コンドロイチン・ヒアルロン酸・グルコサミンのうそ 

May 04 [Fri], 2012, 9:05
若い皆さんにはまだ関係ないかもしれませんが
コンドロイチンやグルコサミンでは絶対に軟骨は再生されません。
せいぜい硫酸グルコサミンが消炎効果(鎮痛効果)があるだけ。
ということは痛みが止まっても骨同士が擦れ合ってもあまり痛くないのでますますほねがすり減るというマイナス面しかありません。
それと慢性的な関節炎には効果はないでしょう。それなら関節(整形外科)の治療は不要になります。

特に若年層が長期間グルコサミンなどを摂取すると軟骨再生が低下します。
要するに細胞がサボるんですね。

ひどいのは「皇潤」ですね。
コンドロイチンの含有量を公表しないどころか企業秘密ですから・・・という答え。
公表したところで、軟骨が再生されるわけでもなく、せいぜい消化、代謝されて翌朝トイレ行き。なんですけどね。詐欺まがいですね。

まだあるよ。
コラーゲン。 スッポンとかふぐの骨のコラーゲンが多い。確かに多いですよ。
でもね。ふぐやスッポンなどほかの動物が使う物質をそのままヒトが使うと自分の体内にその機能を吸収してしまいます。

でもスッポンを食べたから背中に甲羅ができたとかふぐを食べたからふぐのようなコラーゲンだらけの皮膚になったということは聞いたことありませんね。

ようするに他の動物の機能がヒトの体に発現しないように、その機能が作用しないなるまで化学的な単位になるまで消化するのです。それからようやくヒトの消化管に見合う分子量で吸収するという公理があります。


じゃ、なぜ、サプリメーカーが詐欺で捕まらないかって?
「軟骨を再生する」とは言ってませんね。
痛みを緩和するなどといているだけです。
そういえば素人のじいさん、ばあさんが、「○○(サプリ名)を飲み出して、膝や腰の痛みもなくなり毎日の生活が楽しくなりました」。などと下手な芸をしていますね。

あ、ヒアルロン酸ですが、こんなもの飲んでもなんの効果もありません。
直接皮膚に塗れば一時的に肌に潤いを与える程度です。

なおヒアルロン酸(原価は非常に安い) ヒアルロン酸ナトリウムが多いです。
アルツディスポ関注は一時的な潤滑剤で1週間で代謝されますが、頻繁にアルツ関注射はよくありません。月に2〜3回までで止めた方がいいでしょう。
もちろん健康保険適用です。

プラセンタ(胎盤)を膝関節内注射する医院に通ってれば転医した方がいいでしょう。整形外科医はまずそんな馬鹿げたことはしません。他科の医師が知らずにするものと思われますw
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:QSP
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる