日本のこれから 

2012年10月02日(火) 23時41分




















遠い国 

2012年10月02日(火) 23時38分

















ひろしまのいし 

2012年10月02日(火) 23時33分

















































日本人魂 

2012年10月02日(火) 23時32分





津波とは 

2012年10月02日(火) 23時30分



















319万人の犠牲者はなんだったか 

2012年08月20日(月) 8時04分




電気料金は、国民に対し、詐欺ではないか 

2012年08月20日(月) 7時57分

原発の由来 

2012年08月20日(月) 7時56分





心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010 

2012年03月21日(水) 12時05分


AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010
獨協医科大学 心臓・血管内科 准教授 菊地 研
(日本循環器学会 循環器救急医療委員会/蘇生教育小委員会)

CPR(心肺蘇生法)は、ABCとしてAirway(気道確保)→Breathing(人工呼吸)→Compressions(胸骨圧迫)が50年間行われてきましたが、2010年に改訂した「心肺蘇生と緊急心血管治療のためのガイドライン」では「C-A-B」が新たに推奨されました。この「C-A-B」手順はCompressions(胸骨圧迫)→Airway(気道確保)→Breathing(人工呼吸)となり、最も重要で最も簡単な胸骨圧迫から開始することになります。これによりCPRを開始する時の「障壁」も取り除かれました。今回の変更はCPRをさらに簡略化させ、市民によるバイスタンダーCPRを増加させることを目的とし、より多くの命を救うことを究極の目標としています。
CPRは「C-A-B」に
胸骨圧迫の深さは少なくとも5 cm
胸骨圧迫のテンポは少なくとも100/分
呼吸の確認での「見て、聞いて、感じる」は削除
救急指令員による死戦期呼吸の識別とCPRの指示
CPRトレーニングを受けていない市民救助者は
ハンズ・オンリー・CPR(胸骨圧迫のみ)を
医療従事者が行うBLSとACLSのCPRアルゴリズムもさらに簡略化され、有効な胸骨圧迫とその中断を最小限にとどめる「良質なCPR」が前回から引き続き強調されています。これに繋がる自己心拍が再開した後の心停止後ケアには包括化・体系化された集学的な専門的治療が推奨され、低体温療法や冠動脈カテーテル治療(PCI)などが含まれます。急性冠症候群(ACS)では、発症から再灌流までの時間をさらに短縮するために、院外12誘導心電図の実施とその伝送が病院前救護体制に重要とされ、地域での医療連携システムの強化が推奨されています。
心停止後ケアは包括化・体系化された集学的治療(低体温療法+PCI)を
院外12誘導心電図の実施とその伝送を含む病院前救護体制へ

連続 非案血 ワイヤレス 小型 血圧解析計 

2012年03月21日(水) 12時02分














P R
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:medicalteknika
読者になる
Yapme!一覧
読者になる