『孤独』と『孤高』

September 15 [Sun], 2013, 2:57
孤独、ではなく、孤高になれ、と言われた。

いまの私は、どっちなんだろうか。

さみしいわけではないかな。

ただ、楽でもない。

なぜなら、放っておいてもらえないからw

なんでみんな、あんなくだらない関係を求めるのかな?

どうでもいいけどね。

誰とも会話せず仕事するのは好きだ。

会話が嫌いなわけじゃない。

会話によって生じる『馴れ合い』がヘドが出るほど要らないからだ。

自立し合った関係なら問題ない。

自分のことは自分で。

そのうえで短い会話を楽しみつつ、困っている人がいれば助け合う。

それが理想。

でも現状は程遠い。

すこし話すようになると、
アレやって
コレやって
めんどくさいからアイツにやらせよう。

カスどもが。

そういうくだらないことは、そっちで勝手にやってくれ。

私は私のやるべき事をするだけ。

依存心の塊とは会話する価値もない。

凛と生きる、とは、いまの私で正解だろうか?

もうちょっと精神的に強くなりたいかな。

カスに何を言われようが、なんとも思わない私になりたい。

いまは、まだすこし弱い。

そうだね。

もうすこし強くなろう。

大丈夫。

私は正しいから。

人は、ひとり。

でもガーディアンズがいるから、孤独ではない。

私は自立して凛と生きる。

孤高の人になるのだ。

そして、おなじく自立して凛と生きる男性を生涯の伴侶に選ぼう。

ぜったい見つかる。

自然に惹きあう。

だから、もっと強くなろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みさき
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/meekotan/index1_0.rdf