発達心理学を考える!

May 15 [Thu], 2014, 10:41
これに失敗すると不信感となっていきます。
人が生まれながらに持っている素質とは遺伝のことです。
第一反抗期と言われる時期で、何にでも興味を持ちチャレンジをしたがる時期です。
発達心理学では、勤勉性が獲得されなかった場合、その反対として劣等感が獲得されるというものです。
その研究を活かし、ベネッセの「しまじろうパペット」を考案したり、マルチおもちゃの監修をしたりしています。
精神発達の過程を様々な角度から研究して側面から捉えて実態を明らかにし、原理や法則の体系化を目標としている心理学です。
例えば、ベネッセの教育総合研究所などにも、言葉の発達について話をしています。
心理学の内容も多岐にわたります。
発達心理学では、乳幼児期は最初に不信感が形成されるとしています。
その発達についていろいろな研究がなされています。
この時期にほとんどの性格が形成されたり、感情も表れやすくなったりします。
発達心理学では、自律性が生まれ、同時に恥や疑惑などが生まれる時期です。
心理学部で学んだことを元にして一貫した学習を積んでいくカリキュラムとなっています。
発達心理学教本
発達心理学Diary
発達心理学info
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mctun0vm
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mctun0vm/index1_0.rdf