法に反する行為の賠償問題になった場合については、時効は3

March 11 [Fri], 2016, 21:43

不倫にしても浮気にしても、それによって何気ない家族の幸せをボロボロに壊して、離婚しか選択できなくなるということも多々あります。







またケースによっては、精神的ダメージという被害への損害賠償として相手に対する慰謝料支払という悩みまで起きることになります。







万が一「もしかして誰かと浮気?」と疑い始めても、会社勤めしながら妻が浮気していないかを調べることは、考えている以上にきついので、最終的な離婚までに長い期間を要するのです。







夫婦が離婚して時効の3年が経過すると、普通は慰謝料を要求することは不可能です。







だから、もしも時効の3年間経過に近いのであれば、とにかく大急ぎで経験豊富な弁護士との相談を行いましょう。







不倫している事実を明かさずに、思いがけないタイミングで離婚協議を迫られた…こういうケースだと、浮気の事実を知られてしまってから離婚の相談をすると、かなりの慰謝料の請求をされる可能性があるので、隠し通そうとしている事だって十分あり得ます。







今回のことがあるまで、内緒で浮気の心配をしたこともない夫にもかかわらず浮気したと判明すれば、心的ダメージはかなりひどく、相手も遊びでないというときは、離婚を選択するケースは珍しくなくなってきました。







ぼんやりとでも違うなと感づいたときには、躊躇せずに浮気をしていないか素行調査するように依頼するのが賢いと思います。







調査日数が少ないと、調査にかかる料金も低くなるわけです。







「夫(または妻)に浮気相手がいるかも?」と思い始めたら、よく調べずに騒ぎにしたり、とやかく言うのはいけません。







何よりも状況の確認のために、焦らず落ち着いて情報や証拠を収集しなければいけません。







探偵が浮気調査を行った場合、どうしてもそれなりの費用が必要ですが、プロの探偵の仕事ですから、素人とは比較にならないいい出来栄えの交渉に役立つ証拠が、見抜かれる不安を持つことなく手に入りますから、信頼して任せられるのです。







離婚することになる理由が数ある中で、「最低限の生活費をくれない」「男女として性的に不一致」などもあげられると思われます。







しかし、それらすべての原因が「不倫の相手がいるから」であるかもしれません。







浮気や不倫をしているという情報や証拠を手にするのは、復縁の相談を夫とする場面でも用意しておくべきものですし、この件で離婚の可能性がゼロでないのなら、証拠の価値はさらに高まるのです。







法に反する行為の賠償問題になった場合については、時効は3年間であると民法上定められているわけです。







不倫現場を押さえて、ただちに最寄りの弁護士事務所にお願いすれば、時効消滅のトラブルについては大丈夫です。







浮気に関する事実関係について確認させるためにも、離婚したり慰謝料を支払わせるためにも、証拠集めがどうしても大事なんです。







真実を突きつければ、後は問題なく解決できることでしょう。







悟られてしまうと、以後は証拠の収集が困難になる。







これが不倫調査です。







このような恐れがあるから、不倫調査の実績が多い探偵を探し出すことが、最重要ポイントです。







妻による浮気、これは夫の浮気のときと違いが大きく、浮気が発覚した時点で、もう夫婦としてのつながりは修復できない状態になっていることばかりで、最終的に離婚を選ぶことになる場合が少なくありません。







離婚が成立したときは3年間の期間が経過したら、普通は慰謝料を相手に要求できなくなってしまいます。







だから、万一時効の3年間経過に近いのであれば、できるだけ早く評判のいい弁護士との相談を行いましょう。







必要な費用のうち着手金とは、探偵による調査の際にかかる人件費、情報や証拠収集をするシーンで支払う必要がある費用です。







どれくらいになるのかは探偵社が異なれば当然違いがあります。







一人だけで浮気している証拠を集めようとすると、いろんな面で苦労することになるので、できるだけ浮気調査のときは、品質の高い調査を行ってくれる探偵事務所等に申し込んでいただくのが間違いありません。







なるべく大急ぎで請求額の取り立てを完了させ、相談者が持つ不満に区切りをつけさせてあげることが、不倫の被害にあった方が依頼した弁護士の肝心な使命ではないでしょうか。







感づかれてしまったら、それまでと違って浮気の証拠の入手が大変になってしまう。







これが不倫調査なんです。







そのため、調査力の高い探偵に頼むというのが、何よりも重要に違いないのです。







浮気調査、不倫調査、素行調査などの調査の申込をしたいとなった際に、パソコンやスマホを使って探偵社のサイトを見て必要な料金の詳細を割り出そうとしても、どこも全ての内容については公開されていません。







時々耳にする素行調査っていうのは、依頼された人物などの普段の行動の監視を行うことで、どのような生活をしている人物なのかといったことに関して細かく認識することのために探偵などに申し込まれています。







いつもは隠していることが明確になるのです。







夫か妻のどちらかが不倫や浮気、つまり不貞行為をしてしまった時は、被害に合わされた配偶者は、自分の配偶者の貞操権侵害による心的苦痛の慰謝料が発生するわけですから、損害賠償を求めることだってできます。







とにかく夫が浮気していることが間違いないとわかった際に、最重要視するべきなのはあなたがどのようにしたいと考えているのかであると断言できます。







夫を許すか、離婚を選んで再スタートするのか。







熟慮して、後年失敗したと思わないような選択を下してください。







探偵にお願いするほうがいいのでしょうか?費用はおいくらですか?調査期間は?時間や費用をかけて不倫調査に踏み切っても、失敗したらどこに相談すればいいの?なんだかんだ心配をしてしまうのは普通のことなんです。







心配でも夫の素行や言動を見張るときに、夫やあなたと関係のある家族や親類、友人や知人にやってもらうのは絶対にやらないように。







あなた自身が夫と話し合い、浮気が事実かどうかを明らかにしてください。







単純に「調査員のレベルの高さプラス使う機材」で浮気調査は決まってしまいます。







浮気調査をする担当個人の能力の正確な測定なんて出来っこありませんが、どれほどのレベルの機器を持っているかという点は、ハッキリとわかります。







配偶者の一人がパートナーに隠れて浮気であるとか不倫をやってしまったのだったらされた方の妻(夫)は、不倫相手が侵した貞操権侵害による心的苦痛に関して当然の権利として、法律上慰謝料として、損害賠償の要求が可能です。







夫婦であったものが離婚した場合、そこから3年間たってしまうと民法の規定により慰謝料を相手に要求できなくなってしまいます。







だから、もしも時効の完成に近いのであれば、とにかく大急ぎで弁護士事務所にご相談いただくのがベストです。







夫や妻との生活の中で異性に関連するサインが見つかると、どんな人でも不倫しているのではと考えてしまいます。







そうなっちゃった人は、一人だけで考え込まずに、探偵や興信所で不倫調査するようお願いしてみるのがベストな選択です。







3年も経過した相手の浮気の証拠を探し出すことに成功しても、離婚や婚約を破談にしたいときの調停の場や裁判では、自分の条件をのませるための証拠として使ってくれることはないんです。







可能な限り新しい証拠じゃないといけません。







注意が必要です。








ハートに火をつけて
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:me8hot0
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/me8hot0/index1_0.rdf