葉をもらいました。

こういう風にあたしは周りに支えられながら
生きているんだなぁと実感です。

---じゃあ、今日はこの辺で。

非難。 

September 07 [Mon], 2009, 17:48



---こんばんは、影尾デス…。

ここ一週間くらい、うつ状態になる事が多く
昼間起きているのがつらいので、悪循環になっています。

昼間寝る→夜眠れない→眠剤を追加する→朝起きれない→最初に戻る。

と言うような、悪循環に入ってしまっています。

そして自分でも一番怖いのは
夜眠れず、ひとりで起きていると自殺願望、自殺衝動が来ます。

それが一番怖いんです。

発作的にベランダから飛び降りてしまうんじゃないか、と。

---このツライ気持ちを、隣の親戚のおばちゃんに
電話で言いました。

「もうアカン…死にたいわ…」

と言いました。

---それから少しだけ隣にお邪魔して
自分なりに考えた提案を言ってみました。

「座敷でええから泊まらせてくれへんかな…?」

と。

おばちゃんも色々考えてくれて

「あんたが夜中に不安になったり、死にたくなったりするんやったら
 隣で寝たってもかまへんし」

と言ってくれました。

とても心強い言葉でした。

---とりあえず、今は非難しに行きます。

ご飯やお風呂は、そこまでしてもらうつもりはないので
自分でヨーグルトを食べてから、今夜20時頃に
薬とパジャマを持って、泊まらせてもらってきます。

「とりあえず」

と言った感じで、ひとりで眠る方が気も使わなくて良いと判断したら
また自室で寝ようと思っています。

---でもそんな事言ってられない状態なんです。

本当に自分でも抑えられない自殺衝動が来ても
自宅では誰もとめてくれる人はいません。

死にたくない。

自殺衝動が来ても、隣で眠っている伯母の姿を見たら
まだマシかも知れない。

---という訳で、明日は気合いで朝起きて
昼の2時〜4時までヘルパーさんなので、悪循環から抜け出したいです。

今夜一発で悪循環から抜け出せたら良いなぁと思っています。

そしたら伯母宅に迷惑もかからないし
自分で何とか出来る範囲内で自分自身を救えるかも知れない。

では、そろそろヨーグルト食べます。

丸7時間しゃべくり。 

September 05 [Sat], 2009, 22:20



---今日はマイミクでリア友のまいっこちゃんと
2ヶ月ぶりの再会!

サイゼリヤで
昼の1時から夜の7時までしゃべくり!!

いろんな話したなぁ〜!

めっちゃおもろかった〜!

あたしの元彼に対する愚痴も聞いてもらった(笑)

---今朝の日記では、かなり沈んでいましたが
まいっこちゃんに元気もらった〜!

リストカットをやめたいと思っている事も話したし
実際にここ数日全く切っていない事も話した。

父親と上手くいってない事も聞いてくれたし
随分気持ちが明るくなって、重い気分も少し軽くなった。

ありがとう、まいっこちゃん!

---大好きな服の話や

「ブーツっていつ頃から履く?」

とか

「もうブーツ履いてる人いるやんな!?」

とか楽しかった〜♪

しょーもない話でも、一緒に笑ってくれる、まいっこちゃんでした☆

---あたしゃ、服の話をし始めたらとまらない、とまらない(笑)

最近ニッセンで、秋服を買った事や

「その服がこんなんで…どうやって着たらええかなぁ?」

とか、相談してアドバイスもらった〜♪

---今日はあたしも精一杯オシャレしていったつもりでしたが
その上をいっていた、まいっこちゃん!

背が高くて、スレンダーでスタイル抜群!

かなり今日のまいっこちゃんのオシャレは

「パーフェクトで賞」

をあげたい!!

---あたしは、グレーのチェックのパンツに
ベージュの肩出し長袖トップスに、飾りベルトをしていきました。

あたしなりに悩んで悩んで決めたオシャレでした(´ω`)ぷぷぷ

---そしてまた来月会えたら
今度は2時間ほどカラオケに行こう!と約束しました♪

来月は年金が下りてくれるので、ちょっとお財布に余裕が出来ます。

いつもまいっこちゃんとゆっくり会えるのは
土日のどちらかなので、カラオケ代も少し高めになりますが
来月ならOK!

そして

「まいっこちゃんが仕事が終わった後でも会えるよ〜」

と言っておいたので、今度都合が合えば
食事でもまた誘って欲しいなぁ…なんて( ̄∀ ̄*)イヒッ

---という訳で、久しぶりに楽しい時間を
まいっこちゃんと共有出来て本当に嬉しかったです!

何だか気持ちも明るくなれた自分がいました。

---あ、それから。

「せいちゃんって魚座やんな?」

とまいっこちゃんが言い出して

「なんかなー、TとKのつく人には要注意って本に書いてあった!」

と言っていました。

その

「要注意」

の意味がどんな理由なのかは分からないけど
何かしら良いものを運んで来てくれる人かも知れません(σ゚∀゚)σイェア♪

何だかワクワク、どきどき。

Tのつく人は、元彼の苗字。

そしてKのつく人は、今一番身近にいるのが
きむにぃ。

---そういう些細な事でも、期待をして

「もう少しだけ生きてみよう」

と思える自分は、まだ大丈夫だと感じました。

---という訳で、今日はまいっこちゃんと
久しぶりのお茶デート(*´ェ`*)ポッ

楽しかったです!

では、また!

明けない夜。 

September 05 [Sat], 2009, 5:21



---昨夜は情緒不安定だった。

そして漠然とした絶望感。

鬱状態だったというのもあった。

胸が痛くて、苦しくて
今もまだ自分は何に対して苦しんでいるのか
分かっていない。

泣いても泣いても、孤立感ばかりが募り
本当に死のうと思った。

でも、友人にSOSメールを送ると

「それだけはアカン!何人の人が悲しむんか。
 
 何のためにカウンセリング始めたんか。
 
 死ぬのは楽になる事じゃないよ。」

と言ってくれて、少し自殺衝動は治まった。

---昨夜は起きているのがしんどく
とにかく早く寝逃げしたかった。

21時に眠剤を飲み、22時になっても眠れなかったので
眠剤を追加した。

そこからまだ寝付けず、悶々と苦しみを抱え
この夜は明けないんじゃないかと思うくらい
死んでしまいたかった。

---本当に本当に苦しくて、悲しくて
その原因は元彼にあると思ったから、元彼には何も言わなかった。

先日元彼とチャットをしていた時

「もっと俺に文句言ってもええねんで…」

と言われたが、言ってしまったらキリがないし
言う事によって元彼と同じ類の人間になってしまうと思ったから
何も言わなかった。

そしたら元彼は

「元々お前はそういう事はっきり言わんかったもんな…

 だから俺はお前をめちゃくちゃ傷つけまくってた…」

と言われて、涙が溢れ出したっけな。

---何にせよ、元彼絡みのことは、今のあたしにはまだ残酷。

だからあたしは元彼のことを、あれこれ聞く気もない。

---あたしはきっと、今どん底にいるんだと思う。

少しの心の余裕さえない。

なのに人の心配をしている。

自分で自分が何をやっているのか、分からない。

わけが分からない。

完全に自分を見失ってる。

---今朝4時に目が覚めたので、もう1回寝ます…。

現実。 

September 03 [Thu], 2009, 19:50



---昨日のことです。

元彼宛てに、重要な書類があたしの家に届いていました。

なので、取りに来てもらう事にしました。

---正直、どんな顔で会えばいいのか
どんな心構えをしておけばいいのか分からなかったですが
そんな事も考えられないうちに、元彼がマンションの下まで
バイクで到着しました。

---「元気か?」

と聞かれ、正直に

「あんまり」

と答えました。

「恨んでる?」

と聞かれたので

「当たり前やん。うらみ〜ま〜すぅ〜♪」

と歌ってやりました。

---そして元彼はあたしの腕の傷を見て

「チョイ〜!チョイ〜!」

と腕を軽く叩いてきたので

「触らんといて」

と言いました。

---元彼は

「俺の事恨んでるのに、よう会えるなぁ」

と言うので、あたしは複雑な感情を押し殺して

「あたし頭おかしいから」

と、おどけてみせました。

---15分〜20分ほど話していましたが

「お前ホンマに痩せたなぁ!」

というので

「それ付き合ってる頃に言うてよ」

と言うと

「俺言ってたで」

と言われましたが

「そんなん言われた覚えないわ」

など話していて、元彼の姿を目に焼き付けている自分がいました。

---あたしが知らないネックレスをしていたし
携帯のストラップも増えていて、どんどんあたしの知らない元彼になっていました。

---そこであたしは現実をやっと受け入れられた気がしました。

もう元彼の心を埋めているのはあたしじゃない。

別の女。

---元彼に彼女が出来たのは、たまたま運とタイミングが良かっただけ。

あたしはフラれた苦しみをまだ味わっているけれど
この苦しみがいつか報われるなら、今はどれだけ死にたくても
生きなきゃダメなんだなって思っています。

そしたらきっと、実る恋もあるかも知れない。

---でも今、あたしが片思いしている人は彼女がいて
その彼女をフってまで、あたしとは付き合わないだろうと
諦めている部分もあります。

そこが自己評価の低いところなんだな、って思います。

本当は実って欲しいけど、まずはあたしが自分自身を
好きになって、愛して、周りにもその愛情を注げるような
そんな人間になってから、恋をしたいと思います。

「もう恋なんてしない」

と、文字起こしの際に書きましたが
人間ちゅー生き物は、惚れたり惚れられたりするんだなぁ…これが。

---正直、今朝から調子が悪く、死ぬ事ばかり考えていました。

叶わない恋なら、あたしには何の希望もない。

今あたしが欲しているものは、愛情。

恋人が出来たら、どんなに幸せなんだろうなぁ…なんて考えたり
また父親と良い関係になれたら、嬉しいだろうなぁ…とも考えたり。

---あたしは14歳の頃から24歳に至るまで
彼氏がいなかった時期がなかったので、今はとても寂しいし
一番欲しいものは恋人です。

でも、まずはダイエットを成功させ
自分で自分を愛せるようになったら、自信もつくだろうし
視野も広がって変わるかも知れない。

その時に、また自分は恋をするか、しないかを
決めようと思っています。

---今は治療の一環としてカウンセリングを受けられるように
環境が変わったので、良い方向へ傾くように
自分でも努力するし、リストカットも毎日切っていたけど
ここ数日は全く切らなくなりました。

---文字起こしで、だいぶ楽になっているのかも知れません。

元彼にもその相談をしていたのですが
昨日会った時に

「その紙は捨ててもうた方がええんちゃうか?」

と言われましたが、あたしは月日が経った後に

「この時こんな苦しみがあったんや〜」

と思い出したい派なので、今のところ置いてます。

---元彼がバイクにまたがり、あたしの頭をつかんで撫でて

「頑張れよ」

と言っていました。

おめぇが言うな!っつーの!(笑)

---そして、元彼に書類を渡してバイバイした後
部屋に戻ると、何故か目に涙がいっぱい溜まりました。

あの涙は何だったんだろう。

現実を受け入れたショックだったのかな。

でも、これが現実なのです。

これから先もずっとずっと死ぬまで一緒だと思い込んでいた
あたしが馬鹿だったんです。

元彼は、別々の道を選びました。

あたしは納得のいく別れではなかったけど
現実をやっと受け入れられたので、良かったなと心底思っています。

---次会うのは、10月6日の長渕のライブの日です。

それ以降は、もう会う事もないのかな。

それはそれで構わない。

今は、元彼を引きずる気持ちより
片思い中の男性の事を考えている時間の方が多いので。

では、少し浮上した影尾でした。

自分との指切りげんまん。 

September 01 [Tue], 2009, 22:09



---こんばんみ、影尾です。

リストカットが再発して早4ヶ月が経過。

そんな中で改めて思った事。

---あたしはどこか薄情な部分があるのかと
思っています。

と言うのは、今はもう縁を切ってしまった友人がいたのですが
その友人もリストカットをしていました。

でもその友人が手首を切っても
あたしは心配もせず、悲しくも何ともなかったので
自分自身がリストカットをしても、周りの悲しみ苦しみが分からず
今まで切り続けてきてしまったのだと思います。

そういう部分が薄情かな、なんて思っています。

---でも、リストカットが再発してから
本当につい最近になって周りの悲しみが少しだけ
理解出来るようになりました。

R嬢には

「せいちゃんが一番つらいのは分かってる。
 でも切られる方としてはめちゃくちゃ胸が苦しくて悲しいねん」

と言われ、N嬢はそういう事を言わなかったですが
スカイプをしていても、笑ってくれる事が少なくなり
N嬢の彼氏さんに電話で相談したら

「そりゃ笑えないよ。せいちゃん腕切ってしまってるんやから」

と言われ、改めて危機感を覚え

”このままじゃ大切な人たちが離れて行ってしまう”

と思ったので、ここで自分と指切りげんまんします。

リストカットの頻度、本数を減らしていく方向で
最終的にはまたやめる。

---何故か感極まって、泣きながら元彼に電話して
話を聞いてもらっていたのですが

「俺がキレた時、お前ほんまにリストカットしなくなったやんか。
 それは俺、お墨付きやから。お前やったらまた絶対やめれるよ!
 実際にやめれてた時期があるんやから!」

と言ってくれました。

---リストカットと言う心のバランスを取る為の方法を
変えていこうと自分なりに考えてみました。

例えば、苦しい気持ち悲しい気持ちがあるなら
その全てを紙に書いていこうかと思っています。

文章起こしです。

その事をきむにぃにメールで

「文章起こしは心理学上良い事?悪い事?」

と聞くと、返事が来て

「結果的に有効な事ですよ。
 
 特に今のせいちゃんは何が苦しくて悲しいのか
 
 分からない状態だろうから、文章に起こして今自分に
 
 何が起こっているのかを知るのは苦しみ悲しみを

 軽減する助けになると思います。
 
 ちょっとしたアドバイスですが出来れば紙に書いて表現してみて下さい。

 そして出てきたものを壊したい、捨ててしまいたいと感じたら

 くちゃくちゃに丸めて投げてしまって

 その上踏みつけてぐりぐりしてもいいですよ。」

との事でした。

---今のあたしは、何が苦しくて悲しいのか分からない。

だけど毎日涙がこぼれ、昨日までは毎日リストカットしていました。

けど、文章起こしが有効なのであれば
つらくなったら実際にやってみて、手応えがあれば
少しずつ少しずつリストカットと言う方法を変えていけるかも知れない。

---今すぐやめろ、とは誰も言わないし
それは無理なのは自分でも分かっています。

でも、決めました。

あたしにも誰にでもそうですが、背負ってるものがあります。

自分の周りの大切な人たちの愛情。

その人たちを苦しめてしまう行為はやめよう、と。

なので、今日から徐々に文章起こし大作戦、実行です。

---公の場では書かず、誰にも見られず、自分だけが読めればいい乱筆でも
苦しみ悲しみを書いていこうと思います。

そしてそれを読み返して、捨てるも良し
置いておくのも良し。

置いていたら

「あぁ〜この時こんな苦しみがあったんや〜」

と少し成長した自分を発見出来るかも知れません。

---と言うわけで、自分との指切りげんまんを、必ず守ります。

少しずつ少しずつ頻度と、本数を減らしていきます。

そしてまたリストカットをやめます。

あたしの意思は固いです。

では、また!

宝物をもらった。 

September 01 [Tue], 2009, 7:12



---おはようございます、影尾です。

現在時刻、5時15分です…

早朝覚醒です…

なので日記更新します。

---昨夜はカウンセリングでした。

18時からでしたが、17時過ぎに着いてしまい
広場のベンチでタバコを吸って時間を潰していました。

しばらくボーっとしていたら
そろそろ時間になったので、貸し会議室のビルの前で
きむにぃを待っていました。

そして18時5分前に合流。

---部屋に着いて、机と椅子の配置を変えて
至近距離で話せるようにしてくれました。

---話をし始めようとしたら、あたしはもう
涙腺が緩んでいて、泣き始めました。

色んな話をしました。

父親との関係も話しましたが

影尾:「自分の居場所がない…」

と泣きながら言うと

きむにぃ:「心落ち着ける場所がないって言うのはつらいね」

と。

---そして今あたしの左腕はヤバイくらいに
傷だらけです。

きむにぃが

「傷を見せて」

と言うので
左腕を見せたら、優しく触ってくれて

「これは心の傷やね。これだけ傷ついたんだね」

と言うので

「ホンマはやめたいよ…じゃないと周りが離れていく…」

と、また泣きながら言いました。

そして、あたしはきむにぃの手を取り
傷口に手のひらを当てました。

実は、傷を触られる事はあっても
自分から触らせたのは、きむにぃだけです。

小5からリストカットしていますが
初めて自分から傷に触れさせました。

それは何故か。

きむにぃには、何も隠さず

「腕の傷=心の傷」

なので、その心の傷に触れさせても良いと
あたしなりの覚悟と勇気でした。

---きむにぃに前回も言われたのですが

「言いたい事も言えず、我慢してない?」

と。

影尾:「我慢してるよ。自分の発言で人を傷つけるのが怖い…」

きむにぃ:「我慢して我慢してるから、今せいちゃんの心は悲鳴をあげてる」

そう話している時に、ずっと右腕が激しく痙攣を起こしてしまい
きむにぃに手を握ってもらっていました。

きむにぃ:「もうせいちゃんの心は限界だよ?それでもまだ我慢するの?」

影尾:「言いたい事も言えず
    甘える事も許されない環境で育ってしまったから…」

きむにぃ:「我慢してたら、そのうち心が壊れるよ?
      これからも我慢し続けるの?」

と言う質問に対して、あたしはすごく困った。

自分自身、我慢していると言う感覚はなかったし
言いたい事をはっきりと言えない環境で育ったし、甘え方も分からない。

そういう事をきむにぃは、はっきりと見透かしてるんだなと思った。

---そして、箱庭っぽい事をした。

きむにぃが人形を持ってきて

きむにぃ:「この子はね、俺には何でも話してくれるの。
      でもね、我慢して我慢してもう耐えられないって言ってる」

影尾:「つらい子やね…」

きむにぃ:「そこにある俺が持ってきた物から、何か選んでみて」

と言われたので、人形をひとつ持ってきた。

きむにぃ:「その子はどういう存在?」

影尾:「この子は、愛をくれる人」

きむにぃ:「じゃあ、俺は…」

と言いながら、たくさんの箱庭療法のグッズから
ドラゴンボールと、おはじきを持ってきた。

きむにぃ:「これ知ってる?ドラゴンボール」

影尾:「もちろん」

きむにぃ:「今ここにドラゴンボールがひとつあります。
      ひとつしかないけど、このボールの中にはたくさん
      宝物が入っています」

と言って、おはじきを宝物を見立てて
その中からひとつ、きむにぃがあたしの手をぎゅっと握り

きむにぃ:「これは宝物やから」

と、あたしの手の中におはじきと言う名の宝物をくれました。

それがこれ↓



---そして最後の方に、きむにぃにたずねました。

「死にたいって思ったらどうすればいい?」

と。

きむにぃは

「生きるって決めるの。どんなにつらくても生きるって選ぶの」

と、あたしの手を握りながら

「せいちゃんが幸せになる権利は、誰にも奪えないものやから。
 結局は自分で自分を幸せにしてあげないとダメなんだよ」

と言われ、コクッっとうなずきました。

---実際まだカウンセリングは2回目だったので
緊張している部分は多々ありましたが、少しずつ少しずつ
リラックスして話せるようになりたいです。

---9月も2回ほどカウンセリングを設けてくれるみたいで
福祉関係の仕事をしてはる人なので、今特に人手不足で
休みなどはあまり融通が利かない職場だそうです。

なので、今月はきむにぃの都合に合わせて
カウンセリングを行うと思います。

---そして、カウンセリングが終わる少し前に

「メールで敬語は禁止ね!」

と言っておきました。

敬語だと何もかもが嘘っぽく聞こえてしまうので
関西弁でメールを送ってくれるように言いました(笑)

---今回、2回目のカウンセリングでしたが
たくさんの事をきむにぃから学びました。

きむにぃもツライ過去を話してくれて
お互いこれから少しずつ知っていくんだろうなぁと思います。

---とにかく昨夜は目を腫らして帰ってきました。

毎日のように泣いていますが、きむにぃから今回学んだ
大切な事。

幸せと言うものは、小さな積み重ねの集合体。

「おはよう」

「こんにちは」

「ありがとう」

など、人の気分を害さない言葉。

そして、愛情が欲しいのであれば
自分が愛情を注ぐ立場になれば、愛情と言うものは返ってくる、と。

---あたしにはまだまだ課題がたくさんあります。

それを少しずつクリアしていけたらいいなって思っています。

病んでいる心、傷だらけの心。

そういうものを本当に少しずつでいいから
正常と言ったらおかしいけれど、健康な心になりたいです。

---以上、2回目のカウンセリングの報告でした!

秋っぽいね。 

August 31 [Mon], 2009, 14:11



---コンニチハ、影尾です。

ここ数日で何だか一気に涼しくなりましたね。

なので着る服も困ります(笑)

---今日はこの時間帯でも、エアコンなしで
家で過ごせるくらい涼しいです。

---予定していたコーディネートは
半袖だったのですが、割りと肌寒いので
コーディネートを変えました。

半袖のチュニックの上から、黒のテーラードジャケット。

そしてブーツカットジーンズ!

七分丈のワンピなどもあるのですが
まだニッセンに未払いだし、何よりブーツカットジーンズが
履きたいのです(笑)

ウエスト61cmが入ったのは嬉しい!!

まぁ、骨盤辺りがパツンパツンですが…Σ(ノ∇`)ペチッ

一見、黒のテーラードジャケットと聞いたり想像したりすると
正装のような感じを受けますが
実際にチュニックと合わせてみたら、あらいいじゃない。

もう少し涼しくなったら、これプラス
ストールなんかもいいなぁと思います。

---今日はカウンセリングの日です。

18時〜20時で、やっぱりもう夜になると
寒いですね。

前回はボーダーのチュニックで行ったのですが
帰りが肌寒かったです。

---最近、毎日のように泣いています。

考えなくてもいいことを考えてつらくなったり
リストカットしながら涙流したり。

何が苦しくて、何が悲しくて泣いているのか
自分でも分かりません。

ただ分かっているのは、元彼への憎しみと、情。

その他諸々考えてしまうと、悔しくて悲しくて泣いてしまいます。

そして自殺願望。

生きたいからこそ、リストカットをしてしまうけれど
今の自分には何も希望がなく、唯一心を預けられるのは
きむにぃとのカウンセリング。

でも。

電車に飛び込んだら…

ベランダから飛び降りたら…

そんな事も考えてしまい、とても胸が苦しくなります。

---実らない恋。

険悪な関係の父。

別れた後でも平気で人を傷つける元彼。

本当に精神的に参ってます。

何もかもが敵に見えて、何もかもが嘘っぽくて
自分の事を本気で助けようとしてくれる人なんて
どこにもいないんじゃないか。

そんな風に、悪い方悪い方へ、考えが傾いてしまいます。

こういう時は決まって、運気が下がっているので
何とか、きむにぃにも手伝ってもらって
生命力を取り戻したいです。

---本当は…

本当はね…

遠回しな言い方をするけれど…

人生と言う旅を、途中下車したいんです。

もう耐えられないんです。

今、あたしが抱えてる苦しみが。

途中下車したら、ラクになるかも知れない。

でも、何かの本で書いてあったっけな。

「この世の苦しみはあの世でも消えない」

と。

---人の心配が出来るのは
今の自分が順調、又はさほど苦しみに支配されていないから。

だから元彼はあたしの事を心配している。

さぞかし恋に盲目になり、幸せなのは
分からんでもない。

あぁ…ダメだ。

憎しみばかりが溢れ出してくる。

---次回は、今日のカウンセリングの模様を
更新すると思います。

では、今日はこの辺で。

疲労MAX!! 

August 27 [Thu], 2009, 21:24



---こんばんみ、影尾デス。

今日は友人のR嬢からの

「早朝覚醒してもうた〜!」

と言うメールで、7時半に起きました(笑)

---今日の予定は、まず午前中に髪の毛のカット。

そして東急ハンズで少し前に買った
時計の電池交換してもらっていたので、それを取りに行きました。

---自転車で色々回って、今日こそは
自分を褒めてあげられる事が出来ました。

---そしてその後、31日のカウンセリングの貸し会議室に
今度は迷わずにちゃんと行けるように
友人のN嬢と一緒に、汗だくになりながら何度か往復しました。

御堂筋線のホームと、貸し会議室に一番近い出口までは
端から端なのです…。

なので、ひたすら真っ直ぐ歩いて
かなりの距離を歩くと、出口へ辿り着きました。

これで練習OK!

ちゃんと覚えられたので、次回31日の月曜日の
カウンセリングは5〜10分前には
貸し会議室に着いておきたいです。

---「あちぃ〜!」

とN嬢と2人して、ベンチに座りながら
コンビニで買ったパンやらお菓子やらを食べてました。

風が強く、割りと涼しかったですが
ベンチの周りにはあたしの大嫌いなハトの集団。

あたしがハトに対して愚痴ってるのを聞いていたN嬢は
笑っていました(笑)

---2人とも暑さ&歩き疲れで
特に体力のないあたしはぐったりと疲れ、ニコチン補給もしつつ
2〜3回ほど往復して、道を覚えました。

---N嬢とバイバイした後、家の帰りにローソン100に寄り
レモンティーとカクテルを1本( ̄∀ ̄*)イヒッ

一人酒っす。

でも、もう既に眠い…Σ(ノ∇`)ペチッ

今夜はよく眠れそうだ。

疲労MAX!!

クタクタです(´Д`;)/ヽァ/ヽァ

こんなに疲れたのは久しぶりです。

今夜はもしかしたら、カクテルだけで眠れるかも!?

眠剤なしで、挑戦してみます!

---という訳で、明日の夜からN嬢宅へお泊まりです。

土日は父親が休みで、家にいづらいので
非難しに行きます。

そして多分、日曜日の夜か
月曜日の昼に帰ってくると思います。

では、また!

---あぁ!!忘れてました(笑)

髪の毛を切る前と、切った後の写真を載せます!

これが切る前↓



元々分け目がアシンメトリーなので
短く切ってもらって、さっぱりんこ〜♪

これが切った後です↓



ただピアスが見えるので、外出する時は
面倒だけれど、ピアス着用です。

では、また更新します!

久しぶりにやってきた。 

August 26 [Wed], 2009, 20:51




---こんばんは、影尾です。

どうやら先週の日曜日辺りから
うつがやってきているようです。

日曜日はまだ友人のR嬢が泊まっていましたが
起きているのがすごくつらく
R嬢には申し訳なかったですが、ずっと寝たり起きたりを
繰り返していました。

---本当は今日、友人のN嬢に
次回のカウンセリングの時に、ちゃんと迷わず
貸し会議室まで行けるように一緒についてきてもらって
練習しようと思っていました。

しかし、朝から調子が悪く
寝たり起きたり繰り返し、N嬢に明日に変更してもらって
布団から出れたのは、夕方の5時頃でした。

---今、調子がものすごく悪く
最悪の場合、自殺願望まで出てきてしまうので
急遽、きむにぃに連絡して今度の月曜日の31日に
2回目のカウンセリングを要請しました。

貸し会議室も確保出来たようなので
まだリラックスして話は出来ない状態ですが
とりあえず苦しみを全て聞いてもらってきます。

---今の自分は、一体何が苦しいのか
そして何が幸せなのか、全く分かりません。

だから、何故自分はリストカットをしてしまうのか
何故泣いてしまうのか分からない状態です。

---今朝、自殺する夢を見ました。

あたしのマンションは12階建てで
12階に住んでいるのですが、そのベランダから
飛び降りる夢を見ました。

落ちていく速度や、体に当たる風の感じなど
それはもうリアルでした。

ひとりでいると、それを現実化してしまいそうで
とても怖いです。

自分を制御出来ないかも知れない衝動が来たら
きっと飛び降りてしまうんだろうなぁと思っています。

「死にたい死にたいと言ってる人間ほど死なない」

と言う人もいますが
実際に自殺した人と言うのは

「死にざるを得なかった」

と言う感覚で、あたしはとらえています。

---あたしは生きる事を選びましたが
今はとても生きている事がつらく、生きている意味や
自分の存在理由など、分からない状態です。

あたしがいなくなったら困る人はたくさんいる。

悲しむ人はたくさんいる。

分かっているつもりでも
本当は分かっているふりをしているだけ。

そういう汚い人間なんです、あたしは。

---そういえば、前回のカウンセリングで
出された宿題はちゃんと毎日やっています。

今日はもうしました。

体をさすって、自分の頭をなでて

「今日も生きれた。今日は腕切ってない」

と褒めました。

褒めるところなんてどこにもないから
毎日困りながらやってるんですが…。

でも宿題なのでやっています。

きむにぃとの約束なので、守っています。

---という訳で、夕方辺りから浮上したので
こうしてブログ更新出来ました。

調子は悪いですが、こういう時にマイナス思考だと
悪いものがどんどん寄ってきてしまうので
なるべく楽しい事を考えて、今夜も乗り切りたいと思います。
■プロフィール■
■代替テキスト■
■お名前■
影尾せい
■趣味など■
作詞作曲
■HP■
人間ですもの。
■メールアドレス■
kageosei_purple@yahoo.co.jp
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:◆影尾せい◆
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE