看護師・保健師の職場選びの考え方

October 23 [Wed], 2013, 1:01
保健師は病院だけならず、役所や保健所、医療センターなどの行政機関、一般企業、学校などで活躍します。 地域住民や労働者、学生など人々の健康管理を行うための場所において従事するのです。 学校の場合は養護教諭として、時に怪我や急病に対応する可能性があります。 企業や行政に勤める場合は、健康管理など実践の業務以外の業務、たとえば健康状況についての書類やカルテをまとめる作業も必要となります。 看護師や保健師は地域住民と直接接して業務を行うやりがいのある仕事であり、地域にとっても欠かせない存在です。 特に保健師には、地域医療に貢献するための専門知識が必要になります。 保健指導のための医療知識、地域看護や福祉サービスなどについても幅広い知識を求められます。 高齢化社会が進むにつれ、看護師・保健師のあり方や活躍は移り変わっていくでしょう。 健康は身体の状態のみではなく、精神面からも影響を及ぼされるもの。それらを配慮する先回りの対応ができる能力も必要です。 地域の環境によって、看護師・保健師に求められる能力は様々です。 幅広い知識を持つだけでなく、自分の得意を知り、自分に合う職場環境を探していきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナースの荒波
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mdbg2qxh/index1_0.rdf