療養病院の特徴について

May 07 [Sat], 2016, 10:56
病院施設の中には療養病院というのもあります。
一般の病院と違い、療養病院は慢性期の患者さんのための療養病床が設置されています。
急性期を過ぎて症状はある程度安定しているため配置されているスタッフの数も少ないです。
ただ、治療困難な状態は続いているため、患者数48人に対して1人以上の医師・4人に対して1人以上の看護師が治療・加療を続けているのです。
一人の患者さんの入院期間は1年以上となることもあります。症状は安定しているので医療行為よりも介護に関わる仕事が多くなり、患者さん一人ひとりと向き合い深いかかわりを持って介護が行なえます。結婚や出産を機に仕事をやめていた看護師さんの復職の最初の職場として働く人もいます。

矢嶋孝敏、医師系ブログ〜病院施設の分類について〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:medtakatoshi
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/medtakatoshi/index1_0.rdf