糖尿病の合併症の怖さと食事療法 

2016年08月30日(火) 15時21分
糖尿病で一番怖いのは合併症です!

糖尿病の合併症になってしまう前に今の食事を見直しましょう。

糖尿病の合併症は時に命にかかわる事もあります。
合併症が引き起こす怖さと食事について考えてみましょう。

糖尿病では血液の中にブドウ糖が多く出過ぎる状態となっています。
自分が気がつかないうちに、いつの間にか体をむしばんでいる場合があるのです。

糖尿病の合併症には急性合併症と、慢性合併症があります。

急性合併症は、インスリン注射を怠るなどが原因ですが、
昏睡状態になるなど急激に起こります。これは命にかかわるのでとても危険です。
早急に対応しなければいけません。

慢性合併症は、毛細血管が障害をきたしおこる神経障害、網膜症、腎症と、
太い血管でおきる動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などがあります。

神経障害では壊疽などで足を切断したり、
腎症では腎不全になると尿毒症をおこしたりしてしまいます。

また動脈硬化により引き起こされる様々な病気は、生命を脅かすものです。
糖尿病について食事と運動の重要性を理解をし、合併症によってどのような危険と恐怖が潜んでいるのか、
しっかりと把握しておく事が必要でしょう。

ご紹介したいのが糖尿病の食事のカロリー計算などの必要もなく、運動も必要なく、食事だけで簡単に血糖値を下げ血糖値を安定させる方法をご紹介します。

この糖尿病の食事療法は難しくありません、誰でも簡単にできる食事の方法です。

詳細⇒ 3日で血糖値を下げる食事療法とレシピ