インクが目詰まりしないプリンターって どんなプリンターかって言うと

December 03 [Thu], 2015, 9:54
ヘッドとインクタンクが一体のカートリッジを
利用しているプリンターです。

たとえば 

Canon プリンター インクジェット PIXUS iP2700

ですね。




普通 
長期間使用しないで印刷しよう久しぶりにプリンターに繋ぐと 
かすれるとか 印刷が出来なくなったりすることがよくあります。

原因として 
まず考えられるのが 
インクの出るノズル付近が乾いてしまう場合ですね。

カラーインクって 
環境にもよりますけど数ヶ月くらい使ってないと
ノズル付近が乾燥して膜みたいなものが張って
インクが出なくなってしまうことがあるようです。

そのくらいであれば 
プリンタを通電させて膜を熱により溶かしつつテスト印刷を繰り返すと 
また元の様に使える様になります。

でも 
インク経路が乾燥のため正常な印刷は
出来無くなることも考えられますね。

なので 
神経質な人であれば 
週一はノズルチェックパターン印刷などをして
乾燥を防いでる人もいます。

そうすれば 
インクを一定量無駄に使ったとしても 
いざというときに印刷できないよりはましですね。


ただし Canon プリンター インクジェット PIXUS iP2700
の様な 
ヘッドとインクタンクが一体で取り替えられるカートリッジであれば 
カートリッジを取り替えるだけで新品同様の印刷が出来ます。

当然 
古いので廃棄してます。

だから 
滅多に使わない方に向いているって思います。


ついでに ドライバーのインストールを更新を
確認した方が良いと思います。

ドライバーはCANONのHPを開いて 
OSとプリンタ名から検索してインストールすれば 
無料で最新のドライバーでプリンタを使える様になりますからね(^^♪


ただ 
このプリンターにもデメリットがあります。

それは 
プリンターヘッド一体型であるために
インクカートリッジの値段が高いってことですね。

でも 
それが逆にメリットになります。

どういうことかって言うと

詰め替えインクを利用すれば解決します(^^♪

つまり 
ブラックを詰め替えた場合 
数回の詰め替えると目詰まりします

そうなったら 
純正のカートリッジに交換すれば
目詰まりが解消されます。


これが 
ヘッド一体型のカートリッジを利用する最大のメリットですね。

ちなみに 
詰め替えインクは支払い方法が多様なサンワサプライから購入しています。

キャノン BC-311(3色カラー)対応 約6回分の詰め替えができる。 これだけで詰め替えができる工具付


AmazonでJIT互換カートリッジを購入して交換すれば復活します(^_-)-☆

(*サンワサプライよりも安かったので (^^♪ )

Canon インク カートリッジ 純正 BC-311 3色カラー





Canon インク カートリッジ 純正 BC-310 ブラック



そうして 
詰め替えインク→目詰まりしたら新しい互換カートリッジ→詰め替えインク って言う
サイクルで使いまわしています。

結局 
インクカートリッジとヘッドが一体であるから 
かすれが出てきたら取り替えてしまえば良いってこと
です。