金融機関の経営の破綻

January 11 [Sat], 2014, 10:11
この言葉、「銀行の経営というものは銀行の信用によって成功するか、そこに融資する価値がないものだという見方をされたことで繁栄できなくなるかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
きちんと知っておきたい用語。外貨MMFというのは国内で売買してもよいとされている外貨商品である。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動による利益が非課税として取り扱われる魅力がある。証券会社で購入できる。
信用格付機関による格付けの長所は、わかりにくい財務に関する資料を読む時間が無くても格付けによって金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるところにあるのだ。ランキング表を使えば複数の金融機関の健全性を比較することも可能です。
覚えておこう、外貨両替はどんな仕組み?たとえば海外旅行だとか手元に外貨がなければいけない際に活用機会が多い。ここ数年、円に対して不安を感じているためか、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
きちんと理解が必要。株式とは、債権ではなく出資証券(有価証券)であり、企業は出資されてもその株主に対しては出資金等の返済する義務はないとされているのだ。かつ、株式の換金方法は売却によるものである。
【用語】デリバティブ⇒伝統的に扱われていた金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動が原因のリスクから逃れるために考え出された金融商品全体のことである。とくに金融派生商品と呼ばれることもある。
よく聞くコトバ、ペイオフっていうのは、突然の金融機関の経営破綻による破産などに伴い、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護される預金者(法人等も含む)の預金債権に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのです。
一般的に株式を公開している企業の場合は、運営の上で、資金調達のために、株式に加えて合わせて社債も発行するのが普通。株式と社債の一番大きな違いは、返済義務の存在なのである。
まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省(現財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を統合したうえでこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(現金融庁とは異なる)に改編。そして2001年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
福田首相が総理を降りた直後の2008年9月に大事件。アメリカの国内第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如経営破綻したというニュースが世界中を駆け巡った。この誰も予想しなかった大事件が世界的な金融危機のきっかけになったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけられたというのが事実である。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年12月、総理府(当時)の外局として大臣を組織の委員長と定める新たな機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に3年弱据えられていたことになる。
よく聞くコトバ、スウィーブサービス⇒預金口座と同一金融グループの証券取引口座、この間で、株式等の購入資金、売却益などが自動振替してくれるぜひ利用したいサービスである。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み作戦ということ。
平成10年6月に、旧大蔵省銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を分離・分割して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく新たな外局として金融監督庁なるものが発足したのが現実です。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債(国債、社債など)や短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)という仕組み。万が一、取得からすぐ(30日未満)に解約の場合・・・これは手数料にペナルティが課せられるということである。
ということは安定という面で魅力的であり、さらにパワーにあふれたこれまでにない金融市場や取引のシステムを誕生させるためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関とともに行政が双方の抱える課題を積極的に解決しなければならない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mdbkqjxu
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mdbkqjxu/index1_0.rdf