<日本人が見た中国>こんなに違う!日本人と中国人にとっての「公」と「私」 / 2010年04月16日(金)
2010年4月13日、中国在住の日本人コラムニスト、加藤嘉一氏は「日本と中国では正反対の『公』と『私』」と題した記事を中国のブログサイト・鳳凰博報に掲載した。以下はその概略。

1週間ほど日本に一時帰国した。日本人は公共の場で決して騒がないし、秩序も乱さない。だが、家に帰ると一転、大いに羽目をはずすし、大いにくつろぐ。北京に戻ると、公共の場の混乱ぶりを改めて感じた。だが、中国人は家に帰ると途端に静かになり、家の中も整然と片付いている。両者はまるで正反対だ。では、なぜここまで「公」と「私」に対する考え方が違うのか?

【その他の写真】

中国人の思考回路はこうだ。公共の場はみんなで使う場所で、1人1人に公平に与えられたもの。「だから」何をしても良い。交差点でも車の運転中でも自転車でも歩きでも、とにかく少しでもすきがあれば割り込んでいく。誰もがそうだから自分もそうしなければ永遠に渡れない。公共道徳や社会的マナーなど捨てざるを得ないのだ。

例えば駅の切符売り場。みな切符を手に入れようと必死で、わずかなすきを狙って割り込む。なぜなら行列は単なる形式に過ぎないと思っているからだ。いつまでも大人しくその場に並んでいても目的は達成できない。中国人にとって公共の場はまさに弱肉強食の世界だ。自分から勝ち取らなければ「損をする」。中国人は「損をする」ことが耐えられない。そのため、懸命に「頑張る」のだ。

一方、日本人はどうだろう?同じように公共の場はみんなで使う場所で、1人1人に公平に与えられたものだと思っている。「だから」社会人として秩序やマナーは守らなければならない。交差点でも車の運転中でも自転車でも歩きでも、信号が黄色や赤になったら誰もが当たり前のように止まり、青になったら渡る。日本人は普段から当たり前のことを当たり前にしているだけ。公共道徳や社会的マナーなどとわざわざ意識することはない。

同じく駅の切符売り場。みな焦っているが、どうすれば最も早く切符が手に入るかを知っている。それは「人が少ない列に並ぶこと」だ。普通に並ぶことが最も確実で疲労度も少なく、効率が良い方法だと分かっている。割り込みすると周りから白い目で見られるため、そんなことはしない。日本人にとって公共の場とは譲り合いと協調の世界。そのため、大勢の前で後ろ指を指されないよう、懸命に「頑張る」のだ。(翻訳・編集/NN)

●加藤嘉一
日中関係などを主な専門分野とするコラムニスト、コメンテーター。国費留学生として、北京大学国際関係学院に03年より在籍中。各メディアやフォーラムで活躍するほか、現地中学校の日本語講師、同時通訳者としても活動する。

※本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。

【4月15日21時46分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000027-rcdc-cn
 
   
Posted at 00:58/ この記事のURL
コンビニ4社 2月期営業減益 値下げ・PB 収益悪化に拍車 / 2010年04月15日(木)
 セブン−イレブン・ジャパン、ローソンなど大手コンビニエンスストア4社の2010年2月期決算(単体)が14日出そろい、全社が営業減益となった。たばこ自動販売機の成人識別カード「タスポ」を持たない顧客の来店が増えた“タスポ効果”などで、サークルKサンクスを除く3社が過去最高の営業利益を記録した09年2月期から一転、消費不振が業績に重くのしかかった。

 営業減益はそれぞれ、セブン−イレブン・ジャパンとサークルKサンクスが2年ぶり、ローソンが7年ぶりで、ファミリーマートは3年ぶり。ローソンの新浪剛史社長は同日の決算会見で、「従来型のコンビニは衰退期に入った」と話し、百貨店や総合スーパーなどに続き、業績が堅調だったコンビニも潮目が大きく変わったことを印象づけた。

 10年2月期はタスポ効果の剥落(はくらく)や夏場の天候不順によるアイスクリームなどの夏物商品の不振が響いた。これに加え、消費者の低価格志向に対応しようとおにぎりなどの商品の値下げや低価格のプライベートブランド(PB、自主企画)商品を拡充したことが収益の悪化に追い打ちをかけた。低価格志向が強まる中、「(コンビニは価格が)高いというイメージがあり、顧客が他に流れた」(ローソンの新浪剛史社長)という。

 今後の消費動向について、各社は厳しく見ている。セブン&アイ・ホールディングスの村田紀敏社長は「(10年2月期よりは)良くなっているが、一般商品を中心に低価格志向は強く、自立的な回復には至っていない」と指摘。サークルKサンクスの中村元彦社長も「消費は底を脱したが、夏までは厳しい」とみている。

 ただ、こうした市場見通しのなかでも、各社の11年2月期の業績予想は、おおむね前期並の営業利益を確保できるとしている。集客力の改善に向けて、今後手を打つ新サービスや商品開発で相応の効果を見込んでいるためだ。

 具体的には、セブン−イレブンは、高齢者を中心に利用が増えているコンビニ店舗で日用品の扱いを増やすなど売り場改革を進めるという。ローソンとサークルKサンクスは、それぞれドラッグストア(DS)チェーンと提携し、コンビニとDSを融合した新業態を展開する計画だ。見込み通り集客力を高め、収益を再び上昇軌道に乗せることができるのか。各社の戦略が問われることになる。(松元洋平)

【4月15日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000002-fsi-bus_all
 
   
Posted at 23:34/ この記事のURL
明日の注目材料/日野自動車、ドリコム、セゾン情報など / 2010年04月15日(木)
日野自動車、10年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表
 15日、日野自動車 <7205> は、10年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表した。通期連結業績予想を、売上高1兆200億円(前回予想比4.1%増)、営業損益10億円の黒字(前回予想は90億円の赤字)、経常損失20億円(同145億円)、当期純損失30億円(同225億円)に、それぞれ上方修正した。

ドリコム、10年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表
 15日、ドリコム <3793> は、10年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表した。通期連結業績予想を、売上高23億6000万円(前回予想比7.8%増)、営業利益2億1000万円(同136.0%増)、経常利益2億500万円(同153.1%増)、当期純利益1億円(前回予想は100万円)に、それぞれ上方修正した。

セゾン情報、10年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表
 15日、セゾン情報 <9640> は、10年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表した。通期連結業績予想を、売上高261億2700万円(前回予想比0.5%増)、営業利益24億8900万円(同24.5%増)、経常利益25億2400万円(同25.9%増)、当期純利益9億9700万円(同40.4%増)に、それぞれ上方修正した。

アセット・マネジャーズ、10年2月期通期連結業績予想の上方修正を発表
 15日、アセット・マネジャーズ <2337> は、10年2月期通期連結業績予想の上方修正を発表した。通期連結業績予想の営業利益は前回予想に据え置いたが、売上高211億1000万円(前回予想比0.0%増)、経常利益5億7000万円(同42.5%増)、当期純利益18億円(同38.5%増)に、それぞれ上方修正した。

シイエム・シイ、10年9月期第2四半期連結累計期間業績の上方修正を発表
 15日、シイエム・シイ <2185> は、10年9月期第2四半期連結累計期間業績予想の上方修正を発表した。第2四半期連結累計期間業績予想を、売上高53億4500万円(前回予想比3.7%増)、営業利益4億8100万円(同114.5%増)、経常利益5億700万円(同114.8%増)、四半期純利益2億3100万円(同32.3%増)に、それぞれ上方修正した。

コンドーテック、10年3月期単独業績予想の上方修正を発表
 15日、コンドーテック <7438> は、10年3月期単独業績予想の上方修正を発表した。通期単独業績予想の売上高は273億4700万円(前回予想比2.5%減)に下方修正したが、営業利益9億3300万円(同16.3%増)、経常利益9億8600万円(同23.9%増)、当期純利益6億6400万円(同19.7%増)に、それぞれ上方修正した。

シンニッタン、10年3月期通期連結最終損益予想の下方修正を発表
 15日、シンニッタン <6319> は、10年3月期通期連結最終損益予想の下方修正を発表した。通期連結業績予想の営業損益は1億1000万円の黒字(前回予想は3億円の赤字)に、経常損益は3億5000万円の黒字(同1億5000万円の赤字)に、それぞれ上方修正した。一方、売上高は115億円(前回予想比4.2%減)に、当期純損失は9億円(前回予想は4億5000万円)に、それぞれ下方修正した。

リソル、10月3月期通期連結業績予想の下方修正を発表
 15日、リソル <5261> は、10月3月期通期連結業績予想の下方修正を発表した。通期連結業績予想を、売上高228億円(前回予想比8.8%減)、営業利益7億1000万円(同51.0%減)、経常利益12億6000万円(同10.0%減)、当期純利益5億2000万円(同20.0%減)に、それぞれ下方修正した。

ラクーン、未定としていた期末配当予想を1600円に修正
 15日、ラクーン <3031> は、未定としていた10年4月期期末配当予想を1600円(前期は1450円)に修正すると発表した。

トーメンデバ、10年3月期通期連結業績予想の上方修正と期末配当の増配を発表
 15日、トーメンデバ <2737> は、10年3月期通期連結業績予想の上方修正と期末配当の増配を発表した。通期連結業績予想を、売上高1380億円(前回予想比11.3%増)、営業利益27億円(同20.5%増)、経常利益29億円(同21.3%増)、当期純利益17億円(同24.1%増)に、それぞれ上方修正した。また、この業績修正を踏まえ、10年3月期期末配当予想を前回予想の25円から35円(前期も35円)に修正した。

高松G、10年3月期通期連結業績の上方修正と記念配当実施を発表
 15日、高松G <1762> は、10年3月期通期連結業績の上方修正と記念配当実施を発表した。売上高は従来の1840億円を1670億円に下方修正したが、営業利益は同54億円を74億円へ、経常利益は同66億円を89億円へ、当期純利益は同15億円を32億円へ、それぞれ上方修正した。10年3月期の1株当たり期末配当金は、当初予定の普通配当9円に特別配当5円を加え、合計14円を実施する。これにより年間配当金は、既に実施した中間配当金9円と合わせて、1株当たり23円。前期は23円。

青木あすなろ建設、10年3月期通期連結業績の上方修正を発表
 15日、青木あすなろ建設 <1865> は、10年3月期通期連結業績の上方修正を発表した。売上高は従来の1380億円を1240億円へ下方修正したが、営業利益は同24億円を25億円へ、経常利益は同37億円を40億円へ、当期純利益は同4億円を6億円へ、それぞれ上方修正した。

青木マリーン、10年3月期通期連結業績の上方修正を発表
 15日、青木マリーン <1875> は、10年3月期通期連結業績の上方修正を発表した。売上高は従来の110億円を139億円へ、営業利益は同2億4500万円を2億7000万円へ、経常利益は同3億1000万円を3億5000万円へ、当期純利益は同2億4000万円を2億6000万円へ、それぞれ上方修正した。

四電工、10年3月期通期連結業績の上方修正を発表
 15日、四電工 <1939> は、10年3月期通期連結業績の上方修正を発表した。売上高は従来の710億円を据え置いたが、営業利益は同19億円を25億5000万円へ、経常利益は同23億円を31億円へ、当期純利益は同13億円を15億5000万円へ、上方修正した。

JAA、MBOを実施
 15日、JAA <2394> は、同社社長がMBOを実施し、非公開化すると発表した。TOB価格は14万円。届出当初の買付け等の期間は、10年4月16日から10年6月2日まで(30営業日)

ADワークス、10年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表
 15日、ADワークス <3250> は、10年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表した。通期連結業績予想の売上高は62億8000万円(前回予想比3.4%減)に下方修正したが、営業利益4億9000万円(同14.2%増)、経常利益4億1000万円(同19.9%増)、当期純利益2億2000万円(同17.0%増)に、それぞれ上方修正した。(編集担当:佐藤弘)

【4月15日20時56分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000101-scn-biz
 
   
Posted at 23:06/ この記事のURL
競技用自転車レース「富士チャレンジX in FUJISPEEDWAY」 4月24日 / 2010年04月15日(木)
競技用自転車レース「富士チャレンジX in FUJISPEEDWAY」が4月24日に開催される。主催は富士チャレンジX大会実行委員会、会場は富士スピードウェイの国際レーシングコース(1周4563m)だ。

[関連写真]

今回開催されるのは、7時間耐久レース(個人/団体)、チームタイムトライアル(チームTT)3種目の全5種目。チームTTとは、各チーム数名のライダーが同時にスタートして、声を掛け合いながら一緒に走り、チーム最終走者のフィニッシュタイムを競うタイムトライアルレース。出場可能車種はロードレーサー、MTB、クロスバイク。

エントリーは3月31日に締め切られており、総参加者は約1600名を予定している。種目詳細と参加者数は以下の通り。

(1)7時間ソロ(中学生以上対象/791名)
(2)7時間チームエンデューロ(1組2 - 6 名/中学生以上対象/218チーム、692名)
(3)チームTT全日本ホビーレーサー選手権(1組3 - 4 名/中学生以上対象/8チーム、36名)
(4)チームTTファンライド(1組2名/中学生以上対象/17 チーム、34 名)
(5)チームTTファミリー(親子2名1組/子供は小学生高学年 - 中学生/12チーム、24名)

応援者はスタンド席を利用でき、入場料・駐車料金とも無料。

《レスポンス 北島友和》

【4月15日12時15分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000020-rps-ent
 
   
Posted at 20:40/ この記事のURL
【華流】レイニー、ジェリーの赤面まちがいメールを暴露 / 2010年04月15日(木)
 今月24日に台湾でコンサートを開く楊丞琳(レイニー・ヤン)。13日、コンサートのリハーサルが行われ、張惠妹(アーメイ)や王菲(フェイ・ウォン)の曲が披露されることがわかった。

 13歳の時、アーメイの「衝動」のPVにエキストラ出演したことがあるというレイニー。完成したPVを見ると、顔は映っておらず手のみの出演となったが「アーメイはとても優しかった!」と当時の印象を語った。

 今回のコンサートでは、ゲストにF4・言承旭(ジェリー・イェン)の出演が予定されている。先日、ジェリーから「プレッシャーに負けず、頑張って!到民視(ダオミンシー)」というメールをもらったレイニー、一瞬、「到民視?」と疑問に思ったが、しばらく考えて、レイニーとジェリーが以前共演したドラマ『流星花園』のジェリーの役名「道明寺(ダオミンスー)」を打ちまちがえていることがわかったという。これには彼女も大笑いだったようだ。

 「ジェリーはとてもかわいい人なのよ!」と語る彼女、「当日は彼に抱きついちゃうかもしれないけど、気にしないでね、到民視(ダオミンシー)!」と笑いを誘っていた。(編集担当:鈴木菜歩)

【4月15日15時52分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000080-scn-ent
 
   
Posted at 20:03/ この記事のURL
[写真蔵]アウディ スポーツクワトロ S1…伝説のラリーマシン / 2010年04月15日(木)
アウディジャパンは13日、アウディクワトロ誕生30周年を記念するイベント「Audi quattro Night」を開催。その中で、伝説のラリーカーとされる「スポーツクワトロS1」の展示、およびデモ走行をおこなった。

画像24枚:アウディスポーツクワトロS1

スポーツクワトロS1は1986年に、WRCモンテカルロラリーでヴァルター・ロールが参戦したマシン。476psを発揮するアルミニウム製2110cc・5気筒ターボエンジンにクワトロが組み合わされ、0-100km/h加速は3.1秒、200km/hまでわずか11.8秒という凄まじいスペックを誇った。アクセルを緩めるとエギゾーストから1mほどの炎が吐き出される様をロールは「まるで弾丸を運転しているようだ」と例えている。

ボディは全長4240mm×全幅1860mm×全高1344mm。ホイールベースは2224mmと、それまでのアウディクワトロから300mm短縮したことで大幅な軽量化を実現、車重は1090kgに抑えられ、パフォーマンスに貢献した。重量配分を考慮しラジエータ、ファン、バッテリー、オルタネーターを車両後方に配置。高速走行では大型のベーンが空気を取り込み、ブレーキはスプラッシュウォーターで冷却するなどの技術が採用された。

またスポーツクワトロS1には現在の「Sトロニック」の先駆けとなる、空圧で作動するデュアルクラッチトランスミッションが採用されたほか、鋼板とプラスチックで挟んだチューブ状スペースフレームを採用するなど、様々な高度な技術が盛り込まれている。

スポーツクワトロS1は1987年の最終戦、パイクスピークのヒルクライム19.9km、156か所のカーブの中を最高速度196km/hで駆け抜け、前年のコースレコードを21秒以上短縮するという伝説を残した。

スポーツクワトロS1は、東京都渋谷区のブランドショールーム「アウディフォーラム東京」で12月末まで一般公開される。

《レスポンス 宮崎壮人》

【4月15日11時37分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000014-rps-moto
 
   
Posted at 19:27/ この記事のURL
アメーバピグ300万ユーザー突破 テレビCM展開 / 2010年04月15日(木)
 サイバーエージェントは、アバターコミュニティー「アメーバピグ」のユーザーが4月9日に300万人を突破したと発表した。14日からテレビCMを展開。ユーザーをさらに拡大する。

 昨年2月19日のスタートから約1年2カ月で300万ユーザーを獲得した。

 CMには、ピグのユーザーであるタレントのDAIGOさん、千秋さん、矢口真里さんを起用し、台本なしで自由にピグで遊ぶ様子を撮影した。DAIGOさん5種類、千秋さん6種類、矢口さん6種類の計17種類を放送する。

 まずは関東圏を除く全国で展開。関東圏での放送も予定している。放送は5月13日まで。

 Amebaブランドのサービス全体の会員数は、4月11日に850万人を突破したという。 4月15日16時2分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000050-zdn_n-sci
 
   
Posted at 18:15/ この記事のURL
富士通、「クラウド製品の決め手は機能と“SI力”」 / 2010年04月15日(木)
 富士通は4月14日、プライベートクラウドの構築を実現する5製品を発表した。SIサービスとともに提供することで、業務要件の確認、ITインフラの現状把握から着手し、仮想化、標準化、自動化というプライベートクラウド実現に向けた段階的な取り組みを総合的に支援するという。
●仮想化技術をコアに、運用の標準化、自動化を実現 
 ユーザー部門からの要望に応じて個別にシステムを開発する“部分最適”のスタイルを続けてきた結果、システムのサイロ化やそれに伴うITリソース、コストの無駄に悩む企業は多い。これを受けて、富士通ではサーバ統合によるコスト削減、グループ子会社も含めた全社単位でのITインフラの標準化とガバナンスの徹底、定型作業の自動化による効率化などに焦点を当て、5製品の発表に踏み切ったという。


  発表したのは、開発環境や業務システムをサービスとしてカタログ化するソフトウェア「Systemwalker Service Catalog Manager V14g」、業務システムごとのOS、ミドルウェア、アプリケーションの組み合わせをユーザーの要求に応じて自動配備する「Systemwalker Software Configration Manager V14g」、運用手順書に沿って定型業務を自動化する「Systemwalker Runbook Automation V14g」、サーバ、ストレージ、ネットワークを一元管理し仮想環境を迅速に配備する「ServerView Resource Orchestrator V2.2」、そしてパブリック/プライベートクラウドと既存の基幹システム間のデータ連携を、SOAを使うことでプログラミングなしで行える「Interstage Information Integrator V10.1」の5つだ。


 なお、これらはVMware、Hyper-V、Xenに対応している。同社 執行役員常務の山中明氏は次のように解説する。
 「今回、プライベートクラウドという言葉は『ユーザー企業のシステムの最適化』という意味で使っている。コスト削減や標準化に対するニーズが高まっている中、弊社の強みであるSIサービスと製品の両方を提供し、仮想化によるハードウェアの集約・統合、システムインフラ/アプリケーション/運用方法の標準化、少ない人員での運用を可能にするほか、人的ミスの防止、ガバナンスの徹底にも寄与する自動化――以上、3つのステップでユーザー企業のプライベートクラウド実現を支援していく」
●業務への配慮と、SIerとしての技術力が強み
 ただ、これらの5製品にはライバルも多い。特に、仮想化をコア技術としたクラウドコンピューティングへの関心の高まりを受けて、日立製作所や日本電気、IBM、ヒューレット・パッカードなども同様の機能を持つ製品群をリリースしている。
 この点について、同社では「1つの特徴は(ITサービス管理を実行する際の業務プロセスと手法を体系的に標準化した)ITILに基づいた運用管理を支援する点にある」と解説。中でも、開発環境や業務システムをカタログ化、すなわち見える化して、「ユーザー部門からの要望に対して、迅速かつスムーズな対応を可能にするSystemwalker Service Catalog Manager V14gをそろえた点が1つの差別化ポイントだ」と解説した。
 また、「自社内で実際に検証したうえで各製品をリリースしている体制も強み」とし、今回の5製品についても国内外10拠点、計4700人の開発者が利用している沼津ソフトウェア開発センターのインフラで検証済みだという。その結果、仮想化技術により国内6拠点の1800サーバを900サーバに集約できたほか、348種類の開発環境から51パターンをカタログに掲載、開発環境の構築時間を従来の360分から10分に短縮するなど大幅な効率化を果たした。
 さらに、開発環境の貸し出し手順の自動化と、開発環境の稼働状況の見える化、社内課金状況の見える化なども行って無駄を排除したことで、現在、年間7億円の運用コスト削減が見込まれている。「この沼津ソフトウェア開発センターのインフラを、ユーザー企業のシステムのクラウド移行検証にも利用する考え」だという。


 山中氏は「5製品はこれで完成形ではなく、今後も継続的に進化させていく。また、SIサービスは弊社のペースで一方的に押し進めるのではなく、ユーザー企業と議論しながら、ともに進めていく。そのために、専門技術者である“クラウドアーキテクト”を、現在の250人から最終的には700名体制に拡大する」と、SIerとしての強みを最後にあらためて強調。
 「ビジネスとシステムの現状を把握し、要件を確認したうえで、何を仮想化すべきか、また、何をクラウド環境に移行すべきか、あるいはすべきではないのか――ユーザー企業の担当者とともに議論しながらシステムインフラを切り分けて、着実に標準化、自動化を支援したい」と力説した。販売目標は5製品合計で3年間で10万ライセンス、金額ベースでは100億円としている。 4月14日20時10分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000001-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 17:39/ この記事のURL
アップル、米国以外での「iPad」発売を5月末に延期 / 2010年04月15日(木)
 アップルは2010年4月14日、タブレット端末「iPad」の米国以外での発売を5月末に延期すると発表した。発表時は4月末に発売する予定だったが、米国でアップルの供給能力を超える需要があるとし、発売延期を決定した。

【詳細画像または表】

 iPadは発売後最初の一週間で50万台以上を出荷。米国で4月末に発売予定のiPad 3Gモデルも納期分に対し、多くの予約が入っているという。今後、5月10日に米国外での販売価格を発表し、オンラインでの先行予約を受け付ける。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)


【4月15日7時34分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000000-nkbp_tren-mobi
 
   
Posted at 17:02/ この記事のURL
普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」 / 2010年04月15日(木)
 鳩山首相が、いよいよ追い込まれてきた。核安全保障サミットに出席するためにワシントンを訪れた鳩山首相は、夕食会の場で設けられたオバマ米大統領との非公式な会談で、米軍普天間基地の移設先について改めて5月決着の方針を表明し協力を求めたが、進展はなかった。

 普天間問題の5月決着が「無理」な情勢が強まったことで、民主党内でも「ポスト鳩山」がささやかれ始めた。

■新聞各紙「移設困難」と報じる

 2010年4月14日付の新聞各紙は朝刊で、「日米会談」が非公式とはいえ、わずか10分で終わり、普天間問題に進展がなかったことを一斉に報じた。

 読売新聞は、社説で「5月決着は実現できるのか」と題し、普天間の米軍基地の移設が「極めて困難な状況」と伝えた。

 朝日新聞の1面には「普天間5月決着 絶望的」の見出しが躍り、毎日新聞は「5月決着 できるのか」と題する社説で「移設は極めて厳しい情勢になっている」としている。日本経済新聞は2面で「日本の決着シナリオ崩壊」と表現した。社説では、「はっきりしているのは、首相が大統領との会談を望んだにもかかわらず、実現しなかったという事実である」と、ギクシャクした日米関係を憂いでいる。

 産経新聞はすでに4月9日付1面で、「5月決着困難に」と第一報を報じた。政府関係者への取材で、政府がホワイトビーチ移設案を断念したことがわかったとしている。14日1面でも「進展なし」を伝えた。会談の内容について米国側は普天間問題にふれておらず、いかに米国の態度が冷ややかだったかがうかがえる。

 どのメディアも、ワシントンでの鳩山首相の「直談判」が不発に終わったと伝えていて、普天間問題の5月決着は「無理」とみている。

 普天間基地をめぐっては、徳之島とキャンプ・シュワブ陸上部への移設案があがっているが、徳之島や奄美群島の12自治体の議会、鹿児島県も猛反対。鳩山首相は基地の移設について、「地元の合意なしに話を進めない」ことを明言しており、また米国側も地元の同意があることが協議に入る「条件」にしていることから、5月末までに、米国と移設先の両方の合意を得るのは現実的にも「絶望的」だ。

■民主党内に漏れる「ポスト鳩山」の名前

 普天間問題の5月決着がむずかしくなったことで、日本経済新聞(4月14日付2面)は「民主 5月政局の足音」と、民主党内でささやかれ始めた「ポスト鳩山」のゆくえを伝えている。

 普天間問題の5月決着が不透明ななかで、民主党支持率の下落が止まらないこともあり、民主党内では夏の参院選への影響を心配する声が日に日に高まっている。

 普天間問題の5月決着が「無理」な場合、自民党が鳩山首相の進退を迫り、攻勢をかけてくるのは必至だ。「普天間解散」を示唆する報道もあって、衆参同日選の可能性も浮上する。「鳩山首相では、参院選を乗り切れない」との声が広がっても不思議ではない。

 そうした中で、「ポスト鳩山」として名前があがるのは、菅直人副総理や仙石由人国家戦略相だ。

 ちなみに、最近の世論調査では自民党の舛添要一元厚労相がトップだ。


■4月14日20時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000005-jct-soci
 
   
Posted at 16:25/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!