11月は魔の月か 

November 26 [Sun], 2006, 20:24
「ブログでも付けようか・・・」
と考えてしまうほどに、11月は魔の月であります。

11月第2週
彼氏以外の男子に迫られやられそうになり(未遂です)
彼氏が逆上、一週間修羅場。

11月第3週
かねてより好意を持っていた・・・そうですね、仮にS君とでもしましょう、
そのS君と酔った勢いでいちゃいちゃ・・・
ただ単に入らなかった、という理由により未遂。
自分の体を触られても何も思わないこと、貞操観念について思い悩む。
彼とのこういった行為は二度目だったのですが、
その一度目に、彼が彼氏持ちの私とそういったことをしてしまったのを、
割と気にしていたらしいことを耳にしショック。
「まぁ彼女酒癖悪いからね〜」
で解決していたようなんですが、そういうことにはダメージを受けやすい私。
自分で撒いた種だからこそ気にしていました。

11月第4週
他人の感情を読み取る能力に長けていない女子に追い回される。

22時からファミレスで行われると言うサークルのミーティングに
出席するだけの気力は私にはなかった。
だって彼女らに話を進める能力はなく、すべて私が仕切らなくてはならないのです。
そんな精神力は、今の私にはありませんでした。
けれど彼女は自分の文章理解能力のなさの為に一人憤慨し、
感情のはけ口を私への誹謗中傷と定め、
私の友人に電話をしてまで居場所を突き止めようとする、という行為に至った。
私は確かに、「病院に行ったので、具合がよかったら参加する」と言ったのに
彼女は私が眠っていて、彼女の電話で起こされると言う
可能性すら考えなかったわけだ。


私は辛くなると、リストカッター某R氏の家に逃げ込むことが最近の常となっています。
そこでS氏と三人でよく飲むんですね。
二人ともとは最後までしていないんですが・・・とかいうアレな感じで、
しかも3人で、お互いそのことを知っていて、
でも普通に仲良しなお友達。という不思議な関係です。
私はそこで、まるで男友達のように扱われ、何の干渉も受けず、
テレビで放映されたら間違いなく「ピー」の入る冗談や会話をし、
皆で酔い、最終的にはそこらへんで転がって寝ます。
この空間が本当に楽で、
精神的に疲弊しきっている私はよくここに逃げ込むのです。
しかしながら彼女はそれすら気に食わないようです。
彼女は、私がそこに逃げ込むに至った心境を考慮するという発想すらないようです。

馬鹿につける薬があったら、どうかだれか教えて下さい。
自分に使ってから、
彼女にもおすそ分けしてやります。

ご挨拶 

November 26 [Sun], 2006, 20:06
はじめてのブログです。
なぜこんなことに至ったのかといいますと、
色々と鬱屈したものの、はけ口が欲しかったんですね。
しかしながら現実世界の他人にこれを吐き出すと、
ただの可哀相な 構ってちゃんに・・・。
見栄っ張りの私にとって、それはなかなか厳しいものがあるので・・・
ここで色々書いてゆきたいなぁと思っております。
どうぞよしなに。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひつじ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-俳優のヴィゴ・モーテンセンとヒュー・ジャックマンにラブです
    ・マンガ-劇画から萌系まで、基本なんでも読みます。
読者になる

しがない地方大学生。一浪の末手に入れた自由(しかも一人暮らし)に加減がわからずオイタもしばしば。挙句の果てに彼氏に連れられ精神科に強制送還、パニック障害と鬱病が判明しました。以後、ストレスから来る抜け毛と戦いながら何とか学校に通っています。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる